ダルコ・パンチェフ

概略

Darko Pančev / FK Crvena Zvezda 1988-1992
国籍 北マケドニア共和国の旗 北マケドニア
(旧ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア)
生年月日 1965年9月7日(55歳)
出身地 スコピエ
身長 180cm
体重 77kg

 

Darko Pancev

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

「コブラ」の愛称を持つ天性のゴールゲッター。

 

1980年代から1990年代にかけて活躍したユーゴスラビア代表のストライカー。

 

小国北マケドニアのレジェンド。

 

レッドスターを欧州カップ制覇に導いた。

 

1991年にヨーロッパゴールデンブーツ賞を受賞者。

 

1991年度バロンドールでは2位に輝いたレッドスターの英雄。

 

獲得タイトル

クラブ

レッドスターベオグラード

  • ユーゴスラビアプルヴァ・リーガ:1989-1990、1990-1991、1991-1992
  • ユーゴスラビアカップ:1989–90
  • ヨーロピアンカップ:1990–91
  • インターコンチネンタルカップ:1991

個人

  • バロンドール:2位 1991
  • プルヴァ・リーガ得点王:1984、1990、1991、1992
  • ヨーロッパゴールデンシュー:1991
  • ユニセフの今シーズンのヨーロッパサッカー選手:1990–91
  • UEFAジュビリーアワード–過去50年間で最も偉大なマケドニアのサッカー選手(ゴールデンプレーヤー):2003年

 

経歴

Darko Pancev – 5 najlepsih golova u Zvezdi
クラブ
チーム 出場 得点
1983–1988 バルダール・スコピエ 207 (132)
1988〜 1992年 レッドスター・ベオグラード 141 (116)
1992–1995 インテル・ミラノ 19 (3)
1994年 → VfBライプツィヒ(ローン) 10 (2)
1995–1996 フォルトゥナ・デュッセルドルフ 14 (2)
1996–1997 シオン 5 (0)
合計 396 (255)
代表歴
1984–1991 ユーゴスラビア 27 (17)
1993–1995 マケドニア 6 (1)

 

クラブ

 

1982年にバルダール・スコピエで選手としてのキャリアをスタートさせた彼は、ユーゴスラビア・リーグで最も恐れられているストライカーの一人として急速に成長し、1983-84年のシーズンにはリーグの得点王になった。

 

スコピエでの彼のゴールシーンは、技術的にも簡単に見えたため、ビッグクラブの獲得目標となった。

 

1988年の夏、パンチェフはレッドスター・ベオグラードに引き抜かれた。

 

レッドスター・ベオグラードは、同郷のライバルであるFKパルチザンを抑えて22歳のパンチェフを獲得したのである。

 

同じ時期に21歳のデヤン・サビチェビッチも獲得していたが、2人ともユーゴスラビア人民軍(JNA)への入隊が義務付けられていたため、リーグ戦の間はピッチに立つことができなかった。

 

1989年に新天地でデビューしたパンチェフは、3シーズンにわたってクレベノベリでプレーし、リーグ戦91試合に出場して84ゴールという驚異的な成績を残し、1991年にはヨーロッパカップとインターコンチネンタルカップを制覇した。

 

その驚異的な決定率から、1990年代前半には世界最高のストライカーの一人として広く認知されていたのである。

 

優れたゴールへの本能と捕食能力を備えた彼は、セルビアのスポーツメディアから「コブラ」という愛称で呼ばれていた。

 

レッドスターのファンにとっては、1991年の欧州カップ決勝で勝利を決定づけるPKを決めた選手として記憶されており、レッドスターに50年ぶりに欧州サッカー界で最も権威あるトロフィーをもたらした。

 

この活躍により1991年度のバロンドール投票では第2位となった。

 

1992年3月4日、パンチェフはヨーロッパカップの試合でレッドスターの2ゴールを決め、アテネのオリンピックスタジアムでパナシナイコスを2-0で破った。

 

パンチェフが注目されたのは、ギリシャ入国の際の書類に国籍をマケドニアと記入したからだ。

 

これがギリシャ人の間で大騒ぎになり、彼は国境を越えるのに数時間も拘束されてしまった。

 

決戦後のインタビューで、彼は「運は勇者についてくるという言葉がある。アテネの8万人の観客の前で2ゴールを決め、レッドスターが2-0で勝てたのは嬉しかった。その後、大地が開けることもあり、気にならなかった。」

 

1992年の夏、27歳になるパンチェフは、ITL140億(700万ポンド)の移籍金でインテル・ミラノと契約し、インテルに移籍した。

 

前シーズンのリーグ戦を8位という不本意な成績で終えたクラブにやってきたパンチェフは、ローター・マテウス、ユルゲン・クリンスマン、アンドレアス・ブレーメの有名なドイツ人トリオがサン・シーロを去り、ヘッドコーチのルイス・スアレスが解雇されたことをきっかけに、チームの大幅な見直しを行った。

 

契約時、クラブ会長のエルネスト・ペレグリーニは、パンチェフをパオロ・ロッシと比較し、マケドニア人選手への期待の大きさを語った。

 

新監督のオズワルド・バニョーリに加え、多くの新顔が加わったチームに参加することになったが、このような状況は、パンチェフにとって順応する上で有利に働くというのが常識だった。

 

パンチェフの前線での競争相手は、いずれも新加入の選手である。

 

ラツィオから来たウルグアイ人のルベン・ソサ、ユヴェントスから来た1990年のワールドカップ・ヒーロー、イタリア人のサルバトーレ・スキラッチ、フォーメーションによってはフォッジャから来たロシア人の攻撃的MFイーゴリ・シャリモフもいた。

 

しかし、会長のペッレグリーニとは対照的に、ヘッドコーチのバニョーリはパンチェフのプレースタイルをあまり気に入っておらず、プレシーズンの段階ですでにパンチェフの動きの悪さを指摘していたという。

 

シーズンが始まっても、パンチェフのパフォーマンスは期待通りのものではなかった。

 

開幕当初から、マケドニア人選手はイタリアリーグの厳しいディフェンスに適応するのに大きな問題を抱えていることが明らかで、彼のゴール数は突然ゼロになってしまった。

 

バニョーリ監督との関係が悪化するのにも時間はかからず、2人はしばしば公の場で対立するようになった。

 

パンチェフは、ベンチに座るのを避けるために病気を装ったこともあったようだ。

 

イタリアのマスコミもこのストライカーを酷評し、彼のレッドスターでの呼び名である「イル・コブラ」を「イル・ラマーロ(緑のトカゲ)」と揶揄した。

 

彼がリーグ戦で初ゴールを挙げたのは、冬休み明けの1993年1月、ホームのウディネーゼ戦だった。

 

パンチェフの奮闘とは対照的に、インテルはソサのゴールラッシュに支えられて、リーグ戦ではまずまずの成績を収めたが、欧州サッカーの影響を受けずに、同郷のライバル、A.C.ミランに次ぐ準優勝に終わった。

 

パンチェフのデビューシーズンは、リーグ戦12試合に出場し、リーグ戦で1ゴール、コッパ・イタリアでは4試合に出場して5ゴールをマークした。

 

パンチェフは1993-94年のシーズンもインテルの一員として活躍したが、バニョーリとの関係が修復不可能なほど悪化したため、トップチームからは完全に遠ざかっていた。

 

さらに、アヤックスから1200万ポンドで移籍してきたデニス・ベルカンプが加入したことで、マケドニア人はさらに順位を下げていくことになった。

 

シーズン前半は、リーグ戦での出場はなく、UEFAカップでも活躍できなかった。

 

1994年1月のウィンターブレイクには、ドイツのVfBライプツィヒにレンタルされた。

 

ライプツィヒは、ブンデスリーガの春シーズンにおいて、10試合に出場して2ゴールを記録したが、チームは降格してしまった。

 

パンチェフは、半年間のレンタル移籍を経てサンシーロに戻り、2度目のチャンスを最大限に生かそうとしていた。

 

新監督オッタビオ・ビアンキのもとでプレーしたパンチェフは、シーズン序盤、ホームでのフィオレンティーナ戦で3-1、2週間後のバーリ戦で1-2の得点を挙げ、成功を収めたように見えた。

 

しかし、その後は調子を崩したり、怪我をしたりして、リーグ戦での出場はわずか7試合にとどまった。

 

また、コッパ・イタリアでは2度目の得点を記録した。

 

UEFAカップでは、9月下旬に行われたアストン・ヴィラとの2回戦のリターンレグで先発出場し、ニコラ・ベルティの強烈なシュートがクロスバーに好意的に跳ね返った後、ゴールのチャンスもあったが、結局、跳ね返ったシュートはバーの上を越えてしまった。

 

UEFAカップのタイトルホルダーであるインテルは、その夜、PK戦で敗退することになった。

 

パンチェフにとっては、この試合がインテルでの最初で最後のヨーロッパでの試合となった。

 

このシーズン中、クラブ全体が舞台裏で大きな混乱に陥り、結局、オーナーでありクラブ会長でもあるペレグリーニは、1995年3月に石油王のマッシモ・モラッティにチームを売却した。

 

シーズン終了後の1995年夏の移籍市場で、パンチェフはフォルトゥナ・デュッセルドルフに移籍した。

 

パンチェフは、セリエAでのあまり良い成績ではなかったため、インテルのファンからはしばしば「ビドーネ」と呼ばれている。

 

1997年、スイスのチーム、シオンで選手生活を終えた。

 

代表

 

パンチェフは1990年のワールドカップにユーゴスラビア代表として出場し、グループステージのアラブ首長国連邦戦で4-1の勝利に貢献して2ゴールを挙げた。

 

その後、UEFAユーロ1992に招集されたが、5月23日に身体的理由を理由に代表入りを辞退した。

 

しかし、この発言を信じたのはベオグラードのごく一部の人々であり、予選グループステージで10ゴールを挙げてトップの成績を収めていたマケドニア人フォワードの辞退の真の原因は政治的見解であると考えたのである。

 

パンチェフは同日、ドラガン・ヤコヴリエビッチと交代したが、大会開幕のわずか10日前の5月31日、ユーゴスラビアの戦争のために代表チームは出場禁止となった。

 

パンチェフはその後、マケドニア代表の初の公式試合となった1993年10月13日のスロベニア戦に出場した。

 

彼の最後の国際試合は、1995年6月の欧州選手権予選のベルギー戦だった。

 

2003年11月、UEFAのジュビリーを記念して、マケドニア共和国サッカー連盟から、過去50年間で最も優れた選手として、マケドニアのゴールデンプレーヤーに選ばれた。

 

エピソード

Darko Pančev – Najbolji potezi u Zvezdi

現役引退後、パンチェフはしばしばインテルでの失敗について長々と語っていた。

 

2002年には、ボールを持っていない時の動きの悪さについて、イタリアでよく批判されていたことを取り上げている。

 

「走らないストライカーもいれば、走るストライカーもいる。私は得点を取る天性の才能を持ったストライカーの一人でしたが、ゴールから30メートル以内に入ったときだけ走っていました。残念ながら、インテルはそのようなプレースタイルを受け入れようとしなかった。」

 

彼はまた、ネラズーリのドレッシングルームにおける特定の外国人に対する不親切な態度についても不満を漏らしており、この点に関しては、インテルのイタリア人の重鎮であるワルテル・ゼンガ、ジュゼッペ・ベルゴミ、リッカルド・フェリを主な原因として挙げている。

 

「そう、彼らは私の問題だったのだ。彼らは、弱小監督だったバニョーリに、私ではなくサルバトーレ・スキラッチを起用しろと進言していたのだ。最近、現在ナショナル・ブカレストの監督をしているゼンガに会って、「君がインテルでのバグノーリよりも良い監督になることを期待しているよ」と言ったんだ。あのときのことを思い出すために言ったのです。インテルと契約したことは、私のサッカーにおける最大の失敗でした。1992年、私はヨーロッパのトップストライカーでした。レアル、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなど、行きたいところにはどこにでも行けたはずだ。もしそうしていたら、私のキャリアは、サッカーの観点からも、経済的にも、もっと豊かなものになっていたでしょう。ヴィム・ヨンク、マティアス・ザマー、イゴール・シャリモフなど、インテルがキャリアを台無しにした選手の一人に過ぎませんでした。デニス・ベルカンプは2年で退団したが、自分を取り戻すためにイングランドでの1年が必要だった。」

 

現役を引退した後、パンチェフはマケドニアのサッカー連盟で働いていました。

 

2006年7月、パンチェフはバルダールのスポーツディレクターに就任した。

 

彼はスコピエでDevetka(Number Nine)というカフェを経営しています。

 

プレースタイル

Darko Pancev

生粋の点取り屋。

 

「コブラ」の愛称を持つ天性のゴールゲッター。

 

利き脚、踵、膝、頭などあらゆる箇所を用いて泥臭くゴールを奪った。

 

決して上手い選手では無かったがサポーターからは愛された。

タイトルとURLをコピーしました