トーレ=アンドレ・フロー

概略

Top 5 Tore Andre Flo Goals
国籍  ノルウェー
生年月日 1973年6月15日(47歳)
出身地 ストリン
身長 193cm
体重 77kg

 

Tore André Flo

 

ポジションはフォワード(センターフォワード、セカンドトップ)。

 

利き足は右。

 

愛称は「フロナウド」。

 

1990年代から2000年代にかけて活躍したノルウェー代表のストライカー。

 

チェルシーなどで活躍した。

 

兄のヨーステイン・フロー、いとこのホーヴァル・フローも元ノルウェー代表。

 

1998 FIFAワールドカップでは3人揃って出場した。

 

獲得タイトル

ブラン

  • ティッペリエン準優勝:1997年

チェルシー

  • FAカップ:1999–2000
  • フットボールリーグカップ:1997–98
  • FAチャリティーシールド:2000
  • UEFAカップウィナーズカップ:1997–98
  • UEFAスーパーカップ:1998

レンジャーズ

  • スコティッシュカップ:2001–02
  • スコティッシュリーグカップ:2001–02

 

経歴

TORE ANDRE FLO BEST 9 NORSK AMAZING GOALS
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1993-1994 ノルウェーの旗 ソグンダール 44 (21)
1995 ノルウェーの旗 トロムセIL 26 (18)
1996-1997 ノルウェーの旗 SKブラン 40 (28)
1997-2000 イングランドの旗 チェルシー 112 (34)
2000-2002 スコットランドの旗 レンジャーズ 53 (29)
2002-2003 イングランドの旗 サンダーランド 29 (4)
2003-2005 イタリアの旗 シエナ 63 (13)
2005-2007 ノルウェーの旗 ヴォレレンガ 24 (4)
2007-2008 イングランドの旗 リーズ 23 (4)
2008-2009 イングランドの旗 ミルトンキーンズ・ドンズ 13 (0)
2011-2012 ノルウェーの旗 ソグンダール 22 (2)
通算 483 (180)
代表歴
1995-2004  ノルウェー 76 (23)

 

クラブ

 

地元のアマチュアクラブであるStrynでキャリアをスタートさせました。

 

1993年にソグンダールに移籍し、兄弟のヨステインとヤルレと一緒にプレーした。

 

1994年4月17日のトロムソ戦でデビュー。

 

1994年にソグンダールがティッペリガエンから降格すると、フローはトロムソに移籍した。

 

トロムソでフローは成功を収め、1995年のシーズンには18ゴールをマークし、クラブのトップゴールを獲得した。

 

1995年には18ゴールを挙げ、クラブのトップスコアラーとなった。

 

このシーズンの活躍が認められ、フローはノルウェー代表としてもデビューした。

 

フローは1996年にベルゲンに移り、ブランでプレーした。

 

その後も活躍を続け、滞在中に28ゴールを記録した。

 

ブランでの数年間で、フローは間違いなくノルウェー最高のアタッカーの一人となった。

 

しかし、1997年のシーズン前半は、ほとんどのブランのファンからは成功したとは思われていなかった。

 

おそらく、彼の心はすでにチェルシーに向いていたのだろう。

 

しかし、チェルシーに移籍する前のブランでの最後の試合では、ハットトリックを達成した。

 

フローは1997年の夏、イングランド・プレミアリーグのチーム、チェルシーに30万ポンドで買われた。

 

ゾラ、ヴィアリ、マーク・ヒューズというワールドクラスの揃うFWの中、マルチな才能を発揮。

 

スーパーサブとして使われることも多かったが、チェルシーではジャンフランコ・ゾラとのコンビで活躍した。

 

チェルシーでデビューしたフローは、コベントリー・シティ戦に出場し、3-2の敗戦の中でゴールを決めた。

 

ホワイト・ハート・レーンでのトッテナム・ホットスパー戦(6-1)でのハットトリック、クリスタル・パレス戦(6-2)での2ゴールなど、チェルシーでのデビューシーズンに15ゴールを記録し、チェルシーはプレミアリーグを4位で終え、リーグカップとカップウィナーズカップを制覇した。

 

特に後者の大会では、準々決勝のレアル・ベティス戦でアウェイゴールを2つ決め、フローが大きく貢献した。

 

1年後、チェルシーがタイトルを目指していた頃、フローはリーグ戦で10ゴールをマークしたが、監督のジャンルカ・ビアリのチームローテーション方針や、イタリア人ストライカーのピエルイジ・カシラギの加入により、常に出場機会が制限されていた。

 

最終的にブルーズは3位となり、初のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

 

1999-00シーズン、フローは19ゴールを挙げ、チェルシーの得点王となった。

 

また、FAカップ優勝とチャンピオンズリーグ準々決勝進出にも貢献し、スタンフォード・ブリッジでのバルセロナ戦では3-1で2ゴールを挙げた。

 

復帰戦となったカンプノウでのバルサ戦でも得点を挙げたが、最終的には5-1で敗れた(フルタイムでは3-1、延長戦ではチェルシーが2点を奪った)。

 

チームはCLベスト8敗退となった。

 

2000-01年のシーズン開始時には、チェルシーはジミー=フロイト・ハッセルバインクとエイドゥル・グジョンセンというストライカーを獲得した。

 

フローはマンチェスター・ユナイテッドとのアウェイ戦(3-3)で2ゴール1アシストを記録したものの、再び交代要員としての出場を余儀なくされ、移籍を希望することになった。

 

チェルシーでは163試合に出場し(うち70試合は交代要員)、50ゴールを記録した。

 

2000年11月、フローはスコティッシュ・プレミアリーグのレンジャーズに、1200万ポンドという記録的な金額で売却された。

 

これにより、フローはノルウェー人選手としては史上最高額、レンジャーズとしては史上最高額の移籍金、そしてスコットランドのクラブとしては最大の移籍金となった。

 

フローには多くの期待が寄せられ、デビュー戦となったレンジャーズのライバル、セルティック戦で5-1の大勝を収め、幸先の良いスタートを切り、SPL30試合で18ゴールを挙げた。

 

レンジャーズでの2年目のシーズンは、42試合に出場して22ゴールを記録し、2002年のリーグカップ決勝のエア・ユナイテッド戦でのオープニングゴールを含む、スコットランドでの彼のベストシーズンとされた。

 

しかし、移籍金に見合うほどの活躍は見られずフローのレンジャーズ移籍は成功とは言いがたかった。

 

そんな中、2002-03年のシーズン初めの移籍期限日にサンダーランドに売却された。

 

フローの加入は、同じストライカーのマーカス・スチュワートと一緒に発表され、移籍金の総額は1000万ポンドと宣言された。

 

サンダーランドは個々の価格を明らかにしていなかったが、フローの820万ポンドという数字がメディアによって広く引用された。

 

その後、サンダーランドは彼が675万ポンドで購入されたことを確認した。

 

サンダーランドのピーター・リード監督は、年齢を重ねたニール・クインの長期的な後継者として大物ストライカーを購入しなかったことで、プレシーズン中から非難を浴びていた。

 

スコットランドで苦戦していた選手にしては値段が高く、しかも契約した時間が遅かったことから、多くのファンや伝説のジミー・モンゴメリーを含む評論家は、フローが期限付きのパニック・バイだったと考えていた。

 

デビュー戦となったマンチェスター・ユナイテッドとの1-1の引き分けでは、またしてもゴールを決めた。

 

サンダーランドの戦術を見れば明らかなように、リードはフローがロングボールを打つ背の高いターゲットマンとして、ベテランのナイアル・クイン(11月に現役を引退)の役割を期待していた。

 

フローは、同じストライカーのケビン・フィリップスとのパートナーシップを築くのに苦労していた。

 

10月にリードが解雇され、ハワード・ウィルキンソンが後任に就任すると、フローはすぐに人気を失い、ウィルキンソンの初試合でベンチ入りすることができなかった。

 

ウィルキンソンの後任であるミック・マッカーシーは、シーズン中の残り9試合でフローに90分間のサッカーをさせることができなかった。

 

サンダーランドで33試合に出場したフローは、6ゴール(うち4ゴールはプレミアシップ)しか挙げられず、リーグ戦では23試合中11試合にしか出場できませんでした。

 

サンダーランドはディビジョン1に降格し、多額の負債を抱えていたため、高額な賃金を払っていたほとんどの選手を売却または放出せざるを得なかった。

 

フローは2003-04年のリーグカップに1試合出場したが、2003年秋にはフリーでの移籍が決まった。

 

フローはイタリアで運試しをし、2003年にセリエAに昇格したばかりのシエナにフリーで移籍した。

 

フローはシエナで2シーズンプレーし、イタリアサッカー界で成功を収め、クラブが初めてトップリーグに定着するのに貢献した。

 

監督のジュゼッペ・パパドプロから、通常のメインストライカーとしての役割ではなく、エンリコ・キエーザとニコラ・ヴェントラに次ぐセカンドストライカーとしての役割を求められたとき、彼は驚くべき多才さを発揮した。

 

彼はこのポジションで優れた活躍をし、2003-04年のシーズンを通してクラブの常連となり、8ゴールを挙げてシエナの降格回避に貢献した。

 

9月20日のリーグ戦第3節のエンポリ戦で、新天地での初ゴールを決めたのだ。

 

その後、10月18日に行われた第6節のレッジーナ戦でもゴールを決めた。

 

その後、ホームでのウディネーゼ戦で1-0の勝利を収め、マッチウイナーとなった。

 

2004-05シーズンは、17試合に出場して5ゴール、交代選手として5試合に出場したが、シエナの降格回避に再び貢献した。

 

11月に行われたローマとのコッパ・イタリア・アウェイ戦では、2-1で勝利し、チームの両ゴールを決めるなど、素晴らしいパフォーマンスを見せた。

 

1月にはキエーボとのアウェイ戦で1-3と2ゴールを挙げ、ホームでのコッパ・イタリア優勝候補のインテルとの2-2の試合でも2-1のゴールを決めた。

 

フローは2005年7月、オスロの野心的なクラブであるヴォレレンガと契約した。

 

ヴォレレンガでの滞在は、数々の負傷に阻まれ、本格的な活躍ができなかった。

 

シーズン終了後、ヴォレレンガは彼に新しい契約を提示しなかったため、フローは他のクラブと自由に契約することができた。

 

2007年1月3日、かつてのチームメイトであるデニス・ワイズは、2006-07年のチャンピオンシップ・シーズン終了までの契約で、フローをイングランドのリーズ・ユナイテッドに呼び戻した。

 

フローは、FAカップでウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに3-1で敗れたリーズの試合で、ヨークシャーのチームの代役としてアウェーデビューを果たした。

 

その1週間後のリーグ戦では、フローは3分後に同じ相手からヘディングシュートを決め、リーズでの初ゴールを記録したが、結果は3-2の敗北に終わった。

 

その後の負傷により、フローは残りのシーズンで重要な役割を果たすことができなかった。

 

フローは契約条項によりリーズを離れると考えられていたが、リーズは2007-08年のリーグ1のキャンペーンを支援するために、フローと当初1年の契約を結んだのである。

 

このシーズン、彼はリーグ戦で3回しか得点できなかったが、すべてサブでの出場だった。

 

フローは以前、リーズが引退前の最後のクラブになるだろうと認めていた。

 

リーズでそれほどプレーすることなく、ファンの人気者になっていた。

 

2008年3月、フローはサッカー界からの引退を発表した。

 

 

現役晩年はミルトンキーンズ・ドンズを経て、母国のソグナル・フトボールへ復帰し引退。

 

代表

 

1995年イングランドとの試合でデビューした。

 

その後、親善試合でノルウェーがブラジルを4-2で破ったとき、フロナルド(世界最高のストライカーであるロナウドをもじったもの)というニックネームがついた。

 

1998年のFIFAワールドカップにノルウェー代表として出場し、タイトルホルダーであるブラジルを2-1で破り、2次リーグに進出したときにゴールを決めた。

 

2004年、フローは家庭を優先するために代表からの引退を選んだ。

 

エピソード

1997 Home Tore Andre Flo vs Brazil

引退後は古巣のチェルシーでアカデミーコーチを務め、若手の育成に励んでいる。

 

プレースタイル

Tore Andre Flo Goals

長身センターフォワード。

 

193センチの長身を生かした空中戦が得意なのはもちろんであるが、テクニックも持ち合わせており、どちらかと言えば、足元のプレーの方が得意としている。

 

長い脚を器用に扱い、ドリブル突破や絶妙のアシスト見せ、チーム状況によりセカンドトップもこなすことのでき、非常に引き出しの多いFW。

 

フローは、素早く、背が高く、力強く、身体能力の高いストライカーで、その体格にもかかわらず、優れたテクニックを持っていました。

タイトルとURLをコピーしました