アンゲロス・ハリステアス

概略

Soccer Legend : Angelos Charisteas
国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
生年月日 1980年2月9日(41歳)
出身地 ストリモニコ
身長 191cm
体重 82kg

 

Angelos Charisteas

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

ギリシャ代表歴代得点ランキング2位につけるストライカー。

 

EURO2004でギリシャをメジャータイトル初優勝に導いた立役者。

 

決勝戦では開催国ポルトガルをヘディング一発で沈めた。

 

獲得タイトル

クラブ

ブレーメン
  • ブンデスリーガ : 2003-04
  • DFBポカール : 2003-04
アヤックス
  • ヨハン・クライフ・スハール : 2005-06
  • KNVBカップ : 2005-06

バイヤー・レバークーゼン

  • DFB-ポカール準優勝:2008–09
シャルケ
  • DFBポカール : 2010-11

代表

ギリシャ
  • UEFA欧州選手権 : 2004

個人

  • UEFAユーロ2004:UEFAチームオブトーナメント

 

経歴

クラブ
クラブ 出場 (得点)
1997-2002 ギリシャの旗 アリス・テッサロニキ 87 (19)
1998-1999 ギリシャの旗 アシナイコス (loan) 7 (1)
2002-2005 ドイツの旗 ブレーメン 66 (18)
2005-2006 オランダの旗 アヤックス 31 (12)
2006-2007 オランダの旗 フェイエノールト 28 (9)
2007-2010 ドイツの旗 ニュルンベルク 57 (8)
2009 ドイツの旗 レヴァークーゼン (loan) 13 (1)
2010 フランスの旗 アルル・アヴィニョン 6 (0)
2011 ドイツの旗 シャルケ 4 (1)
2011-2012 ギリシャの旗 パネトリコス 24 (4)
2013 サウジアラビアの旗 アル・ナスル 7 (1)
1997-2013 通算 330 (74)
代表歴
2001–2011 ギリシャの旗 ギリシャ 88 (25)

 

クラブ

 

ノンリーグのストリモニコス・セロンで数年間プレーした後、ギリシャのアリス・テッサロニキでプロとしてのキャリアをスタートさせた。

 

1997-98年にギリシャ2部リーグを制覇したアリスでは、最初のシーズンから頭角を現し、9試合に出場して2得点を挙げた。

 

ハリステアスは、ギリシャのトップリーグでの最初のシーズンで好成績を収め、テッサロニキのライバルであるPAOKとのダービーで2得点を挙げ、さらに注目を集めた。

 

このストライカーは、アルファ・エスニキで12試合(うち6試合は交代要員)に出場した後、1998-99年にアティナイコスにレンタル移籍した。

 

翌シーズンにアリスに戻り、19歳のときにセルタ・デ・ビーゴに敗れたUEFAカップで欧州デビューを果たした。

 

ハリステアスは継続的に成長し、2000-01年のシーズンには7ゴールを挙げた。

 

2002年夏、ドイツ・ブンデスリーガのヴェルダー・ブレーメンに移籍した。

 

ブンデスリーガでは31試合に出場して9ゴール、UEFAカップでは4試合で2ゴールを記録した。

 

2003-04シーズン、ヴェルダー・ブレーメンはブンデスリーガとドイツカップを制覇し、ハリステアスは24試合に出場して4ゴールを挙げた。

 

2004年9月29日に行われたチャンピオンズリーグのバレンシア戦では、2-1の勝利に貢献した。

 

2004年12月、ハリステアスは500万ユーロ近い移籍金でオランダのアヤックスに移籍した。

 

ギリシャ代表のオットー・レーハーゲル監督は、2005年1月の移籍市場で、ハリステアスにもっとトップチームで活躍するために他のクラブに移籍することを公に勧めていた。

 

アヤックスは、ユヴェントスに売却されたスウェーデン代表ストライカー、ズラタン・イブラヒモビッチの後継者を探していたので、その条件にぴったりだった。

 

ハリステアスは、2005年1月23日のFCユトレヒト戦でアヤックスにデビューし、その4日後のSCヘーレンフェーン戦で初ゴールを決めた。

 

その4日後に行われたSCヘーレンフェーン戦で初ゴールを決めたが、シーズン中には3試合しか出場できなかった。

 

2005-06シーズンには、ヴィテッセ・アーネム戦での後半の勝ち越しゴールを含め、8ゴールを挙げた。

 

しかし、アヤックスが2-1で敗れたチャンピオンズリーグの試合で、アーセナルのコロ・トゥーレと衝突して頭部を負傷したため、ギリシャのワールドカップ予選での重要な試合を欠場したのである。

 

アヤックスのヘンク・テンカテ新監督のもと、ハリステアスはクラース=ヤン・フンテラール、ライアン・バベル、マルクス・ローゼンベルグ、ライデル・ポエポンに続く5番目のストライカーとして起用された。

 

テンカテは、ハリステアスは4-4-2フォーメーションには最適なストライカーだが、アヤックスで採用されている4-3-3フォーメーションには向いていないと説明した。

 

ハリステアは、イギリスかドイツへの移籍しか考えていないと言っていたが、夏の移籍市場の最終日である2006年8月31日、ロッテルダムの宿敵フェイエノールトと契約した。

 

この移籍はロッテルダムで大きな反響を呼び、「自分たちのクラブにアヤックスの選手はいらない」という軍団の一部が、デ・カップで「Wij willen geen neus」というチャントで移籍に抗議した。

 

デ・カップに抗議し、会長のヨリエン・ファン・デン・ヘリックの辞任を要求した。

 

こうした抗議活動にもかかわらず、ハリステアスは9月10日のスパルタ・ロッテルダム戦でフェイエノールトの一員としてデビューし、フル出場を果たした。

 

そして、10試合目にして新天地での初ゴールを決めたのである。

 

一部のファンを納得させることができたようだが、ハリステアスはフェイエノールトのサポーターと良好な関係を築くことはできなかった。

 

このシーズン、ハリステアスはフェイエノールトで28試合に出場し、9ゴールを挙げた。

 

2007年7月6日、1.FCニュルンベルクは、フェイエノールトとの契約を確認し、250万ユーロの4年契約でハリステアスを獲得した。

 

4部リーグのSCヴィクトリア・ハンブルグとの6-0の大勝で、公式戦でのチーム初の2ゴールを決めた。

 

2009-10年のシーズン初めには、昇格したニュルンベルクに復帰。

 

2010年3月12日、ヘルタBSCとのアウェイ戦で1-2の勝利を収め、ニュルンベルクの降格回避に貢献した後、オットー・レーハーゲルから2010年ワールドカップのギリシャ代表に招集され、シーズン初ゴールを挙げた。

 

2009年2月2日には、バイヤー・レバークーゼンにシーズン終了までレンタルされ、ドイツカップの決勝進出に貢献した。

 

2010年8月10日、ハリステアスはチームメイトのアンジェロス・バシナスとともにアルル・アヴィニョンと契約した。

 

2010年8月21日、1-2でアウェイのトゥールーズ戦に敗れ、デビューを果たした。

 

2011年1月30日、シャルケ04に移籍しました。

 

ハリステアは、2011年6月30日に、今シーズン終了までの契約を結びました。

 

シャルケでのデビュー戦となったアイントラフト・フランクフルト戦では、ホームで2-1の勝利を収め、2点目のゴールを決めました。

 

このゴールは、ピッチに立ってからわずか52秒で決めたファーストタッチでした。

 

2011年4月13日、シャルケで2010-11UEFAチャンピオンズリーグの準決勝に進出し、準々決勝で優勝候補のインテルを破った。

 

2011年5月21日、ハリステアスはシャルケ04でドイツカップを制覇した。

 

2011年7月27日、シャリステアスは、スーパーリーグに昇格したばかりのパネトリコスに1年契約で加入した。

 

2011年9月14日、ホームで行われたアステラス・トリポリス戦で1-0の勝利を収め、勝利のためのゴールを決め、シーズン初ゴールを記録した。

 

2013年2月17日付のコリエレ・デロ・スポルト紙でインテル・ミラノからの関心が報じられた後、ハリステアスはアル・ナスルFCと1年半の契約を結びました。

 

ハリステアスは、2013年2月22日に行われた2012-13サウジ・クラウン・プリンス・カップの決勝戦、アル・ヒラルFC戦でデビューを果たしました。

 

この試合では、90分後にPKが課せられ、ハリステアスは4つ目のPKを外した。

 

その後、現役を引退。

 

代表

 

ギリシャのU-21チームのレギュラーとして活躍していたハリステアスは、2001年2月のロシア戦(3-3の引き分け)でA代表にデビューしました。

 

この日、彼はギリシャ代表のゴールのうち2つを決め、すぐにチームに影響を与えました。

 

その後もゴールを量産し、最終的にはユーロ2004への出場権を獲得した。

 

ユーロ2004では、グループリーグのスペイン戦、準々決勝のフランス戦、そして決勝のポルトガル戦での決勝ゴールと、3つのゴールを決めて優勝に貢献しました。

 

チームへの貢献と大会での活躍が認められ、ユーロ2004のオールスターチームに選出されたほか、2004年のバロンドール賞にもノミネートされたが、得票数は11位だった。

 

ユーロ2008の予選で、ハリステアスは3ゴールを決め、2試合を残してギリシャの自動出場権獲得に貢献しました。

 

その後、彼はユーロ2008で活躍した数少ないギリシャ人選手の一人となり、2-1で敗れたスペイン戦ではディフェンディングチャンピオン相手に唯一のゴールを決めた。

 

また、2010年FIFAワールドカップ予選では、母国で4ゴールを決めた。

 

ギュルカス・セイタリディス、コスタス・カツウラニス、ゲオルギオス・カラグーニス、ゴールキーパーのコスタス・チャルキアスとともに、欧州選手権とワールドカップに2回ずつ出場した唯一のギリシャ人選手となった。

 

ハリステアスは、2011年10月8日のクロアチアとの予選で再び招集され、2011年10月11日のグルジア戦では、85分に決勝ゴールを決め、2-1で勝利し、ギリシャはユーロ2012選手権に出場することになりました。

 

このゴールにより、ハリステアスは欧州選手権の予選で3回、ワールドカップでは3回連続して得点を決め、ギリシャ代表では唯一のスコアラーとなりました。

 

また、ハリステアスは、引退したニコス・アナストプーロスよりも4ゴール少ない25ゴールを記録し、ギリシャ代表で2番目の得点王となった。

 

エピソード

サッカー選手として活躍していた頃のハリステアは、余暇にブズーキを演奏することで知られていた。

 

2019年、ハリステアは前所属クラブのスポーツディレクターに就任。

 

史上最大の番狂わせEURO2004

 

2004年7月4日、サッカー界の歴史上でも最大の番狂わせの一つだと言われる偉業が実現された。

 

ギリシャ代表がEURO2004で優勝を飾った日だ。

 

1994年にはワールドカップ初出場を果たしたとはいえ3戦全敗に終わり、その後はまた大舞台から遠ざかる時期が続いていたギリシャ。

 

EURO2004では6大会ぶりに予選を突破したが、本大会での好成績が期待されるチームではなかった。

 

大会時点でのFIFAランキングも出場16チーム中下から3番目であり、組み合わせ抽選でも「ポット4」。

 

イタリアなどでプレーする数人の主力選手はいたが目立ったスター選手を擁しているわけでもなく、開催国のポルトガルと隣国スペインが同居するグループリーグでの敗退がほぼ確実視される下馬評だった。

 

だが大会開幕戦でホームのポルトガルを破ったギリシャは、続く第2戦もスペインとドロー。

 

ロシアには敗れたが決勝トーナメント進出を果たし、堅守速攻を武器にフランス、チェコをいずれも1-0で下して決勝にまで駒を進めた。

 

その決勝では開催国ポルトガルと再戦。

 

若き日のクリスティアーノ・ロナウドや、ルイス・フィーゴ、マヌエル・ルイ・コスタ、デコらを擁するポルトガルが、ホームの観客の後押しを受けて開幕戦の借りを返し優勝…と予想された筋書きも裏切ったギリシャは、CKからのボールに頭で合わせたFWアンゲロス・ハリステアスの1点を守り抜き、またも零封で国際大会初タイトルを勝ち取って世界を驚かせることになった。

 

2007年1月、ハリステアスはオランダのサッカー雑誌「Voetbal International」に、ユーロ2004での優勝は世界中のどんなお金にも変えられない信じられない経験だったと語った。

 

「50年後でも、ギリシャをヨーロッパのチャンピオンにしたゴールを決めたことを誰もが覚えているだろう。私たちは歴史に名を残し、私の人生はその時点で完全に変わりました」。

 

プレースタイル

 

191cmの大型センターフォワード。

 

空中戦では無類の強さを発揮するのはもちろん、スピードもあるのでウインガーとして使われることもある。

 

ただし、やはり一番はセンターフォワードで使われたときだ。

 

マーカーを制しての強烈な空中ヘッドに加え、無理な体勢でも枠を捉える左右のシュートで得点をする。

タイトルとURLをコピーしました