マリアーノ・マルティン

概要

生年月日 1919年10月20日
出生地 ドゥエニャス、スペイン
没年月日 1998年9月9日(78歳)
死亡地 Cabrils、スペイン
身長・体重 不明

 

Mariano Martín

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

‘エリアの憤怒’の名で知られた。

 

FCバルセロナ史上最高のストライカーの一人で、信じられないことに1試合1ゴール以上を記録した。

 

1943年、32得点でピチーチ賞を獲得した。

 

1940年代スペインを代表するストライカー。

 

獲得タイトル

クラブ

  • リーガ:1944–45
  • コパ・デルジェネラルシモ:1942年

個人

  • リーガ:得点王1942–43

 

経歴

クラブ
チーム 出場 得点
1936〜1939 サントアンドリュー
1939〜1948年 バルセロナ 112 (97)
1948〜1949年 ジムナスティック 18 (8)
1949〜1950 サラゴサ 4 (0)
1950〜1952 サントアンドリュー 47 (34)
合計 181 (141)
代表歴
1942〜1946 スペイン 3 (0)

 

クラブ

 

バルセロナのペニャ・フォンでプレーした後、1939年にFCバルセロナに入団し、クラブで最も多くの得点を挙げた選手の一人となった。

 

9シーズンの在籍中、わずか150試合で128回ゴールし、4シーズン目には23試合で30回ゴールしたが、バルサは3位でシーズンを終えた。

 

1940/41年と1943/44年にチームの最多得点者となり、1942/42年には30ゴールでバルサ史上初のリーグ得点王となった。

 

彼の4ゴールは、1942年6月28日にチャマルティンでムルシアを下し、バルサの降格回避に決定的な役割を果たしました。

 

チャンスを求めて敵陣を徘徊する彼の衝動的な性格は、1944年2月の膝の大怪我につながった。

 

最後の3年間を合わせても、リーガでは29試合しか出場しなかったが、それでも14回の得点を記録した。

 

回復したものの、二度と同じプレーは出来ず、結局、FCバルセロナを早々に退団し、その後の数年間をギムナスティック・タラゴナの選手として過ごしました。

 

セカンドクラブであるUEサン・アンドレウで同じだけプレーした後、1952年にそのキャリアを閉じた。

 

代表

 

マルティンは、スペイン代表として、4年間で3キャップを記録した。

 

デビューは、1942年4月12日、ミラノで行われたドイツとの親善試合で、1-1で引き分けた時だった。

 

エピソード

 

引退後は、バルサのチームメイトだったベニート・ガルシアとともに、バルセロナで非常に有名なスポーツ用品店のオーナーとなりました。

 

プレースタイル

 

マルティンは、スピード、技術、勇気、優れた頭脳、そしてリバウンドやディフェンスのミスを利用するために適切なタイミングで適切な場所にいるコツを備え、ゴール前では天賦の才能を発揮しました。

タイトルとURLをコピーしました