プレドラグ・ミヤトビッチ

概略

Predrag Mijatović, Peđa [Best Goals]
国籍 モンテネグロの旗 モンテネグロ
生年月日 1969年1月19日(52歳)
出身地 ポドゴリツァ
身長 177cm
体重 71kg

 

Predrag Mijatovic

 

ポジションはフォワード(セカンドトップ)。

 

利き足は右。

 

愛称は「バルカンの速射砲」、「ページャ」。

 

バレンシアやレアル・マドリードなどで活躍したユーゴスラビア代表のフォワード。

 

小国モンテネグロの選手ながら1997年バロンドール2位に選ばれた。

 

ユーゴスラビアの内戦により、国家に翻弄されワールドカップとは縁がなかった。

 

獲得タイトル

クラブ

パルチザン

  • ユーゴスラビアファーストリーグ:1992–93
  • ユーゴスラビアカップ:1991–92

レアル・マドリード

  • リーガ:1996–97
  • スーペルコパデエスパーニャ:1997
  • UEFAチャンピオンズリーグ:1997–98
  • インターコンチネンタルカップ:1998

フィオレンティーナ

  • コッパ・イタリア:2000–01

代表

ユーゴスラビア

  • 1987FIFAワールドユース選手権
  • 1990 UEFA欧州選手権U-21サッカー選手権(準優勝)

個人

  • FRユーゴスラビアプレーヤーオブザイヤー:1992、1993、1998
  • リーガベストフォーリンプレーヤー:1995–96
  • バロンドール:2位1997

 

経歴

PREDRAG MIJATOVIC BEST GOALS AND SKILLS
クラブ
チーム 出場 得点
1987–1989 ブドゥチノスト・チトーグラード 73 (10)
1990〜1993 パルチザン 104 (44)
1993–1996 バレンシア 104 (56)
1996–1999 レアル・マドリード 90 (29)
1999–2002 フィオレンティーナ 42 (4)
2002〜 2003年 レバンテ 21 (3)
合計 434 (146)
代表歴
1989-1992 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 9 (0)
1994-2003 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 60 (28)
2003 セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ 4 (0)

 

クラブ

 

1987-88年シーズンからは、スタンコ・ポクレポビッチ新監督のもと、ブドゥチノストのレギュラーとして活躍した。

 

1987年10月には、ユーゴスラビアのユースチームの一員として、チリで開催された1987年FIFAワールドユース選手権に出場し、優勝した。

 

ブドゥチノストに戻ったミヤトビッチは、デヤン・サビチェビッチ、ドラゴリュブ・ブルノビッチ、ブランコ・ブルノビッチと並んで、チリでもユーゴスラビア代表として活躍することになった。

 

ミヤトビッチはリーグ戦で31試合に出場し、4ゴールを挙げ、ブドゥチノストは9位でシーズンを終えた。

 

1989-90年の冬、ミヤトビッチはハイデュク・スプリットのスポーツディレクターであるユリツァ・ヤルコビッチと交渉し、5万マルクの契約金を支払ってハイデュク・スプリットと契約するところだった。

 

しかし、パルチザンのクラブ会長であるミルコ・マルヤノビッチが介入し、ミヤトビッチをベルグラードのクラブに移籍させるよう説得した。

 

1989年12月、パルチザンは最終的にブドゥチノストに100万マルクの移籍金を支払ってミヤトビッチを獲得した。

 

これは当時のユーゴスラビア・リーグで最高額の移籍金だった。

 

ミヤトビッチは後のインタビューで、ユーゴスラビアの政治・治安状況の悪化がクロアチアのハイデュクへの移籍を見送った要因であると語っている。

 

パルチザンでのデビュー戦となった前所属のブドゥチノスト戦でゴールを決めたものの、イワン・ゴラク監督の下で迎えた新天地でのデビュー・ハーフシーズンは、ほとんどが新しい環境に慣れることに費やされた。

 

その後、1989-90年のリーグ戦終了まで14試合に出場したが、得点を挙げることはできなかった。

 

翌シーズン、14得点を記録して才能を開花させた。

 

ミヤトビッチは成長を続け、イビチャ・オシム監督が率いる1991-92年のシーズンにはチームの不動のリーダーとなり、ヨーロッパカップの覇者レッドスター・ベオグラードを下して1992年のユーゴスラビアカップのタイトルに導いた。

 

また、ユーゴスラビアの年間最優秀選手賞を受賞した。

 

1992-93シーズンにはチームのリーグ優勝に貢献した。

 

ミヤトビッチは、アトレティコ・マドリードやユヴェントスなど、ヨーロッパのトップチームへの移籍が噂された。

 

パルチザンでは、アトレティコ・マドリードやユヴェントスなど、ヨーロッパのトップチームからの誘いがあったが、いずれも十分な関心を示さず、1993年夏にバレンシアに移籍した。

 

ミヤトビッチは1993年9月5日のレアル・オビエド戦でバレンシアにデビューした。

 

フース・ヒディンク率いるチームにおいて絶対的な存在となった。

 

最終的にリーガ初シーズンは35試合に出場し、16得点を記録した。

 

1995-96年のシーズンには、リーガ・エスパニョーラで40試合に出場して28ゴールをマークし、スペインの最優秀サッカー選手賞を受賞した。

 

リーガで2番目に優れたゴールスコアラーとして、ファン・アントニオ・ピッツィに次ぐピチチ・トロフィーの準優勝者となった。

 

ミヤトビッチの貢献により、そのシーズン、バレンシアはアトレティコ・マドリードに次ぐ2位になった。

 

1996年2月13日、ミヤトビッチはレアル・マドリードと期限付き契約を結び、1996年夏にバレンシアから150万ペソでレアル・マドリードに移籍した。

 

ファビオ・カペッロ監督は、1987年のFIFAワールドユース選手権でユーゴスラビアのユースチームに所属していたときのコンビを復活させ、ミヤトビッチをシュケルとのコンビで起用することが多かった。

 

ダボル・シュケル、ラウール・ゴンサレスの3人で攻撃を展開し、リーガ優勝の原動力となる。

 

1996年12月7日に行われたエル・クラシコでは、ミゲル・アンヘル・ナダルとローラン・ブランからボールを奪い、ビトール・バイアを振り切ってゴールを決めた。

 

シーズン終了時には、レアル・マドリードはリーガ・エスパニョーラで首位に立ち、1997年のスーペルコパ・デ・エスパーニャでもバルセロナを下して優勝した。

 

1998年5月20日、ミヤトビッチは、1998年UEFAチャンピオンズリーグ決勝で、レアル・マドリードがユヴェントスを1-0で破った際に、勝利のゴールを決めた。

 

これは、レアル・マドリードにとって32年ぶりのUEFAチャンピオンズリーグだった。

 

これらの活躍により同年のバロンドール投票では第2位となった。

 

翌シーズンは、ミハトビッチにとってエル・ブランコでの最後のシーズンとなった。

 

チームはトヨタカップを制したが、ラウールとフェルナンド・モリエンテスの二人が優遇され、ミヤトビッチは不遇の時期を過ごした。

 

1999年にクラブがニコラ・アネルカを獲得したことにより、居場所がなくなりシーズン終了後、30歳のミハトビッチはイタリア・セリエAのフィオレンティーナに売却された。

 

1999年6月28日、ミヤトビッチは170億リラでフィオレンティーナと3年契約を結んだ。

 

ガブリエル・バティストゥータなど攻撃陣が充実していたにもかかわらず、ジョバンニ・トラパットーニ監督は当初、ミヤトビッチを先発に抜擢した。

 

1999年7月26日、ニューヨークで開催されたゴッサムカップの決勝戦で、フィオレンティーナはアストン・ヴィラに4-0で勝利し、開幕ゴールを決めた。

 

フィオレンティーナで2シーズンプレーし、セリエAで4ゴールを決め、コッパ・イタリアのタイトルも獲得した。

 

さらに、1999-2000年のUEFAチャンピオンズリーグでは、フィオレンティーナの選手として出場し、グループステージ第2節のグループBで3位に入った。

 

ミヤトビッチは2002年の夏にレバンテUDに加入した。

 

2002年夏にレバンテUDに加入し、1シーズンプレーした後、レバンテは2002-03シーズンのセグンダ・ディビシオンで4位に終わった。

 

その後、長引く怪我に悩まされ、プロサッカー選手を引退した。

 

代表

 

ミヤトビッチは1987年のFIFAワールドユース選手権のメンバーに選ばれ、優勝した。

 

また、UEFAユーロ1992に主力チームから招集されたが、ユーゴスラビア戦争の影響で国が中断することになる。

 

1989年8月のフィンランドとの親善試合で、ユーゴスラビア代表デビューを果たした。

 

1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会にユーゴスラビア代表として出場し、対オランダ戦ではPKを外した。

 

ユーゴスラビア代表としてUEFAユーロ2000にも出場した。

 

通算73キャップ、27ゴールを記録した。

 

彼の最後の国際試合は、2003年6月の欧州選手権予選のアゼルバイジャン戦だった。

 

エピソード

Predrag Mijatovic "Simply Amazing"
Predrag Mijatovic ● Skills ● Karlsruher SC 7:0 Valencia ● UEFA Cup 1993/94

ミヤトビッチは旧ユーゴスラビアのモンテネグロのティトグラードで生まれ、町外れのマスライン地区で育ち、クセ族の血を引いている。

 

ミヤトビッチの私生活は、1990年代のユーゴスラビアにおいて、ベオグラードの社交家エレナ・カラマンとの激動の関係と結婚が知られている。

 

2人は1990年代初頭に1年半の結婚生活を送り、2人の息子をもうけた後に離婚した。

 

離婚手続き中は、息子のルカとアンドレヤに捧げる「L.A.」のイニシャルが入ったロサンゼルス・ドジャースのベースボールキャップをよくかぶっていた。

 

2009年6月3日、レアル・マドリードの公式サイトは、15歳のアンドレヤが長い闘病生活の末に亡くなったことを明かし、「クラブ全体とそのメンバーを代表して深くお悔やみ申し上げます」と述べました。

 

2004年に引退した後も、ミヤトビッチはバレンシアの街に住み続け、すぐに選手の代理人となった。

 

2006年にはレアル・マドリードのフットボール・ディレクターに就任し、3シーズン務めた。

 

プレースタイル

Predrag Mijatovic ● Goals and Skills ● Partizan

巧みな足技と力強いドリブルが持ち味で、速い足の振りから繰り出す強力なシュートから「バルカンの速射砲」の異名をとった。

 

元々は攻撃的なMFとしてキャリアをスタートしたが、のちに前線FWへとポジションを上げ活躍した。

 

強引なまでのドリブルからゴールを奪い、前線から中盤までを精力的に動いてプレー。

 

チャンスメーカーとしての能力にも優れた。

 

黒光りのオールバックをかき乱しながら、猛然とゴールを襲う姿は印象深く、人々の記憶に残るプレーヤーの1人と言えるだろう。

 

高い足元の技術を活かした技巧的なシュートが得意。

 

エレガントなトラップからの幅広いチャンスメイクはパートナーの得点力を大きく引き伸ばす。

 

完璧なトラップ技術、力強いドリブル突破、華麗なパス、恐るべき振り脚の速度。

 

ミヤトビッチは間違いなく世界でもトップレベルの実力を持った選手だった。

タイトルとURLをコピーしました