ボリスラフ・ミハイロフ

概略

国籍  ブルガリア
生年月日 1963年2月12日(58歳)
出身地 ソフィア
身長・体重 186cm、79kg

 

Borislav Mikhailov

 

ポジションはゴールキーパー。

 

利き足は右。

 

1980年代から1990年代にかけて活躍したブルガリア代表のゴールキーパー。

 

1994年ワールカップ4位入賞時の守護神。

 

ブルガリア史上最高のゴールキーパーとの呼び声が高い。

 

獲得タイトル

レフスキ・ソフィア

  • ブルガリアチャンピオン:1984、1985、1988
  • ブルガリアカップ優勝:1982、1984、1986
  • ソビエト軍カップ:1984年、1987年、1988年
  • ブルガリア年間最優秀サッカー選手:1986年

 

経歴

クラブ
クラブ 出場 (得点)
1981-1989 ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア 180 (0)
1989-1991 ポルトガルの旗 ベレネンセス 29 (0)
1992-1994 フランスの旗 ミュルーズ 65 (0)
1994-1995 ブルガリアの旗 ボテフ・プロヴディフ 20 (0)
1995-1997 イングランドの旗 レディング 24 (0)
1997-1998 ブルガリアの旗 スラヴィア・ソフィア 14 (0)
1998-1999 スイスの旗 チューリッヒ 1 (0)
代表歴
1983-1998 ブルガリアの旗 ブルガリア 102 (0)

 

クラブ

 

1981年にソフィアを本拠地とするレフスキ・ソフィアへ入団。

 

ブルガリアリーグ、ブルガリアカップをそれぞれ3度制したほか、1986年にはミハイロフはブルガリア人年間最優秀選手にも選ばれた。

 

その後も国内外のいくつかのクラブに所属し、1995年にはシャカ・ヒスロップの後釜としてクラブ史上最高額となる8万ポンドの移籍金でレディングFCに加入した。

 

代表

 

ブルガリア代表としては1983年5月4日に行われたキューバ代表戦でデビュー。

 

1986年メキシコ・ワールドカップ、1994年アメリカ・ワールドカップでゴールマウスを守った。
1994年の本大会ではブルガリアの前線にはフリスト・ストイチコフ、エミル・コスタディノフ、クラシミル・バラコフなどのタレントを揃えて、切れ味鋭いカウンター攻撃で旋風を巻き起こしたが、ミハイロフが起点となったカウンター攻撃も度々見られた。

 

1994年ワールドカップはベスト4に進出し躍進した。

 

1990年からの6年間、1994 FIFAワールドカップやUEFA EURO ’96などの大会で代表キャプテンを務めた。

 

1998年9月5日のアルジェリア代表戦が最後の試合出場となった。

 

代表102キャップは同国の最多出場記録であったが、2011年にスティリアン・ペトロフによって更新された。

 

エピソード

 

妻は新体操の選手であったマリア・ペトロバ。

 

息子のニコライ・ミハイロフもサッカー選手であり、イングランドのリヴァプールFCや、オランダのFCトゥウェンテなどに所属している。

 

選手時代は頭頂部の禿げ上がった頭が特徴だったが、フランス2部リーグのFCミュルーズに所属していた当時、1万ポンド以上を費やして頭髪の植毛を行っている。

 

引退後

 

2005年からはブルガリアサッカー連合の会長を務め、2011年からはUEFA実行委員会のメンバーとなった。

 

2019年10月14日、ホームゲームとして行われたUEFA EURO 2020予選のイングランド代表戦において、サポーターによる人種差別事件が発生し、2度に渡り試合が中断された。

 

この事件を受けて首相のボイコ・ボリソフはサポーターの行動を非難するとともに、ミハイロフの即時辞任を勧告すると、翌15日に会長職を辞任した。

 

プレースタイル

 

ゴールキーパーとしてはオーソドックスなスタイルで非常に安定感があり的確な状況判断でDFに指示を出し、チームを統率する能力に優れていた。

 

その堅実なプレーはどのチームでも評価が高くチーム内での信頼は高かった。

タイトルとURLをコピーしました