アンドレ・アベグレン

概略

国籍 スイス
生年月日 1909年3月7日
出生地 スイス、ヌーシャテル
死亡日 1944年11月8日(35歳)
身長 168 cm
体重 69 kg

 

Andre Abegglen

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は不明。

 

1930年代スイス代表のストライカー。

 

フランスのクラブ、FCソショー・モンベリアルでプレーした。

 

兄マックスと共にスイス代表として2度のワールドカップに出場した。

 

スイス代表のマックス・アベグレンとジャン・アベグレンの弟である。

 

アンドレはアベグレン3兄弟の末っ子です。

 

経歴

クラブ
チーム 出場 得点
1926〜 1927年 グラスホッパー・チューリッヒ 10 (4)
1927〜1928 エトワール・カルージュ 13 (6)
1928〜1929 カントナール・ヌーシャテル 14 (8)
1930〜 1934年 グラスホッパー・チューリッヒ 82 (83)
1934〜1937 ソショー 61 (51)
1937–1942 セルヴェットFC 103 (63)
1942〜1944 FCラショードフォン 37 (25)
合計 320 (240)
代表
1927〜1943 スイス 52 (29)

 

アンドレは18歳のときにはすでに(マックスと一緒に)グラスホッパーのマスターになっていた。

 

彼は典型的なミッドストライカーだった。

 

タイトル獲得後わずか1シーズンの後、アンドレはエトワール・カルージュに移籍した。

 

そこで彼は代表プレーヤーにまで上り詰めた。

 

カントナール・ヌーシャテルに短期間滞在した後、アンドレは再びグラスホッパーに戻り、1931年に再びマスターになった。

 

1934年、イタリアで開催されたワールドカップで、アンドレ・アベグレンはオランダに3-1で勝利した。

 

ワールドカップの後、ソショーを変えてプロになる。

 

30本の得点を決め、得点王になり 優勝に導いた。

 

1935年8月25日、ヴァランシエンヌ戦で アンドレは7ゴールをマーク。

 

この記録は今日まで残っている。

 

そのため、1935年12月に監督の職を解かれた。

 

1936年の春、負傷し、半月板の手術を受けた。

 

シーズン中はまだ16ゴール。

 

膝に障害があったにもかかわらず、1937年のカップ戦ではソショーと共にフランスを制覇した。

 

彼はプジョー201を手に入れた。

 

1937年12月、彼はセルベトからのオファーを受けた。

 

ジュネーブでは、アンドレの登場がセンセーションを巻き起こした。

 

ファンは選手に大きな期待を寄せていた。

 

セルベトはこのシーズンを6位で終えた。

 

その後、1938年のFIFAワールドカップでは、ドイツとの1次リーグ再試合でハットトリックを決め、スイスが4-2で勝利した。

 

晩年、1942年にFCラショードフォンに移籍し、1944年、列車事故で35歳の若さでこの世を去った。

 

通算では、スイス代表として52試合に出場し、29ゴールを記録した。

 

プレースタイル

 

小柄で機敏、スピーディなストライカーでボックス内で力を発揮した。

 

ダイレクトプレーが上手く狡猾にゴールを陥れた。

 

ボレーシュートの達人である。

タイトルとURLをコピーしました