ギオルゴス・カラグーニス

概略

国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
生年月日 1977年3月6日(44歳)
出身地 ピルゴス
身長 176cm
体重 74kg

 

Giorgios Karagounis

 

ポジションはミッドフィールダー(センターハーフ)。

 

利き足は右。

 

長きに渡りギリシャ代表を牽引したセンターハーフ。

 

代表最多出場記録を保持している。

 

EURO2004でギリシャの優勝に大きく貢献した。

 

 

獲得タイトル

クラブ

パナシナイコスFC
  • ギリシャ・スーパーリーグ:1995-96, 2009–10
  • ギリシャカップ:2009-10
インテル・ミラノ
  • コッパ・イタリア 2004, 2005

代表

ギリシャ代表
  • UEFA欧州選手権:2004
  • 欧州U-21選手権:準優勝1998

 

経歴

Giorgos Karagounis – Greece
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1996-2003 ギリシャの旗 パナシナイコス 118 (25)
1996-1998 ギリシャの旗 アポロン・スミルニ (loan) 55 (9)
2003-2005 イタリアの旗 インテル・ミラノ 21 (0)
2005-2007 ポルトガルの旗 ベンフィカ 45 (3)
2007-2012 ギリシャの旗 パナシナイコス 133 (16)
2012-2014 イングランドの旗 フラム 39 (2)
代表歴
1996-1999 ギリシャの旗 ギリシャ U-21 39 (11)
1999-2014 ギリシャの旗 ギリシャ 139 (10)

 

クラブ

 

カラグーニスは、1996年にパナシナイコスからアポロン・スミルニにレンタル移籍し、プロとしてのキャリアをスタートさせた。

 

アテネを本拠地とするこのクラブでの最初の数年間は、中盤の中央で精力的にプレーし、ゴールも決められる選手として、すでにその才能を発揮していた。

 

アポロンで2シーズンを過ごした後、1998年に母体であるパナシナイコスに戻り、そこでサッカーを学んだ。

 

パナシナイコスでは、その後5年間、トップチームに定着した。

 

パナシナイコスは、ボールフィクススキャンダルを含むいくつかの物議を醸す理由により、彼の在籍期間中にアルファ・エスニキのタイトルを獲得することはできなかったが、チームは常にタイトル争いをしており、UEFAチャンピオンズリーグとUEFAカップの両方で好成績を残し、カラグーニスはチームのために重要なゴールを決めた。

 

グリーンズでの最初のシーズン、2000-01年には、リーグ戦24試合で6回の得点を記録した。

 

UEFAチャンピオンズリーグでは、パナサナイコスの全12試合に出場し、オールド・トラフォードでのマンチェスター・ユナイテッド戦では、直接フリーキックから記念すべきゴールを決めた。

 

翌シーズン、アポストロス・ニコライディス・スタジアムで行われたアーセナル戦で、カラグーニスはデビッド・シーマンをヘディングで倒して素晴らしいゴールを決め、チームのチャンピオンズリーグ準々決勝進出に貢献した。

 

2003年夏、カラグーニスはパナシナイコスを離れ、イタリア・セリエAのインテルに移籍した。

 

インテルでの最初のシーズンは、リーグ戦ではレギュラーではなく、主にヨーロッパやコッパ・イタリアの試合に出場していた。

 

イタリアでの最初のシーズンを終えたとき、カラグーニスは多くの時間を交代要員として過ごしたにもかかわらず、インテルは不本意な4位にとどまり、街のライバルであるミランがタイトルを獲得した。

 

しかし、UEFAユーロ2004ポルトガル大会では、ギリシャ代表として招集されるほどの活躍を見せた。

 

この大会でギリシャの優勝に貢献した後、2004-05シーズンにイタリアに戻った。

 

ロベルト・マンチーニ監督の下、再びセリエAの試合よりも欧州や国内のコッパ・イタリアの試合で主に起用された。

 

2004-05シーズンのコッパ・イタリアでは、決勝でインテルがローマを破るのに貢献し、優勝した。

 

2004-05シーズン終了時点で、インテルはセリエAで3位となり、ユベントスがタイトルを獲得した。

 

また、チャンピオンズリーグでは準々決勝に進出したが、ミランに敗れた。

 

2005年、カラグーニスはポルトガルに渡り、ベンフィカと3年契約を結びました。

 

ベンフィカは、彼がユーロ2004決勝で優勝したスタジアムであるエスタディオ・ダ・ルスを本拠地としています。

 

ポルトガルでは、シャフタール・ドネツク戦、デスポルティーボ・ダス・エイブス戦でのフリーキックなど、印象的な長距離ゴールを決めている。

 

カラグーニスのベンフィカでの最初のシーズンは、トップチームのレギュラーとして定着するのに苦労した。

 

ベンフィカでは、パナシナイコス時代にカラグーニスを知っていたフェルナンド・サントスが監督を務めており、ファンの人気を集めた。

 

ベンフィカで成功を収めた後、カラグーニスは再びパナシナイコスの一員としてギリシャでプレーする準備ができたようだった。

 

カラグーニスは、2010年にエスタディオ・ダ・ルスに戻り、ベンフィカのオールスターズチームの一員として、ジネディーヌ・ジダンやロナウドを含むチームとのチャリティーマッチに出場した。

 

カラグーニスのベンフィカとの契約は2008年7月に満了する予定だったが、個人的な問題から即時退団の交渉が行われた。

 

2007年夏に放出された後、カラグーニスはすぐにパナシナイコスに戻り、その後3年間の契約を結んだ。

 

彼はすぐに再びチームに定着し、特にヨーロッパで重要なゴールを決めた。

 

アテネでの獲得がクラブの新時代の幕開けとなったことで、カラグーニスはクラブレベルだけでなく、ギリシャを代表する選手としても頭角を現した。

 

代表チームのキャプテンとしての地位を確立したのである。

 

2009年9月3日、カラグーニスは2012年まで契約を延長し、クラブでキャリアを終えたいと述べた。

 

チームのキャプテンとして、2度目のスーパーリーグ優勝とギリシャカップを獲得した。

 

79分にカラグーニスが放った一撃により、パナシナイコスはグループFでUEFAヨーロッパリーグの勝ち点3を獲得した。

 

2012年9月11日、カラグーニスはパナシナイコスを退団し、イングランド・プレミアリーグのフラムにフリーで移籍した。

 

カラグーニスは、ニコス・ダビザス、ステリオス・ジャンナコプーロス、ヴァシリオス・ラキス、テオドロス・ザゴラキス、アンゲロス・バシナス、コスタス・チャルキアスに続いて、ユーロ2004優勝チームからプレミアリーグでプレーする8人目のギリシャ人選手となった。

 

フラムのモッツパー・パーク・トレーニング・グラウンドで、カラグーニスは、「フラム・フットボール・クラブと契約できたことを嬉しく思い、イングランドとプレミアリーグでの新しい挑戦に興奮しています。マルティン・ヨル監督の下で働き、このクラブの素晴らしい選手たちと一緒にプレーすることを楽しみにしています」とコメントした。

 

フラムのマルティン・ヨル監督は、「ジョルゴス・カラグーニスは、クラブと国際的に豊富な経験を持っており、今シーズンから我々に加わってくれたことを嬉しく思っています。彼はクラブチームで影響力のある選手であり、ギリシャの最多キャップ選手になろうとしていることから、世界のサッカー界では有名な選手です。彼は我々のチームに多くの資質をもたらしてくれます」とコメント。

 

2012年9月29日に行われたマンチェスター・シティ戦(クレイヴン・コテージ)で、クリス・ベアードに代わって81分から出場し、デビューを果たした。

 

2013年1月5日、FAカップのブラックプール戦で、80分に「見事な25ヤードのハーフボレー」でイングランドでの初ゴールを決めたが、これはクロスバーの下側に当たってしまい、試合は1-1で終了した。

 

FAカップでの活躍から1週間後の2013年1月12日、ウィガン・アスレティック戦で22分にプレミアリーグ初ゴールを決めた。

 

カラグーニスは、2012-13年のシーズン終了時にフラムから放出された12人の選手のうちの1人だったが、2013年7月9日、カラグーニスは1年契約を結び、フラムに復帰した。

 

コッテジャーズでの2シーズン目、カラグーニスはリーグカップのレスター・シティ戦で4-3の敗戦を喫し、残り3分で同点に追いついて唯一のゴールを決めたが、レスターの後半の勝ち越しゴールを防ぐことはできなかった。

 

カラグーニスはシーズンを通して筋肉の問題に苦しんだが、2014年4月19日、トッテナム・ホットスパーとのアウェイ戦で3-1の敗北を喫し、クラブでの最後の試合に代役として出場した。

 

フラムはシーズン終了後、プレミアリーグから降格した。

 

カラグーニスは、2014年の夏にフラムから放出され、そのまま現役引退した。

 

代表

 

1998年のUEFA U-21選手権にギリシャ代表のキャプテンとして出場したカラグーニスは、優勝まであと一歩のところまで迫りましたが、決勝でスペインに1-0で敗れました。

 

その後、彼はすぐにA代表チームのレギュラーになった。

 

1999年のエルサルバドル戦で国際試合に初出場し、2002年FIFAワールドカップの予選にも出場した。

 

彼の国際的なキャリアのハイライトは、間違いなくEuro2004でギリシャ代表としてUEFA欧州選手権を制覇したことであろう。

 

ギリシャ代表の中心選手として活躍し、ポルトガル戦で大会初ゴールを決めたのは有名な話である。

 

UEFA EURO 2004では開幕戦となったポルトガル代表戦で前半7分にパウロ・フェレイラのミスパスをインターセプトし、そのままミドルシュートを決めて先制点を挙げている。

 

このゴールは同大会を通じて最初のゴールとなった。

 

この見事な長距離シュートはホスト国に衝撃を与え、ギリシャが試合に勝って大会を勝ち進むために必要な自信を与えた。

 

ユーロ2004で優勝した後も、カラグーニスはギリシャ代表として2005年のFIFAコンフェデレーションズカップ、2006年のワールドカップ予選、ユーロ2008の決勝でレギュラーとして活躍した。

 

2008年3月26日、カラグーニスはデュッセルドルフで行われたギリシャ対ポルトガルの親善試合に参加した。

 

カラグーニスは、2008年3月26日にデュッセルドルフで行われたギリシャとポルトガルの親善試合に出場し、ほぼ同じタイミングで2本のフリーキックを決めて、ギリシャに2-1の勝利をもたらした。

 

カラグーニスは、ギリシャ代表のキャプテンとして、2010年のワールドカップ出場に貢献した。

 

2010年10月8日に行われたラトビア戦では、キャプテンとしてナイジェリアと対戦し、2-1で勝利を収め、ワールドカップ初勝利を挙げた。

 

2010年10月8日、ラトビア戦でカラグーニスは国際試合出場100回を達成し、かつてギリシャでチームメイトだったアンゲロス・バシナスの記録に並びました。

 

2010年10月12日、カラグーニスは101回目の出場を果たし、ギリシャのサッカー史上、テオドロス・ザゴラキスに次いで2番目に多くのキャップを持つ選手となり、イスラエル代表との試合で7ゴール目を決めました。

 

2011年10月7日、カラグーニスは、ザゴラキスとバシナスから、ギリシャ代表として111試合に出場したことを表彰されました。

 

授与式は、ギリシャのクロアチア戦のキックオフ前に、アテネのカライスカキス・スタジアムで行われました。

 

2012年6月8日、ポーランドはユーロ2012の開幕日にギリシャと対戦しました。

 

ポーランドのGKヴォイチェフ・シュシェチュニーがギリシャ代表のディミトリス・サルピンギディスにファウルを犯し、シュシェチュニーにレッドカードが出された。

 

カラグーニスは、交代したGKプシェミスワフ・ティトニに対してPKを獲得したが、ティトニはカラグーニスのPKをセーブした。

 

2012年6月16日、カラグーニスはグループAの最終戦であるロシア戦に先発出場し、テオドロス・ザゴラキスとともに、ギリシャの最多キャップ数120を記録しました。

 

この試合で、カラグーニスはハーフタイムの瞬間に唯一のゴールを決めた。

 

これにより、ギリシャは次のステージへの出場権を獲得した。

 

後半はドラマチックな展開ではなかったが、話題性のある試合だった。

 

重要なゴールを決めた後、カラグーニスはロシアのボックスに猛ダッシュした。

 

しかし、その足がロシアのディフェンダーに引っかかってしまったのだ。

 

カラグーニスはPKだと主張したが、主審は納得せず、シミュレーションの判定を下した。

 

カラグーニスは今大会2枚目のイエローカードをもらい、準々決勝を欠場することになった。

 

2012年10月12日、2014年ワールドカップ予選のボスニア・ヘルツェゴビナ戦で、カラグーニスは後半に出場し、母国代表として121回目の出場を果たしました。

 

この試合で、ザゴラキスを上回るギリシャ代表最多キャップ記録を樹立しました。

 

また、サッカーのリヒテンシュタイン代表戦では、フリーキックによるゴールを決めました。

 

カラグーニスは、予選リーグでも刺激的でエネルギッシュな役割を果たし、3度目のワールドカップ決勝進出に貢献した。

 

37歳の彼の出番は減ってきているものの、その影響力はギリシャにとって大きなものでした。

 

パナシナイコスとベンフィカでカラグーニスと一緒に仕事をしたことのあるギリシャのヘッドコーチ、フェルナンド・サントスは、このベテランの持つ確かな技術を高く評価している。

 

ワールドカップ2014のコスタリカ対ギリシャ戦で、カラグーニスはレギュラータイム90分、延長戦30分の計120分すべてに出場した。

 

カラグーニスは、ギリシャがワールドカップでコスタリカにPK戦で敗れて敗退した後、国際サッカーから引退した。

 

1999年にデビューして以来、15年間で139試合に出場し、同国の最多キャップ保持者として去っていきました。

 

コスタリカ戦でゴールを決めたギリシャ代表のDFソクラティス・パパスタソプーロスは、去りゆくリーダーに敬意を表しました。

 

“彼は自分自身の物語を書いている……彼は(キャップ数の)記録保持者であり、チームのためにすべてを捧げ、そのために譲歩しなければならなかった……。彼は我々に未来への遺産を残してくれた。彼が心配する必要はありません。”とコメント。

 

プレースタイル

 

主に中盤のセンターを担当する。

 

サッカー選手としては大柄ではないながらも、ピッチ上で根気強く動き回る労働者として、またスピードと高いテクニックを生かしたドリブル、パスやセットプレーのキックにも優れた選手として知られる

 

彼は、フィールド上でのタフで厳しいプレーでよく知られていた。

 

「将軍」と呼ばれたミミス・ドマゾスと比較されることも多かった。

 

カラグーニスは、ドリブルや独創的なパス、特にロングパスの精度の高さで知られていた。

 

カラグーニスは、「中盤で献身的に働き、優れたセットプレーを提供する選手」と評されていた。

 

キャリアの中で、彼はヨーロッパで最も優れたセットプレーヤーの一人であった。

 

ドリブルは彼の強みのひとつであり、カラグーニスは自らフリーキックを獲得するだけでなく、時折、不安定になる攻撃にエネルギーを供給することができたのである。

 

また、遠距離からのシュート能力もあり、多彩な攻撃の才能と中盤でのアグレッシブさを兼ね備え、ボールを奪い返すだけでなく、足元でもボールを生み出すことができた。

 

どんな時にもチームメートを奮い立たせる力を持ったカラグーニスは、ギリシャ代表チームの重要な一員であるとともに、キャプテンにもふさわしい存在である。

 

ギリシャサッカー史上最大の試合となったEURO2004決勝こそ出場停止のため逃したものの、“エスニキのマエストロ”は近年のギリシャ代表の成功の大部分に大きな貢献を果たしてきた。

タイトルとURLをコピーしました