エミル・コスタディノフ

概略

Emil Kostadinov: o artilheiro bulgaro
国籍  ブルガリア
生年月日 1967年8月12日(53歳)
出身地 ソフィア
身長 177cm
体重 73kg

 

Emil Kostadinov

 

ポジションはフォワード(センターフォワード、右ウイング、左ウイング)。

 

利き足は右。

 

1990年代のブルガリアを代表するストライカー。

 

1994年ワールドカップでは同国最高成績となる4位入賞に貢献した。

 

獲得タイトル

クラブ

CSKAソフィア

  • ブルガリアA PFG:1986-1987、1988-1989、1989-1990
  • ブルガリア・カップ:1986-1987、1987-1988、1988-1989
  • ブルガリアスーパーカップ:1989

ポルト

  • プリメイラ・リーガ:1991-1992、1992-1993、1994-1995
  • タッサ・デ・ポルトガル:1990-1991、1993-1994
  • スーペルタッサ・カンディド・デ・オリベイラ:1990、1991、1993、1994

バイエルン・ミュンヘン

  • UEFAカップ:1995–96

代表

ブルガリア

  • FIFAワールドカップ:4位(ブロンズ): 1994

個人

  • ブルガリア年間最優秀選手賞 1回(1993年)

 

経歴

Emil Kostadinov
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1985-1990 ブルガリアの旗 CSKAソフィア 119 (36)
1990-1994 ポルトガルの旗 FCポルト 114 (43)
1994 スペインの旗 デポルティボ・ラ・コルーニャ 9 (2)
1995-1996 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 27 (7)
1996-1997 トルコの旗 フェネルバフチェSK 25 (11)
1997 メキシコの旗 UANLティグレス 9 (2)
1998 ブルガリアの旗 CSKAソフィア 11 (4)
1998-1999 ドイツの旗 1.FSVマインツ05 4 (1)
代表歴
1988-1998 ブルガリアの旗 ブルガリア 70 (27)

 

クラブ

 

コスタディノフは1985年にCSKAソフィア選手経歴を始めると、1980年代後半にはフリスト・ストイチコフやリュボスラフ・ペネフらと共に、ブルガリアリーグ優勝3回、ブルガリアカップ優勝3回、1988-89シーズンのUEFAカップウィナーズカップ準決勝進出に貢献した。

 

1990年にポルトガルのFCポルトへ移籍すると、2度のリーグ優勝(1992年、1993年)に貢献した。

 

1994年にはスペインのデポルティボ・ラ・コルーニャした。

 

1995年にはドイツのバイエルン・ミュンヘンへレンタル移籍、UEFAカップ1995-96優勝に貢献した。

 

しかしフランツ・ベッケンバウアー会長は、「代表では活躍しているが、チームでは実力を25パーセントしか発揮していないと。」嘆き、レンタル期限は延長されなかった。

 

その後、クラブを転々とする。

 

1998年ワールドカップ終了から1年後の1999年、1.FSVマインツ05に在籍したのを最後に現役を引退した。

 

代表

 

ブルガリア代表としては1988年12月24日に行われたUAE代表戦でデビューを飾り、この試合で初得点を決めた。

 

FIFAワールドカップ・アメリカ大会予選では、1993年11月13日にフランス・パリのパルク・デ・プランスで行われた最終戦のフランス代表戦において、37分にクラシミール・バラコフのコーナーキックから同点となるヘディングシュートを決め、試合終了間際の89分にはリュボスラフ・ペネフのパスから決勝点を決め本大会出場に導いた(パリの悲劇)。

Emil Kostadinov Vs France 1993 // Goals of a Nation

1994年ワールドカップの出場権獲得に貢献した後、決勝トーナメントではフリスト・ストイチコフとのコンビで準決勝に進出しました。

 

同国の過去最高の成績となる4位に貢献。

 

全7試合に出場したが、得点はなかった。

 

準決勝のイタリア戦で、コスタディノフはペナルティエリア内でアレッサンドロ・コスタクルタのファウルを受け、その後コスタクルタもそこでハンドを犯した。

 

どちらの行為も罰則が与えられなかったため、ブルガリア人はフランスのジョエル・キニウ主審が、パルク・デ・プランスで行われたブルガリア対フランスの予選決戦で、ゲストがワールドカップ出場権を獲得したことへの「復讐」のために、わざと状況を無視したと非難し、大きな議論を巻き起こした。

 

彼はユーロ96と1998年のワールドカップにも出場したが、いずれの大会でもブルガリアは2次ラウンドに進むことができなかった。

 

1998年のワールドカップでは、グループステージのスペイン戦で1ゴールを決めた。

 

EURO2000の予選前に引退した。

 

代表での通算成績は国際Aマッチ70試合出場27得点。

 

エピソード

 

引退後は2000年から2001年、2006年から2009年にかけて古巣のCSKAソフィアでテクニカルディレクターを務めた。

 

プレースタイル

 

快足と力強いドリブルを武器にしたストライカー。

 

彼の右足から放たれるシュートは威力抜群。

 

ウイングでもプレーでき快足を活かした突破でチャンスを作った。

タイトルとURLをコピーしました