アラン・ボール

概略

Alan Ball in "501 Arsenal Goals"
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1945年5月12日
出身地 ファーンワース
没年月日 2007年4月25日(61歳没)
身長・体重 168cm、64kg

 

Alan Ball

 

ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ、センターハーフ、右サイドハーフ)。

 

利き足は右。

 

1966年ワールドカップ優勝メンバーの一人。

 

アーセナルやエヴァートンで活躍したイングランド代表のレジェンド。

 

 

獲得タイトル

クラブ

エヴァートン
  • フットボールリーグ: 1969–70年
  • FAチャリティー・シールド: 1970年
  • FAカップのランナーアップ:1967–68

アーセナル

  • FAカップのランナーアップ:1971-72

サウサンプトン

  • サッカーリーグ第2部準優勝:1977–78
  • サッカーリーグカップ準優勝:1978–79
バンクーバー
  • 北米サッカーリーグ: 1979年
  • 北米サッカーリーグ全国大会西部部門:1979年

代表

イングランド代表
  • FIFAワールドカップ: 1966

個人

  • 大英帝国勲章(MBE): 2000年
  • イングランドサッカー殿堂: 2003年
  • カナダサッカー殿堂: 2011年
  • プレミアリーグ月間最優秀監督:1回(1995年11月)
  • サウサンプトンの今シーズンの選手1977–78

 

経歴

ALAN BALL
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1960-1961 イングランドの旗 アシュトン 7 (1)
1962-1966 イングランドの旗 ブラックプール 116 (40)
1966-1971 イングランドの旗 エヴァートン 208 (66)
1971-1976 イングランドの旗 アーセナル 177 (45)
1976 南アフリカの旗 Hellenic (loan) 4
1976-1980 イングランドの旗 サウサンプトン 132 (9)
1978-1979 アメリカ合衆国の旗 Philadelphia Fury (loan) 33 (5)
1979-1980 カナダの旗 バンクーバー 31 (10)
1980-1981 イングランドの旗 ブラックプール 30 (5)
1981-1983 イングランドの旗 サウサンプトン 63 (2)
1982 オーストラリアの旗 Floreat Athena (loan) 3 (2)
1982-1983 香港の旗 東方足球隊 12
1983 イングランドの旗 ブリストル・R 17 (2)
代表歴
1965-1975 イングランドの旗 イングランド 72 (8)

 

クラブ

 

グラマースクール卒業後、ボルトン・ワンダラーズFCでプレーを始めるが、「背が低すぎる」という理由でプロ契約には至らなかった。

 

その後、父がコーチを務めていたブラックプールFCと契約を結んだ。

 

1962年8月のリヴァプールFC戦でクラブ史上最年少の17歳98日にしてプロデビューを果たした。

 

1964年11月のフラムFC戦で初ハットトリック。

 

1966 FIFAワールドカップでの活躍を受け、1969年8月にエヴァートンFCに11万2000ポンドで移籍。

 

エヴァートンではコリン・ハーベイ、ハワード・ケンドールらとホーリー・トリニティを形成し、1969-70シーズンのリーグ優勝に貢献した。

 

エヴァートンでは公式戦259試合に出場し79ゴールを挙げた。

 

1971年12月22日、アーセナルは史上最高額の22万ポンドを支払ってボールをハイバリーに移籍させた。

 

アーセナルに移籍したとき、ボールは26歳で、体調も体力もピークに達していた。

 

1971年12月27日のノッティンガム・フォレスト戦でデビューした。

 

しかし、1971-72年、アーセナルはリーグタイトルを守ることができず、ウェンブリーで行われた100周年記念決勝でリーズ・ユナイテッドに1-0で敗れ、FAカップも手にすることができなかった。

 

ボールは、その間もアーセナルでプレーを続け、1972-73年には50試合に出場するなど、当初はほぼ常にトップチームの一員としてプレーしていた。

 

1974年4月、ボールは足を骨折し、アーセナルが16位に終わった1974-75シーズンの開幕を欠場した。

 

1975-76シーズンは、プレシーズンの親善試合であるクルー・アレクサンドラ戦で負傷し、開幕を欠場した。

 

1976年の夏、バーティー・ミーがアーセナルの監督を辞任し、新監督のテリー・ニールがクラブを新しい方向に導きたいと考えていたことは明らかだった。

 

31歳になったボールは、1976年12月に6万ポンドでサウサンプトンに売却されるまで、アーセナルでプレーし続けた。

 

ボールはアーセナルで通算217試合に出場し、52ゴールを記録した。

 

その後はイングランド内外のクラブを渡り歩き、1983-84シーズンをもって引退した。

 

代表

 

イングランド代表監督のアルフ・ラムゼイは、20歳の誕生日を3日後に控えた1965年5月9日、ベオグラードで行われたユーゴスラビアとの1-1の試合でボールを国際デビューさせた。

 

ラムゼイは、1年後にイングランドで開催されるワールドカップに向けて、従来のワイドマンでは完全には保証されない、守備的で勤勉な傾向を持つミッドフィールダーをイングランドが配置するシステムを開発していた。

 

その結果、ボールはラムゼイにとって便利な道具となった。

 

従来のようにワイドでもセンターでもプレーできるが、必要なときにはディフェンスを助けるエネルギーを持っている。

 

ラムゼイが選んだ22人のメンバーの中で、ボールは最年少の21歳だった。

 

イングランドはチームとしては英雄的な成績を収めたが、ボールは個人的に成功したと評価される多くの選手の一人である。

 

実際、ボール、ジェフ・ハースト、マーティン・ピータースの3人は、この大会で絶大な信頼と永遠の称賛を得たが、西ドイツとの決勝戦のメンバーに選ばれた時点では、彼ら全員のキャップ数はまだ一桁に過ぎなかった。

 

ウェンブリーに集まった98,000人の観衆は、ボールの素晴らしい個人プレーを目の当たりにした。

 

走ることが大好きな彼は、チームメイトも相手も足がすくむ中、仕事をしながらスプリントし、トラックバックし続けた。

 

残り15分を切ったところで、彼は右コーナーを獲得し、すぐにシュートを決めた。

 

ハーストがエリアの端からシュートを放つと、それが空中に舞い上がり、ピータースの足の甲に当たって、イングランドが2-1と逆転した。

 

しかし、数秒後にドイツが同点に追いつき、試合は延長戦に突入したのである。

 

この時のボールのプレーは、足首にソックスを巻いて、ウェンブリーのピッチを走り続けていたイメージがある。

 

また、ハーストが試合の最後のキックで歴史的なハットトリックを達成したとき、ボールを持ったハーストがマークされずにパスを求めて駆け上がったのもボールだった。

 

これによりイングランドはワールドカップを制覇した。

 

ボールは1966年のワールドカップの成功後、ランカシャー州のウォークデンで市民の歓迎を受け、両親と妹と一緒に暮らしていた。

 

ボールが決勝戦に出場したことで、ブラックプールの選手がイングランド代表のフルキャップを受けた最後の機会となった。

 

1970年のワールドカップでは、ディフェンディングチャンピオンとして高地のメキシコに遠征したが、ボールはラムゼイのイングランド代表チームの最初のメンバーだった。

 

イングランドはグループリーグでブラジルに1-0で敗れたが、ボールのシュートがクロスバーを叩いたことは有名である。

 

イングランドはグループリーグの他の試合に勝利し、準々決勝では西ドイツとの対決に臨んだが、暑さのためにボールは本来の力を発揮できなかった。

 

イングランドは2-0のリードを失い、3-2で敗れて世界チャンピオンの座を明け渡したのである。

 

1973年6月6日にチョルズフで行われた1974年ワールドカップ予選のポーランド戦で、ボールは選手同士の喧嘩の際にレスワフ・チャミキェヴィッチの喉を掴み、股間に膝を入れてしまい、イングランド人選手として2人目の退場処分を受けた。

 

その結果、ウェンブリー・スタジアムで行われた復帰戦を欠場し、1-1の引き分けに終わり、イングランドサッカー史上最も悪名高い試合のひとつとなった。

 

イングランドは、勝てなかった結果、ワールドカップの出場権を得ることができませんでした。

 

ラムゼイは解雇され、ジョー・マーサーが世話役として就任したが、ボールは負傷のため一度も出場しなかった。

 

しかし、ボールと代表チームとの関係は、ラムゼイの後任としてドン・レビーが就任すると、修復不可能なほど悪化した。

 

エムリン・ヒューズの解任後、ボールはキャプテンシーを与えられ、6試合連続でキャプテンを務めたが、イングランドは一度も負けていない。

 

1975年3月、世界王者の西ドイツに2-0で勝利し、5月にはスコットランドに5-1で勝利したのだ。

 

アーセナルのプレシーズン親善試合であるクルー・アレキサンドラ戦で負傷したボールは、レビーがスイス戦のメンバーを発表したときには、キャプテンを務めるどころか、イングランド代表にも招集されなかった。

 

ボールがそれを知ったのは、彼の妻がジャーナリストからの電話を受けて反応を尋ねられたときだった。

 

30歳のボールの国際的なキャリアは、72試合に出場して8ゴールを挙げただけで、突然、喧嘩別れのように終わってしまった。

 

しかし、ボールは1966年のワールドカップ優勝チームの中で最後に国際舞台を去った選手である(1977年にロン・グリーンウッドによってイアン・キャラハンが突然招集されたので、チームの中では最後ではないが)。

 

エピソード

Alan Ball Dribbling Skills

ボールは、その小柄な体格と赤い髪、そして甲高い声のおかげで、常に特徴的な人物であった。

 

彼は1967年に自伝『Ball of Fire』を書き、1978年には『It’s All About a Ball』として更新した。

 

3冊目の自叙伝『Playing Extra Time』(2004年)は、サッカー界での彼の成功と失敗を描いており、高い評価を得ている。

 

監督として

 

引退後、監督してポーツマス、ストーク・シティ、エセクター・シティ、サウサンプトン、マンチェスター・シティなどを率いた。

 

プレースタイル

Official AlanBallSccer.com "Alan Ball"

無尽蔵のスタミナを誇りピッチを駆け回ったボックス・トゥ・ボックス型のミッドフィールダー。

 

ドリブルやパス、基本的スキルなども非凡で、攻撃にアクセントを付けられる選手。

 

スピードもありサイドハーフとしても活躍した。

 

得点力もあり、攻撃でオールラウンドな能力を発揮した。

 

ファイティングスピリットが強く、攻撃でも守備でも精力的に動き回り貢献できるチームプレーヤーであった。

タイトルとURLをコピーしました