エヤル・ベルコビッチ

概略

Assists and a goal by Eyal Berkovic- Westham 98/99 season
国籍 イスラエル
生年月日 1972年4月2日(49歳)
出生地 レグバ、イスラエル
身長 170 cm
体重 66kg

 

Eyal Berkovic

 

ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ)。

 

利き足は右。

 

イスラエルが生んだ鬼才。

 

1990年代から2000年代を代表するイスラエル代表の司令塔。

 

マンチェスター・シティなどで活躍した。

 

獲得タイトル

クラブ

マッカビ・ハイファ

  • リーガLeumit:1990-1991、1993-1994
  • イスラエルカップ:1990-1991、1992-1993、1994-1995
  • トトカップ:1993–94

セルティック

  • スコティッシュリーグカップ:1999–2000

ブラックバーンローバーズ

  • フットボールリーグ1部準優勝:2000–01

個人

  • イスラエルサッカー選手オブザイヤー:1994

 

経歴

Eyal Berkovic first season at Manchester City 01/02-part 1
クラブ
チーム 出場 得点
1989–1996 マッカビ・ハイファ 128 (25)
1996–1997 →サウサンプトン(ローン) 28 (4)
1997〜 1999年 ウェストハム・ユナイテッド 65 (10)
1999–2001 セルティック 32 (9)
2001年 →ブラックバーン・ローバーズ(ローン) 11 (2)
2001〜 2004年 マンチェスター・シティ 56 (7)
2004〜2005 ポーツマス 22 (2)
2005〜 2006年 マッカビ・テルアビブ 25 (2)
合計 367 (61)
代表歴
1990年 イスラエルU18 1 (0)
1991–1993 イスラエルU-21 11 (1)
1992–2004 イスラエル 78 (9)

 

クラブ

 

ベルコビッチは1989年にマッカビ・ハイファでキャリアをスタートし、1996年までプレーしました。

 

1990-91年と1993-94年にはリーグ優勝、1990-91年にはダブル優勝を含むステートカップを3度制覇した。

 

同クラブでの活躍により、イスラエル代表にも招集され、1993-94年シーズンには最優秀選手賞を受賞した。

 

1996-97シーズン、ベルコビッチはイングランドのサウサンプトンに1シーズンのレンタル移籍をした。

 

彼は大きな影響力を発揮し、1996年のマンチェスター・ユナイテッド戦では2得点、3アシストを記録し、6-3の勝利に大きく貢献したのであった。

 

翌シーズン、ハリー・レドナップ監督と契約し、175万ポンドでウェストハム・ユナイテッドに移籍し、2シーズンプレーした。

 

ウェストハムのファンに好かれ、1997年8月13日のアップトン・パークでのデビュー戦では、トッテナム・ホットスパーとの対戦で2-1の勝利を決定づけるゴールを決め、瞬く間にファンのヒーローとなった。

 

全てのコンペティションで79試合に出場し、12ゴールを記録した。

 

ストライカーのジョン・ハートソンは、ベルコビッチのアシストに助けられ、ウェストハムで1997-98年のシーズンに活躍した。

 

2人の練習場での喧嘩では、ベルコビッチが足を殴った後、ハートソンがベルコビッチの頭を蹴った。

 

この事件はカメラに収められていた。

 

ベルコビッチはこの事件について「もし私の頭がボールだったら、ネットの上隅に入っていただろう」と語っている。

 

ハートソンはこの事件で2万ポンドの罰金と3試合の出場停止処分を受けた。

 

この事件の直後、彼はジョン・バーンズが監督を務めていたセルティックと575万ポンドで契約した。

 

1999年11月、ハーツの本拠地であるタインキャッスルでプレーしていたベルコビッチは、ハーツのファンから宗教的な嘲笑を受けた。

 

スコットランドのクラブで2年間プレーし、10ゴールを挙げたが、マーティン・オニールが監督に就任した際に彼をチームから外したため、ベルコビッチはイングランドに戻り、2000-01シーズンにブラックバーン・ローヴァーズにレンタル移籍した。

 

ベルコビッチのブラックバーンへのレンタル移籍は永続的な契約には至らなかった。

 

翌年、マンチェスター・シティのケビン・キーガン監督が期限付き移籍で契約した。

 

スコットランドでの任期中、ベルコビッチはセルティックのファンを魅了するのに苦労した。

 

2001年7月、ベルコビッチは150万ポンドでマンチェスター・シティに移籍した。

 

2001年8月にデビューし、ホームのワトフォード戦で3-0の勝利を収め、1ゴールを決めた。

 

ベルコビッチが復帰すると、シティのチームは2人のプレーメーカーを使って3-5-2のフォーメーションを組み、ケビン・ホーロックを中盤のアンカーとして起用するようになった。

 

このフォーメーションは成功し、シティは勝ち点99、記録的な108ゴールを挙げて、見事に昇格を果たしたのである。

 

FAカップで当時プレミアシップのイプスウィッチ・タウンと対戦した際、ベルコビッチはコーナーからベナルビアがお膳立てしたボレーゴールを決め、シティは上のリーグのチームを4-1で破った。

 

シティがプレミアシップに所属していた翌シーズン、ベルコビッチは1996-97シーズンにもサウサンプトンが6-3で撃破した地元のライバルチーム、マンチェスター・ユナイテッドを3-1で破るのに貢献し、2ゴールを挙げた。

 

2人のプレーメーカーでプレーするという戦術は、プレミアシップでも継続されたが、シティは良いプレーをしていたものの、結果はあまり好ましくなく、キーガンはその後、ベルコビッチを唯一のプレーメーカーとしてプレーすることにした。

 

ベルコビッチは、2002-03シーズンのマンチェスター・シティのプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、クラブの雑誌に掲載された。

 

ベルコビッチは、メインロードで行われたリーグカップのクルー・アレキサンドラ戦で、女性ファンに「喉を掻き切る」ジェスチャーをしたところ、シティの一部のサポーターから罵声を浴びた。

 

FAはこの事件を調査した。

 

2004年1月、キーガン監督との対立から、50万ポンドでポーツマスに移籍した。

 

ポンペイでの初試合はマンチェスター・シティ戦で、4-2の勝利に貢献した。

 

ポンペイではすぐにトップチームに定着し、元ウェストハム・ユナイテッド監督のレドナップと再会し、彼を「特別なフットボーラー」と評した。

 

ベルコビッチはトッテナム・ホットスパー戦で初ゴールを決めるなど、ポーツマスのFAプレミアリーグ残留に欠かせない存在となった。

 

しかし、リーグ戦のフラム戦やリーグカップのリーズ戦でゴールを決めたものの、2004-05シーズンはレギュラーの座を確保することができず、2005年1月にポーツマスを退団することになった。

 

クリスタル・パレスへの移籍が噂されていたが、自分の生まれた国に戻ることを決めた。

 

マッカビ・ハイファへの復帰を希望したが断られ、ライバルのマッカビ・テルアビブへの移籍を決断した。

 

2005-06シーズンはマッカビ・テルアビブF.C.にとって100周年記念の年であり、クラブは優勝して祝おうとしていたため、イスラエルへの帰還は期待に満ちたものとなった。

 

クラブは、アヴィ・ニムニ、ジョヴァニ・ロッソ、ブレッシング・カク、アヴィ・イェヒェル、オイゲン・トリカなどのスター選手と契約を結び、ベルコビッチと監督は記者会見で、チームはダブル優勝を目指して全力を尽くすと発表した。

 

しかし、シーズンのスタートは良かったものの、好調を維持することができず、タイトル獲得の可能性は低くなり、その結果、監督のニル・クリンガーが解任され、後任にトン・カーネンが就任した。

 

ベルコビッチは、2006年5月7日にサッカー選手としての引退を発表した。

 

代表

 

代表デビューは1992年。

 

チームもエースとして活躍。

 

2004年に代表引退。

 

ベルコビッチは、イスラエル代表として78キャップ、9ゴールを記録しました。

 

エピソード

Eyal Berkovic אמנות המסירה: אייל ברקוביץ

 

マンチェスター・シティ時代の監督であるケビン・キーガンや、ウェールズ出身のストライカーであるジョン・ハートソンなど、様々な監督や選手と衝突したことでも知られる。

 

現役引退後、2006年夏、マッカビ・ネタニヤのゼネラル・マネージャーに就任した。

 

しかし、彼が監督を務めたのは2ヶ月間だけで、その間、彼は試合を監督することはなかった。

 

同氏は、クラブのオーナー兼会長であるダニエル・ジャマーとの仕事上の関係が悪かったために退任したと述べている。

 

ベルコビッチは、2カ月間の間に移籍市場で積極的に監督を務め、マズワ・ンスンブ、リラン・ストラウバー、イタイ・シェクターなど15人の選手と契約した。

 

2014年5月には、ハポエル・テルアビブの監督に就任。

 

2015年1月、クラブオーナーのハイム・ラモンとの関係が悪化したため辞任した。

 

2015年5月11日、ベルコビッチはリーガ・リューミットからハポエル・リション・レジオンのオーナーとなり、38万5000ドルを支払ってクラブの所有権を得た。

 

プレースタイル

eyal berkovic אייל ברקוביץ

古典的な司令塔タイプのパサー。

 

グレアム・スーネスはベルコビッチを「とてつもないパスの持ち主」と評した。

 

中盤前目をフラフラと回遊しつつ、少ないタッチでボールを捌き、急所にスルーパスを放つ、という、現代ではもう少なくなってしまった古典的パサーだった。

 

近年シティではシルバとデ・ブライネがシティの2枚看板だが、ベルコビッチとベナルビアの中盤もそれはそれは美麗なものだった。

タイトルとURLをコピーしました