アルダ・トゥラン

概略

国籍 トルコの旗 トルコ
生年月日 1987年1月30日(34歳)
出身地 イスタンブール
身長 178cm
体重 76kg

 

Arda Turan

 

ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ、左サイドハーフ、右サイドハーフ)、フォワード(左ウイング)。

 

利き足は右。

 

2000年代から2010年代にかけてトルコ代表を牽引した。

 

トゥランは、UEFAユーロ2008での活躍により、2008年7月にスペインの雑誌「Don Balón」が発表した「100 Best Young Football Players in the World」で8位にランクインしました。

 

2014年にはUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされました。

 

トルコの歴代5位のキャップ数を誇る選手です。

 

獲得タイトル

クラブ

ガラタサライ

  • スュペル・リグ:1回 (2007–08)
  • テュルキエ・クパス:1回 (2004–05)
  • TFFスュペル・クパ:1回 (2007–08)

アトレティコ・マドリード

  • UEFAヨーロッパリーグ:1回 (2011–12)
  • UEFAスーパーカップ:1回 (2012)
  • コパ・デル・レイ:1回 (2012–13)
  • リーガ・エスパニョーラ:1回 (2013–14)
  • スーペルコパ・デ・エスパーニャ:1回 (2014)

バルセロナ

  • リーガ・エスパニョーラ:1回 (2015-16)
  • コパ・デル・レイ:2回 (2015-16, 2016-17)
  • スーペルコパ・デ・エスパーニャ:1回 (2016)
  • UEFAスーパーカップ:1回 (2015)
  • FIFAクラブワールドカップ:1回 (2015)

代表

  • UEFA欧州選手権3位:2008 

個人

  • トルコ・シュペルリガ年間最優秀選手賞:3回 (2008, 2009, 2010)

 

経歴

LaLiga Memory: Arda Turan
クラブ
クラブ 出場 (得点)
2005-2011 トルコの旗 ガラタサライ 127 (29)
2006 → トルコの旗 マニサスポル (loan) 11 (2)
2011-2015 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 127 (13)
2015-2020 スペインの旗 バルセロナ 36 (5)
2018-2020 → トルコの旗 バシャクシェヒル (loan) 37 (2)
2020- トルコの旗 ガラタサライ 8 (1)
代表歴
2002 トルコの旗 トルコ U-16 10 (2)
2003-2004 トルコの旗 トルコ U-17 30 (3)
2003-2005 トルコの旗 トルコ U-18 11 (2)
2004-2006 トルコの旗 トルコ U-19 17 (6)
2005 トルコの旗 トルコ U-20 2 (0)
2006 トルコの旗 トルコ U-21 2 (0)
2006- トルコの旗 トルコ 100 (17)

 

クラブ

 

2000年からトルコのガラタサライのユースに所属し、2004-05シーズンにゲオルゲ・ハジ監督によってガラタサライのトップチームに昇格し、2005年1月22日にトルコカップのブルサスポル戦で公式デビューを果たした。

 

2005年1月22日に行われたトルコカップのブルサスポル戦でデビューし、2005-06シーズンの後半には同じスュペル・リグのマニサスポルにレンタル移籍した。

 

2005-06シーズン、トゥランはマニサを本拠地とするチームで2ゴールを挙げた。

 

2006-07年のシーズン開始時にガラタサライに呼び戻されたトゥランは、すぐにトップチームに合流した。

 

ガラタサライでは、翌シーズンのUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ進出に貢献した。

 

2007-08シーズン、トゥランは成長を続け、シーズン後半には7ゴールを挙げた。

 

2008年にトルコ・スーパーカップ、トルコ・シュペルリガの2冠を達成し、自身もリーグ年間最優秀選手賞も獲得した。

 

2009-10年のシーズン開始時、トゥランはガラタサライのキャプテンを任され、それまでメチン・オクタイとハギがつけていた背番号10を与えられた。

 

トゥランはキャプテンとして、チームをリーグ戦6連勝に導き、ガラタサライを首位に押し上げた。

 

2010-11シーズンは、怪我に悩まされ、出場試合数が少なかった。

 

2010-11シーズンは怪我に悩まされ、限られた試合にしか出場できず、リーグ戦では12試合に出場して2ゴール、トルコカップでは3試合に出場して1ゴールを記録した。

 

ガラタサライでの最後の4年間の素晴らしいパフォーマンスは、スペインのアトレティコ・マドリードからの関心を呼びました。

 

2011年8月9日の深夜、トゥランは1200万ユーロの移籍金とボーナスでアトレティコ・マドリードに移籍することが発表され、トルコ人サッカー選手としては史上最高額の移籍金を記録した。

 

2011年8月28日に行われたオサスナ戦では、後半に交代で出場し、11番のシャツを着て、2011-12シーズンのリーガ・エスパニョーラデビューを果たした。

 

9月15日のセルティック戦でUEFAヨーロッパリーグにデビューし、試合に先発出場してゴールをアシストした。

 

9月18日には再び先発メンバーに選ばれ、2アシストを記録しました。

 

10月25日、ガラタサライのクラブ会長であるウナル・アイサルは、Lig TVのインタビューの中で、ガラタサライとアトレティコの間で締結された先買権に基づき、トゥランが将来的にガラタサライに戻ってくると述べた。

 

11月30日、トゥランはヨーロッパリーグのセルティック戦で、強烈なボレーシュートを決め、アトレティコでの初ゴールを決めた。

 

12月11日には、ボックスの外からドライブボレーでリーガ・エスパニョーラの初ゴールを決めた。

 

その後に行われたヨーロッパリーグのレンヌ戦では、3-1の勝利で再びネットを揺らした。

 

2012年4月22日、エスパニョールに3-1で勝利したアトレティコは、2分間で2ゴールを決め、リーグ順位を7位に上げ、チャンピオンズリーグ出場権を争うマラガとの勝ち点差を3に縮めた。

 

5月9日、アスレティック・ビルバオとのUEFAヨーロッパリーグ決勝では、チームメイトのラダメル・ファルカオにアシストを決め、スコアを2-0にした。

 

トゥランの背番号は、2012-13シーズンの前に11から10に変更された。

 

彼は、アトレティコが1-1で迎えたリーガ・エスパニョーラ開幕戦のレバンテ戦で、試合を決定づける長距離シュートを決めて、シーズンをスタートさせました。

 

また、2012年UEFAスーパーカップでは、チャンピオンズリーグ優勝チームのチェルシーと対戦し、ファルカオの3点目をアシストし、4-1で勝利した。

 

2012年9月16日、ラージョ・バジェカーノとの対戦では、ホームで4-3の勝利を収め、3点目を決めた。

 

2013-14チャンピオンズリーグの最初の2試合、ゼニト・サンクトペテルブルク戦とポルト戦では、アトレティコの勝利に貢献し、それぞれの試合でゴールを決めた。

 

2014年4月30日、チャンピオンズリーグの準決勝、チェルシーとのアウェイ戦で3-1の勝利の最後のゴールを決め、アトレティコを1974年以来の決勝に導いた。

 

試合開始1時間後に交代要員として試合に入ったトゥランは、2014年9月13日に行われたダービーのライバルであるレアル・マドリードとのアウェイ・リーグ戦で1-2の勝利を収めた試合で76分に決定的なゴールを決めました。

 

試合後、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督は、トゥランがアトレティコの試合に与えた影響を高く評価しました。

 

2014年10月1日、2014-15シーズンのチャンピオンズリーグのグループステージでユヴェントスと対戦した際、トゥランは1-0で勝利し、試合唯一のゴールを決めました。

 

2015年1月28日、コパ・デル・レイ準々決勝のホームレグ、バルセロナ戦の47分、イヴァン・ラキティッチのファウルを取らなかったことで苛立ち、トゥランは副審の方向にシューズを投げた。

 

しかし、試合後、この事件に対する出場禁止処分は下されなかった。

 

アトレティコは、試合が2-3の敗北、合計で2-4の敗北に終わり、大会から脱落した。

 

4月22日、トゥランはセルヒオ・ラモスへのファウルで退場となり、アトレティコはレアル・マドリードに0-1で敗れ、チャンピオンズリーグの準々決勝で敗退した。

 

2015年7月6日、バルセロナはアトレティコからトゥランを3400万ユーロ、さらに700万ユーロで獲得したことを発表した。

 

契約期間は5シーズンだが、トゥランがカタルーニャでデビューできるのは、バルセロナの移籍禁止令が解除された2016年1月からであった。

 

先発メンバーで試合に出場したトゥランは、2016年1月6日、コパ・デル・レイのラウンド16の1stレグ、エスパニョールとのデルビ・バルセロニでデビューし、バルセロナが4-1で終了しました。

 

後半にシュートを放ちましたが、エスパニョールのGKパウがセーブしました。

 

トゥランは、2016年1月9日、シーズン17節、ホームのグラナダ戦で、バルセロナでのリーガ初試合に出場しました。

 

試合は4-0で終了し、トゥランはリオネル・メッシの開幕ゴールをアシストしました。

 

2016年8月17日、トゥランが2得点、リオネル・メッシが1得点したバルセロナは、セビージャとの第2節で3-0の勝利を収め、2016年スーペルコパ・デ・エスパーニャを通算5-0で制しました。

 

2016年12月7日、トゥランは、チャンピオンズリーグ・グループステージのボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦で、バルセロナで初のハットトリックを達成した。

 

メッシ、ロナウジーニョ、リバウド、サミュエル・エトー、ネイマールに続き、チャンピオンズリーグでハットトリックを達成したバルサ史上6人目の選手となった。

 

また、これによりトゥランは欧州の大会で初めてハットトリックを達成した。

 

2017-18シーズンにバルセロナで1試合も出場しなかったトゥランは、冬の移籍市場で、トルコのイスタンブール・バシャクシェヒルにシーズンの残りと2試合をレンタルされた。

 

2018年1月21日のリーグ戦で同クラブのデビューを果たし、65分のマークでベンチから出て、ブルサスポルとのアウェイ戦で3-0の3点目を決めた。

 

2018年5月4日、トゥランはシヴァススポルとのリーグ戦で、裁定に不服を持った副審を押したことで退場処分を受けた。

 

トルコ連盟の規律委員会から、同国の選手に下された最長の処分である16試合の出場禁止処分を受けた。

 

しかしその後、TFFの仲裁委員会によって出場禁止処分は10試合に軽減された。

 

2020年1月7日、レンタル契約を解消したことが発表され、バルセロナに復帰した。

 

6月30日、復帰後選手登録されないまま、バルセロナを契約満了で退団した。

 

2020年8月5日、ガラタサライはトゥランを2年契約で獲得したことを発表した。

 

GKフェルナンド・ムスレラの長期負傷により、クラブのキャプテンに就任した。

 

9月12日、スーパーリーグのガジアンテップ戦で2020-21シーズンの初公式戦に出場した。

 

2020年11月9日、 スィヴァススポル戦で2018年4月20日のカイセリスポル戦以来となる、933日(2年6ヶ月17日)ぶりにゴールを決めた。

 

代表

 

2006年8月16日に行われたルクセンブルグとの親善試合(1-0)でデビューし、その後、19歳以下、21歳以下のユースチームを経て現在に至る。

 

2008年5月25日、ウルグアイとの親善試合で国際試合初ゴールを決めた。

 

トゥランは、トルコのユーロ2008予選12試合のうち9試合に出場し活躍しました。

 

トゥランは、トルコが準決勝に進出した際、2つのゴールを決めました。

 

1点目は、グループステージ第2戦の共催国スイス戦で、土壇場で決勝点を挙げ、スイスを敗退させた。

 

2点目は、グループステージ最終戦のチェコ戦で、同じ成績で勝った方が準々決勝に進むことになっていた。

 

また、準々決勝のクロアチア戦では、PKを成功させ、トルコを準決勝に進出させたが、最終的には決勝戦で敗れたドイツに敗れた。

 

トゥランは、2010年FIFAワールドカップの予選で2ゴールを決めたが、最終的にトルコはグループリーグを突破できなかった。

 

2008年9月に行われたアルメニアとトルコの予選では、歴史的な政治的問題を抱えていたが、両チームともに2008年のFIFAフェアプレー賞を受賞した。

 

2009年9月5日に行われた2010年ワールドカップ予選のエストニア戦で、トルコ代表の600回目の代表ゴールを決めた。

 

ユーロ2012の予選では、カザフスタン戦で2ゴール、ベルギー戦で1ゴール、オーストリア戦で1ゴールと、トルコ代表として4ゴールを決めた。

 

しかし、トルコはプレーオフでクロアチアに敗れ、ユーロ2012のファイナルステージに進出することはできなかった。

 

2017年6月、トゥランはマケドニア戦の帰りの飛行機の中で、ジャーナリストのビラル・メシェ氏を口頭で攻撃し、首を絞めようとしました。

 

その後、反省の色はなく、もうトルコのためにプレーすることはないと述べた。

 

しかし、ヘッドコーチのファティフ・テリムが解任され、新監督のミルチャ・ルセスクがトゥランの復帰を希望する意向を示したため、8月にトルコでのプレーを再開することを宣言した。

 

2017年10月に行われた2018年ワールドカップ予選グループリーグのアイスランド代表戦で3-0で敗れた際に、トルコ代表として100回目の国際試合出場を果たした。

 

エピソード

Arda Turan 2016-17 | Amazing Skill Show

トゥランはイスラム教徒である。

 

2012-13シーズンのコパ・デル・レイに優勝した際に、試合前の約束通り頭を丸坊主にした。

 

トゥランは、病気の子供たちを助けるなど、チャリティー活動にも積極的。

 

2014年5月11日、トゥランはコジャリ大虐殺の親善大使として発表された。

 

彼の大使活動は、この問題についての認識を高め、世界平和を促進することを目的としている。

 

2010年1月、トゥランは、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)による「2009年に最も人気のあったヨーロッパのサッカー選手」の第3位、および「世界で最も人気のあったサッカー選手」の第14位に選ばれた。

 

トルコで発売されたビデオゲーム「FIFA 15」の表紙を当時のチームメイトであるリオネル・メッシとともに飾った。

 

2018年末、訪れたナイトクラブでトルコ人歌手のベルカイと喧嘩になり、ベイカイは鼻を骨折する怪我を負う。

 

ベイカイの搬送先の病院で、持ち込んだ拳銃を発砲。

 

銃の不法所持、発砲などの罪で禁錮2年8月15日、執行猶予5年の有罪判決を受けた。

 

プレースタイル

Arda Turan ● Best Goals & Skills Ever ● FULL HD

彼の特徴は、ドリブルの上手さ。

 

それほど凄いスピードがあるとかではないけど、ボールコントロールが上手く、細かく柔らかいタッチで緩急を上手く使って抜いていくタイプ。

 

特にサイドでボールを持ったらどんどん持ち上がっていく力強さ、推進力があります。

 

あまり難しいことはせずシンプルに仕掛けることも多いけど、実はトリッキーな、ネイマールみたいにこねるようなドリブルも得意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またシメオネのアトレティコでプレーしていただけあって、運動量が豊富でハードワークもできる選手です。

 

タイトルとURLをコピーしました