ミレンコ・アチモビッチ

概略

国籍 スロベニアの旗 スロベニア
生年月日 1977年2月15日(44歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア スロベニア
クラニスカ地方リュブリャナ
身長 186cm
体重 76kg

 

Milenko Acimovic

 

ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ、左サイドハーフ)。

 

利き足は右。

 

1990年代から2000年代にかけて活躍したスロベニア代表のミッドフィールダー。

 

小国スロベニアがEURO2000と2002ワールドカップ出場に貢献。

 

中心選手の一人として活躍した。

 

獲得タイトル

リール

  • UEFAインタートトカップ:2004

 

経歴

クラブ
チーム 出場 得点
1994–1996 FKゼレズニチャル・リュブリャナ 29 (8)
1996–1998 オリンピア・リュブリャナ 36 (7)
1998〜 2002年 レッドスター・ベオグラード 102 (34)
2002〜 2004年 トッテナム・ホットスパー 17 (0)
2004年 →リール(ローン) 16 (6)
2004〜 2006年 リール 31 (6)
2006〜 2007年 アル・イテハド
2007〜 2010年 オーストリア・ウィーン 101 (30)
代表歴
1997年 スロベニアU20 1 (1)
1995〜1997 スロベニアU-21 9 (0)
1998〜 2007年 スロベニア 74 (13)
2003年 スロベニアB 2 (0)

 

クラブ

 

ゼレズニチャル・リュブリャナのユースでキャリアをスタートさせた。

 

18歳のときに1部リーグで4試合に出場した。

 

1996年から1998年まで、オリンピア・リュブリャナで36試合に出場し、リーグ戦で7ゴールを挙げた。

 

その後、レッドスター・ベオグラードに移籍し、4年半プレーした。

 

ユーロ2000やワールドカップ2002でスロベニア代表として活躍した後、ヨーロッパのいくつかのビッグクラブが彼に興味を示した。

 

2002年の夏、彼はトッテナム・ホットスパーに移籍した。

 

ロンドンでの最初のシーズン、彼はいくつかの試合に出場したが、トップチームに定着することはなかった。

 

2年目のシーズンでは、フリンジプレーヤーとして活躍した。

 

2004年1月には、フランスのリールにシーズン終了までのレンタル移籍で加入した。

 

到着時、クラブはリーグ1で14位に沈んでいたが、アチモビッチは最終的にチャンピオンズリーグ出場権を獲得するのに十分な2位の成績に貢献した。

 

また、リールでの1年目には、UEFAカップにも参加し、ベスト16に進出したが敗退した。

 

翌年には、チャンピオンズリーグの予選3回戦に出場し、グループステージに進出した。

 

アチモビッチは、パリで行われたマンチェスター・ユナイテッド戦で、リールの唯一のゴールを決め、1-0で勝利した。

 

リールでの2シーズン半の後、彼は人気を失い、2006-07年のシーズンにアル・イテハドに移籍した。

 

しかし、サウジアラビアでの生活に馴染めず、契約を打ち切ることで合意し、その後、ヨーロッパに戻り、オーストリア・ウィーンに移籍した。

 

2010年9月15日、右ひざを痛めてしまい、サッカー人生を終えた。

 

代表

 

1998年4月22日、ムルスカ・ソボタで行われたチェコ戦で、スロベニア代表としてデビューした。

 

UEFAユーロ2000予選のウクライナ戦1stレグでは、ハーフウェイライン付近から勝ち越しゴールを決め、チームの初のメジャー大会出場に貢献した。

 

2002年のFIFAワールドカップでは、西帰浦でパラグアイに3-1で敗れた際にゴールを決めた。

 

2007年3月28日にツェリエで行われたユーロ2008の予選で、ホームでオランダに1-0で敗れたのが最後の代表出場となった。

 

同年8月に国際サッカーからの引退を発表した。

 

エピソード

 

引退後、2011年1月、スロベニアに戻ったアチモビッチは、オリンピア・リュブリャナのサッカーディレクターに任命され、2012年9月まで在籍したが、リーグでのチームの成績が悪かったため、辞任した。

 

プレースタイル

 

リーチの長さを活かしたボールコントロールと正確なキックが持ち味。

 

キックの精度が素晴らしく、フリーキッカーとしても優秀。

 

旧ユーゴの選手らしくテクニックに秀でた選手だった。

タイトルとURLをコピーしました