リュシュテュ・レチベル

概略

Rüştü Reçber, Efsanevi Kaleci [Best Saves]
国籍 トルコの旗 トルコ
生年月日 1973年5月10日(47歳)
出身地 アンタルヤ
身長 186cm
体重 76kg

 

Rüştü Reçber

 

ポジションはゴールキーパー。

 

利き足は右。

 

トルコ代表の一員として、2002年FIFAワールドカップとUEFAユーロ2008で準決勝に進出しました。

 

トルコが3位に終わった2002年ワールドカップ日韓大会では、その活躍により大会のオールスターチームに選出された。

 

2002年には、欧州大会のベストゴールキーパーに選ばれ、一般投票で2002年UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーに選出された。

 

2004年には、ペレが選ぶ「FIFA 100」に選出され、現役のサッカー選手として世界で最も優れた125人のうちの1人に選ばれた。

 

獲得タイトル

クラブ

フェネルバフチェ
  • スュペル・リグ : 4回(1995-96, 2000-01, 2004-05, 2006-07)
  • アタトゥルクカップ : 1回(1998)
ベシクタシュJK
  • スュペル・リグ : 1回(2008-09)
  • トルコカップ : 2回(2008-09, 2010-11)

代表

トルコ代表
  • 日韓ワールドカップ3位(2002)
  • UEFA欧州選手権3位:2008
  • FIFAコンフェデレーションズカップ3位:2003年

個人

  • 日韓ワールドカップオールスターチーム
  • UEFAベストイレブン(2002)
  • IFFHS最優秀GK賞3位(2002)
  • FIFA100
  • IFFHS21世紀のベストゴールキーパー:23位

 

経歴

Rüştü Reçber | Top 20 İnanilmaz Milli Takım Kurtarışları / Top 20 Saves For Turkey
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1988-1991 トルコの旗 ブルドゥルギュジュ 1 (0)
1991-1994 トルコの旗 アンタルヤスポル 34 (0)
1994-2003 トルコの旗 フェネルバフチェ 241 (0)
2003-2004 スペインの旗 バルセロナ 4 (0)
2004-2007 トルコの旗 フェネルバフチェ 54 (0)
2007-2012 トルコの旗 ベシクタシュ 103 (0)
代表歴
1994-2012 トルコの旗 トルコ 120 (0)

クラブ

 

ユース時代は右ウイングとしてプレーしていたが、17歳の時の監督に「君は背が高いからゴール前に立ってみるといい」と言われ、ゴールキーパーに転向した

 

1990年、ブルドゥルギュジュに入団。

 

1シーズン在籍した後に地元のサッカークラブ・アンタルヤスポルへ移籍した。

 

GKコーチのIlie Datcuによって見出され、ファティ・テリム監督の指導によって才能が開花した。

 

テリムは、まだクラブの第3GKだったリュシュテュの潜在能力に感銘を受け、「君はいずれトルコでもっとも素晴らしいGKになるだろう」と伝えた。

 

テリムはフェネルバフチェSK、ガラタサライSK、ベシクタシュJKのトルコ三大クラブにリュシュテュを推薦し、1993年にベシクタシュJKと契約した。

 

しかし、契約締結の直後に自動車事故に巻き込まれて怪我を負い、メディカルチェックを通ることができず、ベシクタシュJKへの移籍は取りやめになった。

 

1993-94シーズンのはじめ、フェネルバフチェSKと契約した。

 

そのシーズンはアンタルヤスポルでプレーすることが認められ、レンタル移籍という形でチームに残った。

 

フェネルバフチェでの初年度となる1994-95シーズンは、クラブとトルコ代表の正GKのエンギン・イペコグルが負傷し、幸運にも出場機会を得て大ブレイク。

 

その後9年間はクラブでも代表でも地位を不動のものとし、フェネルバフチェ在籍期間中に4度のリーグ優勝を成し遂げた。

 

2003年にフェネルバフチェとの契約が切れるとACミラン、インテル・ミラノ、FCバルセロナ、バレンシアCF、マンチェスター・ユナイテッドFC、アーセナルFC、ユヴェントスFC、リヴァプールFCからオファーがあり、アーセナルFCと契約間近だったが、アーセン・ベンゲル監督と口論したことから移籍は破談となった。

 

結局、FCバルセロナに移籍し、好調なプレシーズンを送ったが、シーズン開幕前に怪我に見舞われた。

 

開幕にはなんとか間に合ったが、リュシュテュはまだスペイン語に不慣れだったため、フランク・ライカールト監督はビクトル・バルデスを開幕戦に送り出した。

 

「私の実績と能力からすれば、スペイン語が話せないために試合に出られないのは解せない」と述べたが、スペインでの挑戦は1シーズンで終わった。

 

2006-07シーズンにフェネルバフチェでリーグ優勝したが、自身の将来のことでクラブと揉めたことから、ヴォルカン・デミレルにポジションを奪われた。

 

そのため、ライバルクラブのベシクタシュJKにフリーで移籍し、フェネルバフチェのファンの怒りを買った。

 

ベシクタシュJKでも好パフォーマンスを披露したが、たびたび怪我に悩まされた。

 

2010-11シーズンのトルコカップでは、PKを含む120分すべてに出場し、クラブの優勝に貢献した。

 

2012年に引退した。

 

代表

 

1994年10月12日のアイスランド戦で代表デビューを飾った。

 

その後9年間はクラブでも代表でも地位を不動のものとし、UEFA EURO ’96やUEFA EURO 2000に出場。

 

さらに2002年の日韓W杯では、チームの守護神として48年ぶりに本大会出場を果たした代表を3位入賞に導く活躍を見せ、最優秀GK投票ではドイツのオリバー・カーンに次ぐ2位に選ばれた。

 

リュシュテュは、ドイツのオリバー・カーンと並んで、16人のチーム・オブ・ザ・トーナメントに選ばれた2人のGKのうちの1人だった。

 

2005年3月26日、2006年FIFAワールドカップ予選のアルバニア戦で、キャプテンのリュシュテュはホームで2-0の勝利を収め、100キャップ目を記録した。

 

UEFA EURO 2008では控えゴールキーパーとして選出されたが、出場停止となったヴォルカン・デミレルに代わり大会途中から出場。

 

準々決勝のクロアチア戦ではスーパーセーブを連発し、PK戦でもクロアチアに1本しか成功を許さない活躍で、トルコ初のベスト4進出に貢献した。

 

2010年FIFAワールドカップ予選のスペイン戦に招集されたのを最後に、代表チームからの引退を表明した。

 

2012年5月26日のフィンランド戦でトルコ代表にふたたび招集され、120キャップ目が最後となった。

 

エピソード

Rüştü Reçber | Barcelona | 2003-2004

少年の頃に好きだったゴールキーパーはピーター・シュマイケルである。

 

彼とはUEFA EURO ’96で対戦している。

 

フェネルバフチェ在籍時にもUEFA欧州選手権でマンチェスター・ユナイテッドFCに所属していたシュマイケルと対戦した。

 

2020年3月28日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状が急転し、病院に搬送されたことがリュシュテュの妻のInstagramにて報告された。

 

BBC放送電子版では、リュシュテュの容体について「危機的時期」だと報じた。

 

集中治療室(ICU)にも入ったが回復し、4月6日に退院したことが妻のInstagramにて報告された。

 

現在はコロナウイルスを克服して通常の状態に戻りつつある。

 

そしてアスルルグラナのチームでの時間を振り返った。

 

「コロナウイルスと闘う全過程で、私は多くの人々の支えに気付いた。バルセロナは私のことを忘れていないことを見せてくれたし、心配して声をかけてくれた。サンドロ・ロセイ前会長にも声をかけて頂いた。それは私を大いに助けてくれたよ」とレチベルは語っている。

 

バルサ出身の彼は、「バルサでのキャリアは、自分の夢を叶えたステージだと思っている。明らかに私はそこに馴染めていなかった。私はフランク・ライカールトの態度が好きではなかった。初日から彼は私を必要としていない、彼は私を頼りにしていないことが分かった」と振り返った。

 

他の最近のインタビューでレチベルは「ゆっくりと自分らしさを取り戻しつつあり、毎日体調が良くなっている」と説明している。

 

プレースタイル

Rüştü Reçber | 2001-2002 | Fenerbahçe / Türkiye

シュートストッパーとしての才能には定評があり、優れたポジション感覚を持っていた。

 

長身を活かしてハイボールにも対応でき、 反射神経が強く、ディフレクト能力にも優れていた。

 

ゴールキックやバックパスのクリアも得意だった。

 

PKストッパーとして知られ、UEFAユーロ2008準々決勝のクロアチア戦でのパフォーマンスは、UEFAから英雄的なパフォーマンスと評された。

 

UEFA Training Groundシリーズのビデオに「Rüştü’s Turkish Delight」というタイトルで登場し、ペナルティの達人と評された。

 

エキセントリックなGKで、カリスマ的な性格も目立っていた。

 

外見的には、長髪と目の下のアンチグレアペイントが目立っていた。

タイトルとURLをコピーしました