ジョエル・バツ

概要

国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1957年1月4日(65歳)
出身地 モン=ド=マルサン
身長 177cm
体重 75kg

 

Joël Bats

 

ポジションはゴールキーパー。

 

利き足は左。

 

フランス代表のGKでは初めて50キャップを記録し、現在でもファビアン・バルテズに次ぐ歴代2位の出場数を誇る80’年代のフランスを代表するGK。

 

プラティニ時代のゴールキーパーで1984年の欧州選手権優勝時の守護神。

 

獲得タイトル

クラブ

パリ・サンジェルマン

  • ディビジョン 1 : 1985–86 

代表

フランス代表

  • UEFA 欧州選手権1984

 

経歴

クラブ
チーム 出場 (得点 )
1974–1976 ソショー B
1976–1980 ソショー 66 (0)
1980~1985年 オセール 184 (0)
1985–1992 パリ・サンジェルマン 254 (0)
代表歴
1983–1989 フランス 50 (0)

 

クラブ

 

ソショーでキャリアをスタートさせ、80年にはオセールへ移籍をするとゴールキーパーの素質が開花し、毎シーズン安定感のあるプレーを披露すると、85年にはパリ・サンジェルマンへ移籍をし、ここでも不動の守護神としてゴールを守り、80‐81シーズンにはリーグ優勝を果たしタイトル獲得に貢献した。

 

代表

 

1983年9月7日のデンマーク戦にフランス代表で初キャップを記録すると、翌年の欧州選手権での優勝に貢献。

 

準決勝では、ポルトガルに3-2で勝利し、決勝ではスペインを2-0で下し、アンリ・ドローネ杯を獲得し、初の主要国際タイトルを獲得した。

 

1989年に引退するまで、彼はフランスの第一選択のゴールキーパーであり続けた。

 

1986年のワールドカップ予選では8試合すべてに出場し、フランスはUEFA予選のグループリーグで首位に立った。

 

1986年のFIFAワールドカップ決勝では、フランスのグループステージ3試合、ラウンドオブ16、準々決勝、準決勝を全時間出場した。

 

準々決勝でブラジルと対戦になりバツは1‐1で迎えた後半26分にジーコの蹴ったPKをセーブすると、その後またもやジーコのヘディングシュートをファインセーブをして試合はPK戦に突入する。
 

ブラジルの1番手のソクラテスのPKをセーブするなどして、PK戦での勝利に貢献した。

 

しかし準決勝の西ドイツ戦では、バツが致命的なミスをしてしまい、ブレーメのフーキックを手で弾いてしまいブレーメに先制点をあげられ、敗退の要因を作った。

 

バツは1988年の欧州選手権予選8試合のうち7試合、1990年のワールドカップ予選8試合全てに出場した。

 

フランスはこの両大会で決勝トーナメントに進出することはできなかった。

 

バツは、1989年11月18日に行われた1990年ワールドカップ予選のホームでのキプロス戦に2-0で先発出場し、フランス代表として50試合目の出場となった最初のGKとなった。

 

エピソード

 

GKのユニフォームを半袖にしたのは、彼が最初だと言われている。

 

1986年メキシコW杯の準々決勝ブラジル戦でメキシコの猛暑に耐えかね、自分のユニフォームの袖を自分で切ったことが始まりとされている。

 

1986年、バツは自分の詩を音楽にし、アルバム『Gardien de tes Nuits(あなたの夜の番人)』を発表した。

 

同年、『L’Escargot』という童謡、『Soli Solitude』というバラード、『Même si je m’envole (Even if I am flying)』の3枚のシングルを発表した。

 

引退後

 

引退後はパリSGで指導者の道を歩み始め、1996年に同チームでリカルド・ゴメスと共に初めて監督に就任。

 

その後LBシャトールーの監督へと就任するが、1999年に成績不振で解任される。

 

この年12月にはフィリップ・トルシエ率いる日本代表の臨時コーチとして来日も果たした。

 

現在はオリンピック・リヨンのGKコーチを務めている。

 

プレースタイル

 

ゴールキーパーとして体格に恵まれてはいなかったが、鋭い反射神経と、ポジショニングに優れており、抜群の安定感を誇った守護神。

タイトルとURLをコピーしました