ブルーノ・ペッツァイ

概略

国籍  オーストリア
生年月日 1955年2月3日
出身地 フォアアールベルク州ラウテラッハ
没年月日 1994年12月31日(39歳没)
身長 188cm
体重 84kg

 

Bruno Pezzey

 

ポジションはディフェンダー(リベロ、センターバック)。

 

利き足は左。

 

「アルプスのベッケンバウアー」の異名をとった。

 

1970年代後半から1980年代初頭のオーストリア代表の躍進を支えた世界トップクラスのリベロ。

 

1979年から1982年までは4年連続でバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)の候補に挙がり、いずれもベスト10まで残っていた。

 

獲得タイトル

  • UEFAカップ優勝1回 (1980)
  • オーストリア・ブンデスリーガ優勝4回 (1975,1977,1989,1990)
  • オーストリア・カップ優勝2回 (1975,1989)
  • ドイツ・ブンデスリーガ準優勝2回 (1985,1986)
  • ドイツ・カップ優勝1回 (1981)

 

経歴

クラブ
チーム 出場(得点)
1973-1974 FCフォアアールベルク 28 (3)
1974-1988 SSWインスブルック 129(19)
1978-1983 アイントラハト・フランクフルト 141(27)
1983-1987 ヴェルダー・ブレーメン 114(18)
1987-1990 FCスヴァロフスキ・チロル 86 (6)
代表歴
1975-1990 オーストリアの旗 オーストリア 84 (9)

 

クラブ

 

18歳でプロデビューを果たし、1974年にはオーストリア・ブンデスリーガの名門FCヴァッカー・インスブルックへ移籍。

 

同クラブの主力選手としてオーストリア・ブンデスリーガ優勝やオーストリア・カップ優勝等多くのタイトルを獲得、UEFAチャンピオンズカップでも準々決勝進出を果たす。

 

1978年にはドイツ・ブンデスリーガの名門アイントラハト・フランクフルトへ移籍。

 

守備の要としてUEFAカップ優勝やドイツ・カップ優勝に貢献する。

 

1979年にはFIFA世界選抜に、1982年にはUEFAヨーロッパ選抜に選出されるなど、ワールドクラスのディフェンダーとして高い評価を得ていた。

 

1979年から1982年までは4年連続でバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)の候補に挙がり、いずれもベスト10まで残っていた。

 

これはディフェンダーというポジションを考えれば快挙である。

 

1983年にはヴェルダー・ブレーメンに移籍。

 

4年に渡り守備の要として実力を発揮、「オーストリアにペッツァイあり」と高く評価され、ドイツ・ブンデスリーガのベストイレブンにも幾度も選出される。

 

2年連続ドイツ・ブンデスリーガでの準優勝を飾り、1987年に古巣のFCヴァッカー・インスブルックに復帰。

 

エルンスト・ハッペル監督の下再びリーグ戦やカップ戦で優勝を果たし、1990年に引退を表明した。

 

代表

 

オーストリア代表デビューは20歳の頃。

 

以降は15年に渡りオーストリア代表の中心選手として、そして守備陣のリーダーとして活躍する。

 

ロベルト・サラと強力なディフェンス・デュオを組み、オーストリアでは1978年のワールドカップ出場権を獲得した。

 

この大会でオーストリアは、ブラジル、スペイン、スウェーデンとのグループを勝ち抜き、話題を呼んだ。

 

しかし、最大の成功は、オーストリアが第8回決勝でタイトルホルダーの西ドイツを退けたことです。

 

宿敵を3-2で破った歴史的な勝利は、「コルドバの奇跡」として歴史に刻まれました。

 

その4年後、オーストリアは再びスペインで開催された1982年ワールドカップに出場し、再び準々決勝に進出した。

 

また、1982年スペイン大会では、2次リーグの北アイルランド戦において後半5分にヒールキックから得点を決めている(試合は2-2の引分け)。

 

1988年にヨーゼフ・ヒッカースベルガーが代表チームを引き継いだ後、キャプテンのペッツァイの国際的なキャリアは終わった。

 

1987年に最後の出場をした後、1990年に再び出場しました。

 

オーストリア人選手として初めて国際試合100試合に出場するという夢は叶わなかった。

 

エピソード

 

オーストリアの20世紀ベストイレブンにも選出されたペッツァイは、引退後にオーストリアサッカー協会より新しい育成コンセプトの作成を依頼されるが、1994年12月31日にアイスホッケーの試合に参加している最中に心臓麻痺により死去、39歳没。

 

「ペッツァイは第2次世界大戦後のオーストリア最優秀ディフェンダーである」と現在でも高く評価されている。

 

プレースタイル

 

「アルプスのベッケンバウアー」とも呼ばれていてポジションはリベロだが、長身を生かし空中戦、激しいタックル、フィジカルの強さは群を抜いており圧倒的な守備力でチームを支えた。

 

守備だけでなく、積極的な攻撃参加を得意とし、188cmの長身を生かしたヘディングは脅威の対象となった。

 

足元の技術もあり、ゲームの組み立てにも貢献したワールドクラスのリベロ。

タイトルとURLをコピーしました