レフティ・グローブ

概略

Lefty Grove Pitching Mechanics & Game Highlights
[MLB]最強左腕の始まりレフティ・グローブ全ストーリ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メリーランド州
生年月日 1900年3月6日
没年月日 1975年5月22日(75歳没)
身長
体重
190.5 cm
86.2 kg

 

ポジションは投手(ピッチャー)。

 

左投げ左打ち。

 

「スモークボール」と呼ばれる豪速球を誇ったピッチャー。

 

史上最多となる最優秀防御率9回を獲得し、25歳でメジャーデビューしてから実働17年で300勝を挙げ、しばしば「史上最高の左投手」として名前が挙げられる。

 

獲得タイトル

 

  • 投手三冠:2回(1930年、1931年)
  • 最多勝:4回(1928年、1930年、1931年、1933年)
  • 最優秀防御率:9回(1926年、1929年 – 1932年、1935年、1936年、1938年、1939年)※9回は歴代1位
  • 最多奪三振:7回(1925年 – 1931年)
  • 最多セーブ:1回(1930年)
  • 投手全タイトル制覇(1930年)
  • 投手五冠王(1930年)

 

表彰

 

  • アメリカンリーグMVP:(1931年)
  • メジャーリーグベースボール・オールセンチュリー・チーム選出(1999年)
  • オールスターゲーム出場:6回(1933年、1935年 – 1939年)
  • アメリカ野球殿堂入り (1947年)
  • フィラデルフィア野球殿堂入り (1980年)
  • ボストン・レッドソックス殿堂入り (1995年)

 

記録

 

  • ワールドシリーズ出場:3回(1929年 – 1931年)
  • 1イニングで三者連続三球三振を複数回達成
  • 近代野球(1901年以降)における左投手のMLBシーズン最多勝利:31勝(1931年)

 

経歴

 

Lefty Grove Pitching Mechanics

 

クラブ
  • フィラデルフィア・アスレチックス (1925 – 1933)
  • ボストン・レッドソックス (1934 – 1941)

1920年、マイナーリーグのボルチモア球団に入団。

 

5年間在籍したが、その間に112勝もの勝ち星を上げ、毎年インターナショナルリーグの最多奪三振投手になっていた。

 

メジャーリーグからもオファーがあったが、チームのオーナーがずっとグローブの放出を拒んでいた。

 

しかし1925年、フィラデルフィア・アスレチックスが当時としては史上最高額となる10万500ドルの移籍金を払ってグローブを支配下選手とした。

 

同年4月にメジャーデビュー。

 

1年目は怪我もあって成績は10勝12敗だったが、リーグ最多の奪三振116を挙げる。

 

デビューから2年目には最優秀防御率を記録したのに加えて、4年目の1928年には初の最多勝利を記録。

 

また、7年連続でリーグ最多の奪三振投手となった。

 

1930年、1931年には二年連続で勝利数、防御率、奪三振の投手三冠に輝くなど、アスレチックスのリーグ3連覇(1929年~1931年)に大きく貢献した。

 

とくに、1930年はセーブ数と勝率もトップと活躍し、投手三冠王とセーブ王の同時獲得はクリスティ・マシューソン以来の快挙で投手全タイトル制覇(当時はタイトルではないものもある)を達成し、勝率でもトップになったため、チャールズ・ラドボーン以来の投手主要5部門制覇(投手五冠王)を達成した。

 

当時のアスレチックスは野手陣が充実していたこともグローブの成績を後押しした。

 

グローブは「投手がいい成績を残すコツは2つある。1つは体調を整えること。もう1つは肩の強い内野手と足の速い外野手をそろえることさ」と語っている。

 

1934年、球団の財政難のためボストン・レッドソックスにトレードされる。

 

その年は再び腕の怪我を負い8勝に終わったが、翌1935年には最優秀防御率2.70に20勝をマークし復活。

 

最優秀防御率に輝いたシーズンは、アスレチックス時代に5度、レッドソックス時代に4度と、実に9度にもなった。

 

1941年、41歳で現役引退。

 

エピソード

 

Lefty Grove Memorial Fund

 

1933年、ニューヨーク・ヤンキースとの試合で、1-0とリード、9回裏、無死三塁のピンチで、迎えたベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグらのクリーンアップを、三者三振、9球で仕留めたという。

 

ヤンキースは、1931年から1933年に308試合完封負けなしの記録を、グローブがストップさせたとされる。

 

また、1931年は、16連勝をマーク、17連勝を狙ったが、外野手の落球の1失点で当時最下位のチームに1対0で負けた。

 

かなり悔しがったらしい。

 

1931年には日米野球で来日。

 

のちに阪神タイガースの初代主将となる松木謙治郎(当時明治大)は著書「タイガースの生いたち―阪神球団史」の中で、グローブについて「ボールがキャッチャーミットに収まってから振る打者もいるようなありさまで、速球にはいくぶんの自信を持っていた私も、対戦した最初の3打席は三振。4打席目でやっとバットに当てたが、三塁へのファウルフライに終わった。」と記している。

 

このとき、「グローブ君、投げました。あっ、球が速くて見えません!」という有名な実況が流れている。

 

1947年、記者投票によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。

 

1975年、オハイオ州で死去。

 

プレースタイル

 

Robert “Lefty” Grove and the Business of Baseball

 

速球のあまりの速さから、煙のように見えない「スモークボール」と呼ばれた。

 

球史に残る豪速球を誇った豪腕ピッチャー。

 

投手としての球種はカーブとフォーク。

 

デビューから7年連続奪三振王を獲得、最多勝、防御率のタイトルも何度も獲得。

 

当時、最高の投手といえそう。

タイトルとURLをコピーしました