ミハリス・コンスタンティノー

概略

Μιχάλης Κωνσταντίνου (2001-2005) Όλα τα γκολ με τον Παναθηναϊκό
国籍 キプロスの旗 キプロス
生年月日 1978年2月19日(43歳)
出身地 パラリムニ
身長 188cm
体重 87kg

 

Michalis Konstantinou

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

キプロス史上最高の選手。

 

キプロス代表歴代最多得点記録者。

 

オリンピアコスやパナシナイコスで活躍した。

 

獲得タイトル

クラブ

パナシナイコス
  • ギリシャ・スーパーリーグ : 2003–04
  • キペロ・エラーダス : 2004
オリンピアコス
  • ギリシャ・スーパーリーグ : 2005–06, 2006–07, 2007–08
  • キペロ・エラーダス : 2006, 2008
  • ギリシャ・スーパーカップ : 2007
オモニア
  • キプロス・ファーストディビジョン : 2009-10
  • キプロス・カップ : 2011
  • キプロス・スーパーカップ : 2010

個人

  • キプロス・ファーストディビジョン得点王 : 1996–97
  • キペロ・エラーダスMVP : 2004, 2006

 

経歴

Michalis Konstantinou
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1993-1997 キプロスの旗 パラリムニ 68 (31)
1997-2001 ギリシャの旗 イラクリス 119 (60)
2001-2005 ギリシャの旗 パナシナイコス 94 (34)
2005-2008 ギリシャの旗 オリンピアコス 57 (17)
2008-2009 ギリシャの旗 イラクリス 13 (3)
2009-2011 キプロスの旗 オモニア 59 (34)
2011-2012 キプロスの旗 アノルトシス 15 (3)
2012-2013 キプロスの旗 AELリマソール 19 (6)
1993-2013 通算 444 (188)
代表歴
1998-2012 キプロスの旗 キプロス 85 (32)

 

クラブ

 

パラリムニで生まれた彼は、地元のエノシス・ネオン・パラリムニでプロサッカー選手としてのスタートを切り、1996/97シーズンには25試合で17ゴールを記録し、キプロス選手権の得点王となった。

 

1997年にギリシャのイラクリス・テッサロニキに移籍し、4年間で119試合に出場して61ゴールを記録、UEFAカップにも出場した。

 

2001年、パナシナイコスの3人の選手がイラクリスに移籍した際に、コンスタンティノーは1500万ユーロでパナシナイコスに移籍した。

 

しかし、この若きキプロス人ストライカーの価値は、パナシナイコスが支払った1500万ユーロ(ギリシャのスーパーリーグで選手に支払われた最高額)よりも低いと多くの人が考えていた。

 

パナシナイコスでは、チャンピオンズリーグに出場する機会を得て、攻撃面でのパフォーマンスが高く評価された。

 

彼はポルトガル人選手のパウロ・ソウザや後にロベルト・ジャーニと出会い、パナシナイコスを大会で大きく成長させた。

 

2001/02シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝のバルセロナ戦では、ノウ・カンプのリターンで45mの美しいゴールを決めた。

 

パナシナイコスは、スペイン人に3点差をつけられていたため、準決勝進出を確実にしたように見えた。

 

しかし、バルサは3-1で勝利し、準決勝への進出を果たした。

 

2004/05年には15ゴールを記録した。

 

シーズン終了後、コンスタンティノーはパナシナイコスとの契約を更新しなかった。

 

彼は、より価値の高いリーグでサッカーのキャリアを続け、より良い経験を積むつもりだと述べたからだ。

 

しかし、その夏、彼は海外のクラブとは契約せず、オリンピアコスと契約した。

 

オリンピアコスの選手として、彼は2005/06年にチームと一緒に2冠を達成し、キャリアの中で2度の優勝を果たしました。

 

オリンピアコスがAEKアテネを3-0で下した2005/06シーズンのギリシャカップ決勝では、コンスタンティノーがオリンピアコスの初ゴールを決めた。

 

また、オリンピアコスがAEKアテネに勝利したシーズン初めのリーグ戦では、かつての所属チームであるパナシナイコス戦では3-1とし(試合は3-2で終了)、観客を喜ばせたことも特筆すべき点である。

 

2007年には、オリンピアコスで2年連続のチャンピオンになりました。

 

このシーズンは個人的な怪我や不運が多かったものの、いくつかの重要な試合では好成績を残し、特にチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツクとのアウェイ戦では得点を決めました。

 

2007-2008年シーズンは、怪我に悩まされ、ダルコ・コバチェビッチに先発の座を奪われてしまった。

 

これがオリンピアコスでの最後のシーズンとなった。

 

2008-09シーズン、コンスタンティノーは、1997年にギリシャでキャリアをスタートさせたイラクリスでスタートしました。

 

2008-2009年シーズンの途中からキプロスに移籍し、オモニアでプレーした。

 

2009-2010年シーズンには、ライバルであるAPOEL、Anorthosis、Apollonとのダービーを含め、複数のゴールを決めた。

 

最初のフルシーズンとなった2010年には、チームのリーダーシップと指導者としての役割を果たし、オモニアの20回目のキプロス選手権優勝に貢献した。

 

その後クラブを転々とした後2013年に引退した。

 

代表

 

1998年8月のアルバニア戦で国際デビューを果たし、その後35キャップの間、ほぼ1試合平均でゴールを決めていた。

 

最初の2ゴールは、1999年2月10日、ツイリオン・スタジアムでのサンマリノ戦(最終スコア4-0)。

 

キプロス代表では歴代最多の32得点を挙げている。

 

出場試合数はヨアンニス・オッカスに次いで2位である。

 

プレースタイル

Μιχάλης Κωνσταντίνου (2005-2008) Όλα τα Γκολ με τον Ολυμπιακό

典型的なボックスストライカーで、ボックス内で力を発揮する点取り屋。

 

ヘンディングも上手く、シュートも強烈。

 

パワーがありポストプレイもできる。

タイトルとURLをコピーしました