ジャッキー・ミルバーン

概略

Wor Jackie Milburn Newcastle United
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1924年5月11日
出身地 アシントン
没年月日 1988年10月9日(64歳没)
身長 178cm
体重 80kg

 

Jackie Milburn

 

ポジションはフォワード(センターフォワード、右ウイング)。

 

利き足は右。

 

イングランド・サッカー最高のインナーといわれた伝説的ストライカー。

 

ニューカッスルのレジェンド。

 

同国代表のボビー・チャールトンとジャック・チャールトンは甥にあたる。

 

獲得タイトル

クラブ

ニューカッスル・ユナイテッド

  • FAカップ1950-511951-52、1954-55

リンフィールド

  • アイルランドリーグ優勝1958-19591959-1960
  • アイリッシュカップ1959–60

個人

  • アルスター フットボール選手1957–58

 

経歴

Jackie Milburn, Newcastle United Legend, passes away. October 1988
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1943-1957 イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッドFC 353 (177)
1957-1960 北アイルランドの旗 リンフィールドFC 54 (68)
1960-1962 イングランドの旗 イェウスレーFC
代表歴
1948-1955 イングランドの旗 イングランド 13 (10)

 

ミルバーンがニューカッスル・ユナイテッドの選手として正式に登録されたのは、1938年8月23日のことだった。

 

1943年、ニューカッスルは第二次世界大戦の勃発によりフットボールリーグが中断されていたため、ノーザン・ファースト・チャンピオンシップに参加していた。

 

ミルバーンは契約の翌日に最初のトレーニングに参加し、100ヤードダッシュでアルバート・スタビンスを上回り、すぐに新しいチームメイトに感銘を与えた。

 

ミルバーンは1943年8月28日にバレーパレードで行われたブラッドフォード・シティとの次の試合の選手団に加わった。

 

シーモアはミルバーンの父親を同行させ、ジャッキーはこれを「このような重要な日に自信を持たせるためだった」と後に回想している。

 

ミルバーンは10番のシャツを着てインサイドフォワードで先発出場し、後に「私のキャリアの中で最も記憶に残る瞬間であり、ウェンブリーでの勝利にも及ばない」と回想している。

 

初めて黒と白のジャージを着たときは、何か特別なものを感じた」と語った。

 

ミルバーンとユナイテッドは、緊張したミルバーンが序盤のオープンゴールを大きく外してしまい、2-1で敗れた。

 

ブラッドフォードのゴールは、いずれもハーフバックのジョー・ハービーが決めたものだった。

 

ミルバーンは、あまりインパクトを残せなかったことに落胆し、試合後にシーモアから「君は来週のチームに入れるよ」と慰められたという。

 

復帰戦は1943年9月4日にセント・ジェームズ・パークでブラッドフォード・シティと対戦し、ミルバーンは開始2分で左足のシュートを決め、3-2の勝利に貢献した。

 

後にミルバーンは、「日曜版の新聞には素晴らしいゴールだと書かれていたが、…私は選手の群れの中にボールを見つけ、ダッシュしてボールを叩き込んだ」と回想している。

 

ミルバーンは、サッカーのキャリアと炭鉱での仕事を両立させ続けた。

 

作家のロジャー・ハッチンソンは後にこう説明している。

 

“戦時中のサッカー選手は誰もフルタイムのプロとして数えられなかった」。

 

1943年になると、彼は炭鉱での見習い期間をほぼ終え、ウッドホーン炭鉱に移された。

 

ミルバーンはウッドホーンでの仕事と週に2~3回の夜のトレーニングを組み合わせていた。

 

また、翌日の土曜日にユナイテッドでプレーするために、金曜日にダブルシフトで働くこともあった。

 

サッカー史家のポール・ジョアンヌは、ミルバーンを「プロサッカーの初歩を急速に学んだ未熟な才能」と評している。

 

ミルバーンは当初、左右どちらかのサイドのインサイドフォワードとしてプレーし続けていた。

 

1944-45年のシーズン、ユナイテッドは戦時リーグで54チーム中35位に終わった。

 

そのシーズン、選手不足のため、ミルバーンはニューカッスルの地元のライバルであるサンダーランドに2回ゲスト出場した。

 

1945-46シーズン、ミルバーンは新加入のチャーリー・ウェイマンのために右サイドに移された。

 

ミルバーンは、この移籍に何の問題もないことを公言し、「1試合につき30シリングを受け取ることで、ニューカッスルは私をどのポジションでもプレーさせる権利があることを明確にしなければならない」と述べている。

 

アルバート・スタビンスの活躍とともに、この移籍はユナイテッドのゴールへの力強さを著しく高めることになった。

 

また、ブラッドフォード・シティを11-0、セント・ジェームズ・パークでのストーク・シティ戦を9-1で勝利するなど、他の試合でも勝利を収めた。

 

ミルバーンの天性のスピードは新しいポジションに適していた。

 

一方、ジョアンヌは後に「彼のスピードは常に相手のフルバックを悩ませ、ピンポイントでクロスを打つこともできた」と振り返っている。

 

ミルバーンは自身でもゴールを決め続け、14ゴールを挙げてユナイテッドの得点王第2位となり、ニューカッスルはノーザン・ウォー・リーグで6位となった。

 

ミルバーンは、ニューカッスル・ユナイテッドのウォー・リーグの試合で合計95試合に出場し、38ゴールを記録した。

 

ウォー・リーグの試合は親善試合に指定されているため、これらのゴールは公式にはカウントされない。

 

1946年1月5日に再開されたFAカップの3回戦で、ユナイテッドがバーンズリーとセント・ジェームズ・パークで対戦した際には、ミルバーン、ボビー・カウエル、チャーリー・クロウ、ジョー・ハーヴェイ、チャーリー・ウェイマンら9人の選手のうち5人が試合デビューを果たした。

 

60,284人の観客が見守る中、ミルバーンはクラブでの公式戦初ゴールとなる2得点を挙げ、4-2の勝利を収めた。

 

しかし、このシーズンの試合は2レグ制で行われ、リターンレグではユナイテッドが3-0、合計4-5で敗れた。

 

1946-47年のシーズンには、競争力のあるリーグサッカーが再開された(ただし、ミルバーンはヘーゼルリグ炭鉱のフィッターのままだった)。

 

1946年8月31日、ユナイテッドはミルウォールとの試合に臨んだ。

 

ユナイテッドは4-1で勝利し、ミルバーンと新加入のロイ・ベントレーがクラブでのリーグ戦初ゴールを決め、スタビンスがもう1点追加した。

 

これがスタビンスのユナイテッドでの最後のゴールとなり、スタビンスは9月12日に13,000ポンドでリバプールに移籍した。

 

スタビンスの後任のレン・シャックルトンは、10月5日にセント・ジェームズ・パークでニューポート・カウンティと対戦し、13-0で勝利した際にデビュー戦で6点を決めた。

 

この試合では、ミルバーンも2得点している。

 

勝利数(13)はフットボールリーグの記録として残っている。

 

ミルバーンが右ウイングに配置され、シャックルトンとウェイマンにクロスを供給したことで、ユナイテッドはシーズン開始から1946年のクリスマスイブまでのリーグ戦で3敗しかせず、順位表をリードしていた。

 

しかし、クリスマスに3連敗したことで勢いを失い、1947年の厳しい冬の間、ニューカッスルの調子は明らかに落ち込み、昇格争いから脱落した。

 

1947年3月1日、シェフィールド・ユナイテッドとの準々決勝では、2-0で勝利し、ニューカッスルの2点目のゴールを決めた。

 

結局、ユナイテッドはリーグ戦を5位で終えた。

 

シーズンのほぼ全期間、右サイドでプレーしていたミルバーンは、全大会で27試合に出場し、8ゴールを記録した。

 

1947-48シーズンは、シーモアが退任した後にジョージ・マーティンが指揮を執り、新しい監督で始まった。

 

後にマーティンを「今まで会った中で最も鋭い監督の一人」と評したミルバーンは、渋々この決定を受け入れ、後にこの移籍が「私の人生を変えた」と認めている。

 

緊張で眠れない夜を過ごしたにもかかわらず、次の試合であるバリー戦でミルバーンはハットトリックを決め、5-3で勝利した。

 

その後の2試合でミルバーンはさらに3ゴールを決めた。

 

1948年1月までにミルバーンのゴールによってニューカッスルはリーグ2位になった。

 

ハッチンソンによると、ルートン・タウンは1月3日に到着し、「64,931人のファンとジャッキー・ミルバーンの電撃戦に臨んだ」ミルバーンはハットトリックを決め、サンデー・サン紙はこう書いた。

 

FAカップでチャールトン・アスレティックに敗れ、2月にはシャックルトンのサンダーランドへの売却が物議を醸したが、3月にはミルバーンのゴールでベリーを1-0で下し、ニューカッスルは3位をキープした。

 

1月からシーズン終了まで、ユナイテッドはわずか1試合しか負けておらず、その間のホームでの譲歩はわずか2回で、1試合を残して2位で昇格した。

 

ミルバーンは40試合で20ゴールを挙げ、得点王に輝いた。

 

1948-49シーズンの開幕前、ミルバーンはロイヤル・ヴィクトリア・インファーマリーで外耳炎と診断され、ヘーゼルリグの地下での作業ができなくなったが、地上での作業は続けていた。

 

ピッチ上では、ジョアンヌによると「ミルバーンは爆弾のように爆発した」という。

 

1948年8月25日のチェルシーとの2-2の引き分けでは、シーズン最初のホームゲームで4シーズン連続で得点し、その後のリーグ戦6試合で5得点を記録した。

 

ミルバーンの好調ぶりは、10月9日にイングランド代表として初キャップを記録したほどである。

 

その2週間後、ミルバーンはニューカッスルの役員会に移籍希望を出した。

 

この移籍希望はタインサイドをパニックに陥れたが、スタン・シーモアの介入によりすぐに撤回された。

 

後にミルバーンは、国際的な同僚から「他のクラブに移籍すれば、サッカー以外でも大金が稼げる」と説得されたと説明している。

 

一方、ユナイテッドはトップに戻って楽しんでいた。

 

1948年のクリスマスイブ、ニューカッスルはディビジョン1の順位を1点差でリードしていた。

 

しかし、1949年1月にボビー・ミッチェルとジョージ・ロブレドを獲得し、ミルバーンが好調を維持していたにもかかわらず(アストン・ヴィラでの3-2の勝利でハットトリックを達成するなど)、ユナイテッドはブラッドフォード・パーク・アベニューにFAカップ3回戦で敗退し、4月6日には最終的なチャンピオンであるポーツマスが5-0でセント・ジェームズ・パークを後にしたことで、タイトルへの望みは事実上消滅した。

 

 

ミルバーンは代表での試合のため、この試合には出場しなかった。

 

ニューカッスルは最終的に4位でフィニッシュし、ミルバーンは全試合で19ゴールを挙げ、再びトップスコアを記録した。

 

1949年の夏、ニューカッスル・ユナイテッドはアメリカ遠征に乗り出した。

 

ユナイテッド、そして特にミルバーンの到着は大きく報じられ、『ウィニペグ・フリー・プレス』紙は次のように報じた。

 

“ニューカッスル・ユナイテッドは魔法の名前であり、永遠に光を放つ名前である。

 

ピットの電気技師であり、クラブの現在のセンターフォワードであるジャッキー・ミルバーンは、イングランドのサッカー界で最も速い選手と考えられており、世界トップクラスの選手である」

 

ミルバーンはその評判に応え、10試合のうちユナイテッドは全勝し、ミルバーンは31ゴールを決めた。

 

1949-50年のシーズンは、3連敗と低調なスタートを切ったが、ミルバーンとロブレドがパートナーシップとして成長し始め、ハービーとブレナンが負傷から復帰すると、フォームと結果が改善され始めた。

 

ミルバーンのゴールとデビュー戦のジョージ・ハンナのゴールにより、1949年9月17日、セントジェームズでマンチェスター・シティを4-2で破った。

 

ストーク・シティに4-2で勝利し、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンに5-1で勝利するなど、ハッチンソンが「いくつかの有望な勝利」と評し、ミルバーンがこれらの試合で3得点を挙げたにもかかわらず、ユナイテッドは劣勢のスタートを完全に挽回することができなかったが、リーグタイトルへの挑戦を真剣に脅かすことなく5位でシーズンを終え、FAカップへの関心は4回戦でチェルシーに敗れて終わった。

 

ミルバーンはリーグ戦で18ゴール、FAカップで1ゴールを挙げ、再び得点王に輝いた。

 

ジョアンヌによれば、「彼は今やセンターフォワードの仕事に慣れ、役割を果たし、国の新たな新星となった」という。

 

ミルバーンは1950年のワールドカップの悔しさを忘れ、1950-51シーズンのニューカッスルの開幕戦でストーク・シティを破るのに貢献し、2得点を挙げた。

 

ハダースフィールド・タウンとの6-0の試合でハットトリックを達成するなど、ミルバーンのゴールフォームは、ユナイテッドがシーズンで10試合無敗のスタートを切るのに貢献し、首位に立った。

 

1950年10月7日、ヴィラパークで3-0で敗れた。

 

ミルバーンは、イングランド代表の代役としてウィンザー・パークに座っていたため、この試合を欠場した。

 

その後、ユナイテッドは4連勝したが、11月18日にホワイト・ハート・レーンで2位のトッテナム・ホットスパーと対戦した際には7-0で大敗し、マーティン監督は辞任した。

 

1951年1月13日、一時は優勝候補だったニューカッスルは、スタンフォード・ブリッジで3-1と敗れ、首位から5ポイント差のリーグ5位に転落してしまった。

 

ミルバーンは、3回戦でベリーを破った4つのゴールのうちの1つを決めた。

 

ボルトン・ワンダラーズは、ナット・ロフハウスの2つのアシストに刺激され、セント・ジェームズで行われた4回戦では、後半の早い段階で2-1とリードしていた。

 

ミルバーンは、後半に2つのゴールを決め、「素晴らしい出会い」に決着をつけた。

 

1つ目のゴールは、鋭いターンと15ヤードからのシュート、2つ目のゴールは、オフサイドトラップを破ってクリアし、ゴールを決めた。

 

次のラウンドでは、ロブレドのブレースとミルバーンのゴールでストーク・シティを4-2で破り、第6ラウンドの再試合ではミルバーンのゴールでブリストル・ローバーを3-1で破った。

 

3月10日、ヒルバラで行われたウォルバーハンプトン・ワンダラーズとの準決勝では、0-0の緊迫した展開の中、ミルバーンのゴールがオフサイドの判定を受けた。

 

その4日後、ハダースフィールドで行われた再試合では、1-0の劣勢を挽回し、ミルバーンのゴールと、ミルバーンがクリアした後にブレナンが決めた勝利により、ユナイテッドは2-1で勝利した。

 

ユナイテッドのカップ戦での活躍は、リーグ戦での好成績の回復と重なっていたため、ニューカッスルの準決勝での勝利を受けて、マスコミはリーグ戦とカップ戦のダブル制覇の可能性を推測した。

 

しかし、シーモアは準決勝の勝利後、ドレッシングルームで選手たちにこう言った。

 

「何が起ころうと、我々をここまで導いてくれた君たちはウェンブリーでプレーすることになるだろう」。

 

そう語ったことは、ニューカッスルのタイトル獲得の可能性を潰してしまうような倦怠感をうっかり煽ってしまった。

 

ミルバーンは後に、「かなり無意識のうちに、偉大な試合に出場する男は皆、偉大な日の前に普通のリーグ戦に自分の持っているすべてのものを投入しないものだ」と語り、彼、テイラー、ハービーの3人は、ニューカッスルがタイトルの可能性を絶つために「一つの敗北から次の敗北へとよろめく」中で、決勝戦前の試合で「休養」を取ったシニアプレーヤーのうちの3人に過ぎなかった。

 

ニューカッスルの調子があまりにも悪かったため、1951年FAカップ決勝の日である1951年4月28日には、ユナイテッドは対戦相手のブラックプールに優勝候補を奪われていた。

 

ブラックプールは、一般の人々や報道関係者の間でも人気が高く、36歳のスタンリー・マシューズがFAカップを初めて獲得するのを見ようと、多くの人々がこの試合を「マシューズ・ファイナル」と命名していた。

 

ブラックプールが有利な立場にあることに腹を立てたミルバーンは、後に「マシューズのウェンブリーパーティーを台無しにする」という決意を語っている。

 

この試合の前半、ミルバーンは主審のウィリアム・リンからハンドによるゴールの判定を受けた。

 

後にミルバーンは、「彼は間違っていた、私は触っていない!」と主張した。

 

ゴールレスの前半は、ブラックプールが巧みなオフサイドトラップでユナイテッドとミルバーンを苛立たせたため、中立派にとっては残念な試合]となった。

 

しかし後半5分、ロブレドがミルバーンにスルーパスを出すと、ミルバーンはオフサイドトラップを破ってクリアし、サイドフートでゴールを決め、ユナイテッドが1-0となった。

 

その5分後、ミルバーンが再びゴールを決めた。

 

右サイドでのパス回しの後、アーニー・テイラーにボールが渡り、テイラーはすぐにバックヒールでゴールから25ヤード離れたところにいるミルバーンにボールを送ると、ミルバーンは左足で初めてのシュートを打ち、その勢いでブラックプールのネットの上隅に突き刺した。

 

ミルバーンの2点目は非常に質の高いもので、ブラックプールのフォワード、スタン・モーテンセンは得点者を祝福するためにリスタートを数秒間止めて、「今まで見た中で最も素晴らしいゴールだ。」と語った。

 

ユナイテッドは2-0で快勝した。

 

ミルバーンはFAカップでの合計得点を8試合で8ゴールにした。

 

また、リーグ戦では17ゴールを記録し、得点王となった。

 

何人かの選手が売却された不安定なプレシーズンを経て、ユナイテッドは、ミルバーンが脚の筋肉を痛めて数試合を欠場したにもかかわらず、非常に好調な状態で1951-52シーズンを迎えた。

 

シーズン最初のホーム4試合で、ユナイテッドは20得点、3失点を記録した。

 

体調が回復したミルバーンは、優勝チームの邪魔にならないようにリザーブメンバーに選ばれることを希望し、後に「私に合わせてフォワードラインが変更されるのは不公平だと思ったので、シーモア氏は私の要求を受け入れてくれた」と説明している。

 

ミルバーンは1951年のFAチャリティシールドでトッテナム・ホットスパーに1-2で敗れた際に得点するのに間に合うようにトップチームに復帰し 、1952年1月12日までにミルバーンはリーグ戦で16ゴールを決め、ロブレドの26ゴールと合わせてユナイテッドはディビジョン1の4位(1試合を残して)となり、マスコミの間では再びリーグ戦とカップ戦の2冠達成の可能性が高まった。

 

しかし、アストン・ヴィラがセント・ジェームズ・パークで0-2、1-3とリードしていた第3戦で、ユナイテッドのFAカップ保持の望みはほぼ絶たれてしまった。

 

この試合では最後の9分間に3つのゴールが決まり、ニューカッスルが4-2で勝利した。

 

1月20日、バーンリーに1-2で敗れた試合で、ミルバーンがニューカッスルでの試合通算100ゴール目を記録する前に、ミルバーンはリーグチャンピオンのトッテナム・ホットスパーへの移籍が噂されていた。

 

その後、ミルバーンはユナイテッドへの移籍を表明し、記者団に「私を他のクラブに移籍させようとする話には異議を唱えます。もし私がニューカッスルを去るとしたら、それは彼らが私を追い出したからだ」と語った。

 

リーグ戦ではマンチェスター・ユナイテッドと4ポイント差だが、3試合を残しているユナイテッドは、FAカップ4回戦でホワイト・ハート・レーンに乗り込み、王者を3-0で下した後、5回戦でスウォンジー・タウンとの試合に1-0で勝利した。

 

3月8日にフラトン・パークで行われたポーツマスとの準々決勝では、それまでとは対照的に、ミルバーンはこの大会で得点を挙げることができなかった。

 

The People紙が「この10年で最も素晴らしいカップ戦」と評した試合で、ミルバーンは後に著者のヤンガーが「見事なハットトリック」と呼ぶ得点を決め、ユナイテッドの4-2の勝利に貢献した。

 

翌日の『サンデー・エクスプレス』紙は、「誇張せずに言えば、ミルバーンは史上最高のセンターフォワードとして活躍した」と絶賛した。

 

ヒルズバラで行われた準決勝のブラックバーン・ローバーズ戦で0-0の引き分けに終わった後、ミルバーンは再試合の後半早々にアシストを決め、ニューカッスルの2-1の勝利と2年連続のカップ戦決勝進出に貢献した。

 

しかし、FAカップでの躍進が引き金となり、リーグ戦でも調子を崩してしまう。

 

カップ4回戦のスパーズ戦に勝利した後、ユナイテッドはさらにリーグ戦16試合を戦い、勝ち点11を積み上げた。

 

サンデー・タイムズ紙の記者、アーサー・アップルトンはこう振り返っている。

 

BBCから、ニューカッスルのゴールが観客に称賛されている音を録音してほしいと頼まれた。

 

1952年5月3日、ニューカッスルとミルバーンはFAカップ決勝でアーセナルと対戦するためにウェンブリーに向かった。

 

24分、アーセナルの右サイドバック、ウォーリー・バーンズがスタッドをウェンブリーの芝に引っかけて重傷を負った。

 

交代要員が認められていなかったため、この負傷によりアーセナルは残りの試合を10人で戦わなければならなかった。

 

ミルバーンは静かな試合をしていたが、ゴールライン上でクリアされたヘディングシュートでゴールを決めそうになっていた。

 

後半5分にロブレドが決めたゴールにより、ニューカッスルは20世紀のチームとして初めてカップを保持した。

 

このシーズン、ミルバーンはリーグ戦で25ゴールをマークし、ジョージ・ロブレドに次ぐクラブの得点王となった。

 

1952年の夏にはチームメイトと一緒に南アフリカツアーに参加したミルバーンだったが、一連の厄介な怪我に悩まされ、ユナイテッドが出場した17試合中、わずか5試合の出場にとどまった。

 

また、1952年のFAチャリティシールドでマンチェスター・ユナイテッドに2-4で敗れた試合も欠場した。

 

1957年6月、マグパイズを離れたミルバーンは、ウィンザー・パークの選手マネージャーとしてベルファストのクラブ、リンフィールドに移籍し、9つのトロフィー(アイリッシュ・リーグ優勝、アイリッシュ・カップ優勝を含む)を獲得し、1957-58年と1958-59年の両シーズンでリーグの得点王に輝き、アイルランド人以外で初めてアイリッシュ・リーグの得点王となった。

 

リンフィールドを離れると、彼はノンリーグのレベルに下がり、サザン・フットボール・リーグのディビジョン1のクラブであるYiewsleyで2シーズンプレーした。

 

1962年、選手として現役を引退した。

 

エピソード

A Tribute To Jackie Milburn (Documentary)

 

1987年、ニューカッスル・ユナイテッドは、セント・ジェームズ・パークに新しいウェスト・スタンドをオープンした。

 

ミルバーン・スタンドと呼ばれ、このスタンドは、セント・ジェームズ・パークで選手の名を冠した唯一のスタンドとして残っている。

 

ミルバーンの銅像は3つ作られた。

 

1つは彼の生まれ故郷であるアシングトンの目抜き通りであるステーション・ロードに設置されており、その資金は市民の長であるマイケル・ジョージ・フェリゴン議員が彼の任期中に調達したものである。

 

2体目のミルバーン像は、1991年にローラ・ミルバーンによってニューカッスルのノーサンバーランド・ストリートに除幕されました。

 

これは、彫刻家のスザンナ・ロビンソンがデザインしたもので、費用は35,000ポンドでした。像の高さは12フィート(3.7メートル)で、碑文には次のように書かれている。

 

「ジョン・エドワード・トンプソン・ミルバーン、サッカー選手、紳士」

 

1999年にセント・ジェームズ・ブールバードに移され、その後、セント・ジェームズ・パークのすぐ外側にあるストロベリー・プレイスの現在の位置に再び移された。

 

三つ目の像の行方については、2011年に地元の新聞が、1996年から1998年の間にセント・ジェームズ・パークの外にあったミルバーンのファイバーグラス製の像が消えてしまったと報じたことで、地元を騒がせていた。

 

この像は、制作した彫刻家のトム・マレイの庭で「発見」された。

 

彼は、ブロンズに鋳造するためにニューカッスル・ユナイテッドから返却された後、この像を保管していたが、2007年にクラブがマイク・アシュリーに売却された際に取りやめになった。

 

1987年、ミルバーンは地元紙によって「戦後の北東部で最も偉大なサッカー選手」に選ばれた。

 

1991年、ミルバーンが働いていたアシングトン炭鉱で石炭を運搬していた蒸気機関車が、彼に敬意を表してジャッキー・ミルバーンと改名された。

 

2006年にジャック・ミルバーン・ジュニアがこの機関車を修復するための募金活動を行い、2011年に再びミルバーンの故郷に展示された。

 

2006年、ミルバーンはイングランドサッカーへの貢献が認められ、イングランドサッカー殿堂入りを果たした。

 

2008年、ニューカッスルのウェストエンドにあるエクセルシオール・アカデミー・スクールは「ミルバーン・スクール・オブ・スポーツ・アンド・ヘルス・スタディーズ」という正式名称を与えられた。

 

2009年、Goal.comが発表した「史上最高のイングランド人選手」で、ミルバーンは43位にランクインした。

 

リンフィールド創立125周年を記念したベルファスト・テレグラフ紙の特集では、クラブを代表した2番目に偉大な選手としてミルバーンが挙げられている。

 

2012年、イブニング・クロニクル紙の調査では、ミルバーンがボビー・ロブソンとキャサリン・クックソンを抑えて「最も偉大なジョーディー100人」の1位に選ばれた。

 

スポーツ・ニューカッスルの「ヤング・タレント」賞は、ミルバーンに敬意を表して「ウォー・ジャッキー賞」と名付けられている。

 

また、53分のドキュメンタリー番組「A Tribute to Jackie Milburn」の題材にもなった。

 

これは、タイン・ティーズ・テレビジョンが制作したもので、1989年にビデオ・ジェムズ社からVHSで発売された。

 

ミルバーンの人生、時代、そしてニューカッスル・ユナイテッドでのキャリアが紹介されている。

 

プレースタイル

Wor Jackie's The Greatest

 

イングランド史上屈指のストライカーで、そのスピードとシュート力が最大の武器。

 

ポール・ジョアンヌは『The Black ‘n’ White Alphabet』で次のように指摘している。

 

「壊滅的なスピードと、両足での致命的なシュートを持っていた。ミルバーンが特に有名なのは、タイトな状況でも体を回転させてネットに向かってシュートを放つ能力である…。ミルバーンは、アプローチプレーで巧みに参加することができ、スピードに乗って走ると驚異的なボールコントロールができ、相手からボールを奪う見事なスライディングタックルもできた」。

タイトルとURLをコピーしました