マーティン・ピータース

概略

Martin Peters – England
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1943年11月8日
出身地 プレイストー
没年月日 2019年12月21日(76歳没)
身長・体重 184cm、75kg

 

Martin Peters

 

ポジションはミッドフィールダー(左サイドハーフ、オフェンシブハーフ、センターハーフ)。

 

利き足は右。

 

1966年ワールドカップ優勝メンバーの一人。

 

ウエストハムやトッテナムなどで活躍した。

 

1970年にウェストハム・ユナイテッドからトッテナム・ホットスパーに移籍したことで、イギリス初の20万ポンドのサッカー選手となった。

 

獲得タイトル

クラブ

ウェストハム
  • FAカップ:1963-64
  • UEFAカップウィナーズカップ:1964-1965
トッテナム
  • リーグカップ:1970-71,1972-73
  • UEFAカップ:1971-72
  • アングロ=イタリアン・リーグカップ:1971

代表

イングランド代表
  • FIFAワールドカップ:1966
  • UEFA欧州選手権3位:1968

個人

  • 大英帝国勲章:1978
  • イングランドサッカー殿堂:2006

 

経歴

Martin Peters – West Ham
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1959-1970 イングランドの旗 ウェストハム 302 (81)
1970-1975 イングランドの旗 トッテナム 189 (46)
1975-1980 イングランドの旗 ノリッジ 207 (44)
1979 オーストラリアの旗 フランクストン (ゲスト) 5 (3)
1980-1981 イングランドの旗 シェフィールド・U 24 (4)
1982-1983 イングランドの旗 ゴーレストン
通算 727 (178)
代表歴
1966-1974 イングランドの旗 イングランド 67 (20)

 

クラブ

 

1959年に15歳でウェストハム・ユナイテッドFCに加入、1960年にプロ契約を結ぶ。

 

1962年、ロン・グリーンウッド監督の下でリーグ戦デビューを果たす。

 

1963-64シーズンにレギュラーの地位を掴み、リーグ32試合に出場する。

 

そのシーズンにチームはFAカップで優勝したが自身の出番は無かった。

 

翌1964-65シーズンのUEFAカップウィナーズカップではウェストハムの優勝に貢献した。

 

1965-66シーズンにチームはリーグカップ決勝に進出するが、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCに敗れた。

 

1968-69シーズンにキャリアハイとなるリーグ戦19ゴール、公式戦24ゴールを記録。

 

自身初のハットトリックも記録した。

 

1970年3月にトッテナム・ホットスパーFCへと20万ポンドという記録的な移籍金で移籍した(代わりにジミー・グリーブスがウェストハムへと5万ポンドで移籍しているため、実質の移籍金は15万ポンドだった。)。

 

トッテナムではビル・ニコルソンの下で、1971年、1973年のリーグカップ2度の優勝や1971-72シーズンのUEFAカップ優勝に貢献。

 

1973-74シーズンのUEFAカップでも決勝進出に貢献した。

 

1975年3月にノリッジ・シティFCへと4万ポンドで移籍した。

 

ノリッジではチームが1部リーグに定着するのを助けた。

 

1978年に大英帝国勲章を叙勲。

 

また、1979年にオーストラリアのフランクストン・シティというチームでゲストプレイヤーとして5試合に出場し、3ゴールを記録した。

 

この5試合でチームは4勝(1分)した。

 

1980年にシェフィールド・ユナイテッドFCに移籍。

 

1981年1月、チームの監督が病気でチームの指揮が出来ない状況に陥った時に現役を引退し、そのままチームの監督に就任した。

 

しかしチームを立て直すことができず、シェフィールド・ユナイテッドはクラブ史上初の4部リーグに降格した。

 

およそ20年間のキャリアで大きな怪我をすることも無く、通算882試合に出場。220ゴールを記録した。

 

代表

 

アルフ・ラムゼイの下で1966年5月にサッカーイングランド代表で初キャップを記録。

 

ウェストハム・ユナイテッドFCでチームメイトのボビー・ムーア、ジェフ・ハーストと共に1966 FIFAワールドカップのメンバーに選ばれた。

 

1966年のワールドカップ本戦では初戦の0-0で引き分けたウルグアイ代表戦では出場しなかったが、その試合後にラムゼイが従来の戦術から、ウイングを外し中盤の運動量を重視した4-4-2システム(ウイングレス・システム)に変更すると第2戦から起用されスタメンに定着。

 

チームは勝ち進み、決勝に進出した。

 

決勝の西ドイツ代表戦では78分に一時勝ち越しとなるゴールを決め、優勝に貢献した。

 

UEFA欧州選手権1968の代表メンバーにも選ばれるとチームの3位に貢献した。

 

1970 FIFAワールドカップの代表メンバーにも選ばれると準々決勝の西ドイツ戦で4年前と同じくゴールを決めた。

 

チームは自身のゴールとアラン・マレリーのゴールによって後半途中までリードしていたが結局延長戦の末3-2で敗れ、連覇を逃した。

 

1972年のUEFA欧州選手権1972、1974年の1974 FIFAワールドカップでは代表が予選で敗退し出場出来なかった。

 

エピソード

 

引退後

 

1984年、彼は保険会社に転職し、2001年7月に解雇されるまで勤務した。

 

ピータースは、1998年にスパーズの取締役会に非常勤で参加し、サポーター・リエゾンの役割を担った。

 

そのポストに4年間留まった後、退任したが、クラブのホワイト・ハート・レーンのグラウンドにあるホスピタリティ・スイートで、試合当日の歓迎者の一人として活動した。

 

また、ウェストハムのホームマッチでは、アップトン・パークのホスピタリティ・スイートでも仕事をしていた。

 

2006年、ピータースは自叙伝『The Ghost of ’66』を出版した。

 

2006年にウェストハム・ユナイテッドFC時代の指揮官であるロン・グリーンウッドと共にイングランドサッカー殿堂入りを果たした。

 

2016年にアルツハイマー病にかかっていることが判明した。

 

2019年12月21日、76歳で死去。

 

プレースタイル

 

テクニカルなミッドフィールダーで、ドリブルとパスは一級品。

 

とくにキックの精度が素晴らしくロングパス精度が高く、左サイドからのクロスなどでチャンスメイクをした。

 

スピードはそれほどないものの切れ味鋭いドリブルも武器の一つ。

 

攻撃的なミッドフィールダーとしてチームに多くのチャンスを作り出した。

 

ピータースは、左右どちらの足でもパスを出すことができ、空中戦にも強く、その動きからマークするのが難しいことから、「完全なミッドフィールダー」として知られていた。

 

フリーキックのスペシャリストでもあった。

タイトルとURLをコピーしました