ハミト・アルティントップ

概略

国籍 トルコの旗 トルコ
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1982年12月8日(38歳)
出身地 ゲルゼンキルヒェン
身長 183cm
体重 82kg

 

Hamit Altıntop

 

ポジションはミッドフィールダー(右サイドハーフ、オフェンシブハーフ、センターハーフ)。

 

利き足は右。

 

2000年代後半から2010年代前半にかけて活躍したトルコ代表のサイドアタッカー。

 

バイエルンやレアル・マドリードを渡り歩いたマルチなプレーヤー。

 

同じくサッカー選手のハリル・アルティントップは双子の弟である。

 

獲得タイトル

クラブ

シャルケ04
  • DFLリーガポカール : 2005
  • UEFAインタートトカップ20032004
バイエルン・ミュンヘン
  • DFLリーガポカール : 2007
  • ブンデスリーガ : 2007-08, 2009-10
  • DFBポカール : 2008, 2010
  • DFLスーパーカップ : 2010
  • UEFAチャンピオンズリーグ準優勝:2009–10
レアル・マドリード
  • プリメーラ・ディビシオン : 2011-12
ガラタサライ
  • スュペル・リグ : 2012-13, 2014-15
  • テュルキエ・クパス : 2013-14, 2014-15
  • テュルキエ・スュペル・クパス : 2012, 2013, 2015

代表

トルコ

  • UEFA欧州選手権3位:2008

個人

  • UEFA EURO 2008 チーム・オブ・ザ・トーナメント
  • UEFA EURO 2008 マン・オブ・ザ・マッチ : クロアチア戦
  • FIFAプスカシュ賞 : 2010 (カザフスタン戦でのボレーシュート)
  • キッカー ブンデスリーガチームオブザシーズン:2005–06

 

経歴

クラブ
クラブ 出場 (得点)
2000-2003 ドイツの旗 SGヴァッテンシャイト 75 (12)
2003-2007 ドイツの旗 シャルケ04 113 (8)
2007-2011 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 63 (7)
2011-2012 スペインの旗 レアル・マドリード 5 (1)
2012-2017 トルコの旗 ガラタサライ 61 (1)
2017-2018 ドイツの旗 SVダルムシュタット98 33 (1)
通算 350 (30)
代表歴
2000 トルコの旗 トルコ U-18 5 (3)
2001 トルコの旗 トルコ U-20 6 (1)
2003 トルコの旗 トルコ U-21 9 (2)
2004-2014 トルコの旗 トルコ 82 (7)

 

クラブ

 

アルトゥントップは、2000年に兄ハリルとともに地元ドイツのヴァッテンシャイトでプロとしてのキャリアをスタートさせた。

 

2003年にシャルケ04に移籍し、主に中盤の守備的な役割を担った。

 

2006-07年の夏の移籍市場では、シャルケはカイザースラウテルンから弟のハリルを獲得した。

 

シャルケはブンデスリーガでVfBシュツットガルトに2ポイント差で2位となった。

 

2007-08シーズンにシャルケ04からフリーランスでバイエルン・ミュンヘンに加入した。

 

バイエルンでの初試合となったブラジルのサンパウロとの対戦では、初ゴールを決めました。

 

彼の見事なフリーキックにより、ミュンヘンは2-1で勝利しました。

 

その後もミュンヘンのスターティングメンバーとして活躍し、DFL-Ligapokalで行われたヴェルダー・ブレーメン戦では、30メートルの距離から左足でゴールを決めました。

 

ミュンヘンは4-1で勝利を収めた。

 

アルトゥントップは、2008年2月14日にピットドリーで行われたUEFAカップのアバディーン戦でも、1stレグで物議を醸すPKを決めている。

 

最初のPKはアバディーンのGKジェイミー・ラングフィールドにセーブされたが、その跳ね返りをアルトゥントップが決めたのである。

 

試合は2-2で終了した。

 

2009-10シーズン、バイエルン・ミュンヘンはチャンピオンズリーグに参戦し、2010年5月22日にレアル・マドリードの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムで行われた2010 UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦に進出した。

 

この試合でアルティントップは先発出場しましたが、63分にミロスラフ・クローゼと交代しました。

 

2010年6月2日、アルティントップはバイエルン・ミュンヘンと新たに1年契約を結んだ。

 

結局、契約延長の交渉に失敗し、2010-11シーズンの終わりにバイエルンから放出された。

 

その結果、フリーエージェントとなった。

 

2011年5月19日、アルティントップがレアル・マドリードにフリーで移籍することが発表された。

 

9月27日、サンティアゴ・ベルナベウで行われたチャンピオンズリーグのAFCアヤックス戦で、84分にメスト・エジルと交代で出場し、レアル・マドリードでのデビューを果たした。

 

10月15日、サンティアゴ・ベルナベウで行われたレアル・ベティス戦で、クリスティアーノ・ロナウドの代役として78分に出場し、リーガ・エスパニョーラでのデビューを果たしました。

 

12月18日、エスタディオ・ラモン・サンチェスで行われたセビージャFC戦で、カリム・ベンゼマの代役として86分から出場し、シャビ・アロンソのアシストにより89分にクラブ初ゴールを決めました。

 

2012年1月28日、サンティアゴ・ベルナベウで行われたサラゴサ戦で初の先発デビューを果たし、フル出場を果たしました。

 

2012年4月4日、サンティアゴ・ベルナベウで行われた2011-12チャンピオンズリーグ準々決勝のAPOEL F.C.戦で、フル出場してチャンピオンズリーグ初先発デビューを果たしました。

 

2012年7月13日、レアル・マドリードから350万ユーロでガラタサライSKと4年契約を結びました。

 

2012年8月12日、トルコスーパーカップの決勝で、トルコカップチャンピオンのフェネルバフチェと対戦し、ガラタサライでデビューしました。

 

ガラタサライは3-2で勝利し、12回目の優勝を果たした。

 

翌週のカシュムパシャ戦では、スュペル・リグ・デビューを果たしました。

 

アルティントップのガラタサライでの初ゴールは、2013年3月12日に行われたチャンピオンズリーグで元クラブのシャルケ04を破った37分に決めた30メートルのフリーキックだった。

 

アルティントップは2015年と2016年のほとんどの期間、怪我のためにガラタサライの先発メンバーに入ることができなかった。

 

彼はカップ戦で再登場するようになった。

 

しかし、2部リーグのトゥズラスポルとの対戦で散々な結果となり、サポーターからの批判もあって、クラブは契約解除を決めた。

 

2017年1月31日、アルティントップはダルムシュタット98とシーズン契約を結びました。

 

ボルシア・ドルトムントとのサプライズ勝利に大きく貢献し、ブンデスリーガ第20節の最優秀選手に選ばれました。

 

2018年1月4日、個人的な理由によりクラブと別れ、家族とともにトルコに移住しました。

 

代表

 

代表デビューは2004年。

 

EURO2008の出場メンバーに選出され、5試合全てに出場した。

 

チェコ戦の逆転劇では3つのゴールをアシストし、クロアチアとの準々決勝では、3番手のキッカーとしてPKを決めて3-1としました。

 

次のクロアチアのPKをGKリュシュテュ・レチベルがセーブし、トルコはドイツとの準決勝に進出した。

 

この準々決勝のクロアチア戦では、マン・オブ・ザ・マッチ賞を受賞した。

 

トルコ代表のファティフ・テリム監督は、大会の最初の2試合でアルティントップを右ディフェンダーとして起用したが、当時所属していたバイエルン・ミュンヘンではアルティントップはミッドフィルダーだったため、この起用はメディアから酷評されMFに戻された。

 

彼の大胆なプレースタイルと決定的なパスは、トルコの中盤で圧倒的な存在感を示した。

 

大会終了後、アルティントップは大会のスター選手の一人として広く認められ、UEFAの公式23人の「チーム・オブ・ザ・トーナメント」に選出された。

 

2011年1月、アルティントップは、2010年9月に行われたユーロ2012予選のカザフスタン戦でのボレーシュートが評価され、FIFAプスカシュ賞の「2010年の年間最優秀ゴール」を受賞した。

 

2011年3月30日、2-0で勝利したオーストリア戦で、初めて代表チームのキャプテンを務めた。

 

エピソード

アルティントップはイスラム教徒で彼はトルコのテレビ局のインタビューで、思春期の頃から(イスラム教のラマダン月に)断食をしてきたが、断食日と試合日が重なると、イスラム教徒の選手はこの聖なる月に力を発揮すると語っている。

 

2014年、アルティントップとフェイザヴェリとの結婚式はイスタンブールの有名なチュラアン宮殿で行われた。

 

プレースタイル

 

主に右サイドから強烈なミドルシュートとドリブル突破で相手守備陣を切り崩す役割を担うが、トップ下、ボランチでも遜色なくプレーできるポリバレントな選手。

 

闘争心旺盛で運動量も豊富。

 

パスにドリブルとマルチな能力を持っているが、果敢なドリブル突破と強烈なミドルシュートが最大の武器。

 

前線にスペースを見出せば、果敢に攻め上がり、一気にフィニッシュまで持ち込むサイドアタッカー。

タイトルとURLをコピーしました