テッド・ドレイク

概要

生年月日 1912年8月16日
出生地 サウサンプトン、イギリス
没年月日 1995年5月30日(82歳)
死亡地 レインズパーク、イギリス
身長 178cm
体重 73kg

 

Ted Drake

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は右。

 

1930年代にアーセナルで活躍し、2つのリーグタイトルとFAカップを獲得し、イングランド代表として5キャップを記録しました。

 

ドレイクは、アーセナルの歴代ゴール数で歴代5位の記録を持っています。

 

 

獲得タイトル

クラブ

アーセナル

  • フットボールリーグ1部:1934-1935、1937-1938
  • FAカップ:1935–36
  • FAコミュニティシールド:1934、1938

代表

イングランド

  • ブリティッシュホームチャンピオンシップ:1935

個人

  • ファーストディビジョンゴールデンブーツ:1935

 

経歴

クラブ
チーム 出場 得点
1931〜 1934年 サウサンプトン 71 (47)
1934〜1945 アーセナル 167 (124)
合計 238 (171)
代表歴
1934〜1938 イングランド 5 (6)

 

クラブ

 

サウサンプトンで生まれたドレイクは、ウィンチェスター・シティでプレーを始める一方で、ガスメーターの読み取りの仕事を続けていた。

 

スクールボーイだった彼は、スパーズに入団しようとしたが、トライアルマッチを怪我で欠場。

 

1931年6月、ジョージ・ケイに説得されて、当時2部リーグでプレーしていたサウサンプトンに入団した。

 

1931年11月14日のスウォンジー・タウン戦でセインツにデビューし、11月にはプロ契約を結び、1931-32シーズン終了時にはスタメンのセンターフォワードになっていた。

 

翌シーズンは、リーグ戦33試合に出場し、20ゴールを記録した。

 

わずか1シーズンで、彼の勇敢さと技術はアーセナルのハーバート・チャップマンの目に留まり、チャップマンはドレイクをノースロンドンに移籍するよう説得しようとした。

 

しかし、ドレイクはハイバリーへの移籍を断り、デルに残ることを決めた。

 

1933-34年のシーズンは、ブラッドフォード・シティとの開幕戦でハットトリックを達成してスタートし、その後の4試合で1ゴール以上をマークし、開幕5試合で8ゴールを記録した。

 

3月初旬には22ゴールを挙げ、フットボールリーグ・ディビジョン2の得点ランキングでトップに躍り出た。

 

ジョージ・アリソンが監督に就任したアーセナルは、再び関心を示し、ドレイクは最終的にガナーズへの移籍を決めた。

 

セインツはそれまでいくつかのオファーを断っていたが、最終的には帳簿のバランスを取るために売却せざるを得なかった。

 

ドレイクは、サウサンプトンで74試合に出場し、48ゴールを記録した。

 

ドレイクは1934年3月に6,500ポンドでアーセナルに移籍し、リーグ戦デビューとなった1934年3月24日のウルブズ戦で3-2の勝利に貢献した。

 

1934年3月24日のウルブス戦でリーグデビューを果たし、3-2で勝利した。

 

1933-34年にリーグチャンピオンシップのメダルを獲得するには遅すぎたが、1934-35年にはリーグ戦41試合で42ゴールをマークし、その中には3回のハットトリックと4回の4ゴールが含まれていた。

 

FAカップとチャリティーシールドでも2ゴールを挙げたドレイクは、そのシーズン全体で44ゴールを挙げ、ジャック・ランバートのクラブ記録を更新したが、この記録は現在も保持されている。

 

翌1935-36シーズン、ドレイクは、1935年12月14日にヴィラパークで行われたアストン・ヴィラ戦で、1試合で7得点を挙げ、クラブ記録とトップリーグ記録を更新しました。

 

ドレイクは8点目のゴールがクロスバーに当たってラインを越えたと主張したが、主審は彼の訴えを退けた。

 

その後、ドレイクは1935年から36年にかけてFAカップを制覇し、1937年から38年にかけてはアーセナルでリーグ優勝を果たしている。

 

定期的に負傷していたにもかかわらず(1936年のカップ戦決勝では直前まで出場が危ぶまれていた)、ドレイクのスピード、激しいシュート、勇敢なプレースタイルは、その後の10年間、アーセナルのスタメンのセンターフォワードであることを意味し、1934-35年から1938-39年までの5シーズンの間、すべてのシーズンでクラブの得点王に輝いた。

 

しかし、ドレイクのキャリアは平時から長くは続かず、1945年のレディング戦で脊髄を損傷し、選手としての引退を余儀なくされた。

 

184試合で139ゴールを記録したドレイクは、ジミー・ブレインとともに、アーセナルの歴代得点王の第5位にランクされている。

 

ドレイクは、エミレーツ・スタジアムの壁に描かれている32人のアーセナルのレジェンドのひとりでもある。

 

代表

 

クラブレベルでの活躍が国際的にも認められ、1934年11月14日の「ハイバリーの戦い」でイタリアと対戦し、イングランド代表としてデビューした。

 

1934年11月14日、「ハイバリーの戦い」と呼ばれるイタリア戦で、アーセナルの7人の選手の一人として、3点目を決めて3-2の勝利に貢献した。

 

イングランド代表のドレイクは、1935年の英国ホーム選手権でも優勝している。

 

合計で5キャップを獲得し、6回の得点を記録したのである。

 

エピソード

 

クリケット選手として

 

ドレイクはクリケット選手としても活躍した。

 

1931年にハンプシャーでデビューした彼は、グラモーガン戦でフィル・ミードと86という重要なスタンドを共有しました。

 

その後、アマチュア、プロを経て、6年間で15試合に出場しましたが、最終的には45試合に達しました。

 

監督として

 

選手として引退したドレイクは、1946年にヘンドン、1947年からはレディングの監督を務めました。

 

1948-49年にはディビジョン3サウスで準優勝、1951-52年には再び優勝に導きましたが、当時は優勝者しか昇格できませんでした。

 

1952年6月、彼は1部リーグのチェルシーの監督に就任した。

 

これは、当時、ガナーズとブルースの間にライバル関係が存在しなかったためである。

 

ドレイクがチェルシーに到着すると、彼は一連の抜本的な改革を行い、クラブからそれまでのアマチュア的なミュージックホールのイメージを払拭することに尽力した。

 

彼は、チェルシーのペンショナーの紋章とそれに伴うペンショナーズのニックネームを捨て、新しい紋章を採用するよう主張した。

 

この変更により、「ライオン・ランパント・リーガダント」のクレストと「ブルース」のニックネームが生まれた。

 

また、スカウティング・レポートを導入し、当時のイングランドのサッカー界では珍しかったボールワークに基づいた、より厳しいトレーニング方法を導入した。

 

それまでの信頼性の低い大物選手との契約という方針をやめ、ドレイクは下部組織やアマチュアゲームの知識を活かして、あまり知られていないが信頼性の高い選手を採用した。

 

ジョン・マクニコル、フランク・ブランストーン、デレク・サンダース、ジム・ルイス、ピーター・シレットなどが含まれる。

 

1954-55年のシーズンから3年以内に、ドレイクはチェルシーを初のリーグ優勝に導いた。

 

ドレイクは、選手と監督の両方でリーグタイトルを獲得した最初の人物となったのである。

 

しかし、ドレイクはこの成功を繰り返すことはできなかった。優勝したチームは徐々に崩壊し、ジミー・グリーブス、ピーター・ブラブルック、ボビー・タンブリングといったクラブのユースチームから生まれた若者たちに取って代わられたが、ドレイクは飄々とした人物だった。

 

その後、パフォーマンスと成績は非常に不安定で、クラブは中位に低迷した。

 

チェルシーを去った後、ドレイクはフラムのリザーブチーム・マネージャーとなり、ヴィック・バッキンガム監督のアシスタントも務めた。

 

12月にはバッキンガムのアシスタントとしてバルセロナに移り、1970年6月まで在籍した。

 

その後、フラムに戻り、チーフスカウト、ディレクター、コテッジの終身会長を務めた。

 

ドレイクは1995年5月30日に82歳で亡くなった。

 

プレースタイル

 

典型的な9番で、強く、力強く、勇敢で、ほとんど何も考えていない選手であり、イギリス人の見方の典型と評されている。

 

高いシュート精度を誇り、ボックス内で非常に危険な典型的なストライカー。

 

当たり負けしない力強さと、どんな体勢からでもゴールにねじ込むシュート技術を一級品。

タイトルとURLをコピーしました