ナット・ロフトハウス

概略

Nat Lofthouse 1925-2011 RIP
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1925年8月27日
出身地 ボルトン
没年月日 2011年1月15日(85歳没)
身長・体重 176cm、82kg

 

Nat Lofthouse

 

ポジションはフォワード(センターフォワード)。

 

利き足は左。

 

1950年代に活躍したイングランド代表の伝説的ストライカー。

 

ボルトン・ワンダラーズ一筋で1958年にはFAカップを制覇したクラブのレジェンド。

 

獲得タイトル

 

・フットボール・ライターズ・フットボールァー・オブ・ザ・イヤー1953
・1955/56年1部リーグ得点王
・FAカップ優勝 1958年

 

経歴

NAT LOFTHOUSE | 1958 FA Cup Final goals against Manchester United
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1946-1960 イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズ 452 (285)
代表歴
1950-1958 イングランドの旗 イングランド 33 (30)

 

クラブ

 

1925年、ランカシャー州ボルトンに生まれたロフハウスは、1939年9月4日に同町の主要クラブ、ボルトン・ワンダラーズに入団し、1941年3月22日、戦時中に5-1で勝利したベリー戦で2ゴールを挙げてデビューした。

 

しかし、1946年8月31日に行われたチェルシー戦では、4-3で敗れたものの、2得点を挙げている。

 

1952年9月24日、フットボールリーグのアイリッシュリーグとの試合で6ゴールを決めた。

 

1952-53年には、FWAの年間最優秀サッカー選手に選ばれた。

 

有名な1953年のFAカップ決勝(通称「マシューズ・ファイナル」)では、それまで各ラウンドでゴールを決めていた。

 

ブラックプールでプレーしていたスタンリー・マシューズという、英国サッカー界のもう一人のレジェンドと対戦した。

 

ロフトハウスは大会の全ラウンドで得点し、決勝でもネットを揺らしたが、「マシューズ・ファイナル」として歴史に残る試合では敗者復活戦のメダルを受け取ることになった。

 

伝説のウインガーがブラックプールを鼓舞し、3-1の劣勢を覆して4-3で勝利したが、スタン・モーテンソンもFAカップ決勝でユニークなハットトリックを決めた。

 

このシーズン、彼は30ゴールを記録し、1部リーグの得点ランキングでトップに立った。

 

1958年5月3日、1953年の決勝戦で敗れてから約5年後、ロフハウスはボルトンのキャプテンとして、マンチェスター・ユナイテッドとの1958年FAカップ決勝戦に臨んだ。

 

マット・バスビー率いるマンチェスター・ユナイテッドと対戦することになったナットは、「人々のチャンピオン」という評判を少し汚してしまったが、いつものように勢いよくユナイテッドに挑み、2-0でワンダラーズが勝利したときには、2つのゴールを決めていた。

 

2点目のゴールは今でも語り草になっているが、ナットは当時としては半ば合法的な戦術を用いて、ユナイテッドのキーパー、ハリー・グレッグに肩車をしてネットを揺らしたのであるが、これはウルスターマンにとっては楽しい経験ではなかった。

 

これは、FAカップの歴史上、最も象徴的な瞬間のひとつである。

 

リーグ戦での最後の試合は1960年12月17日のバーミンガム・シティ戦で膝を痛めたときだった。

 

1960年に足首のケガが原因で引退するまでボルトン一筋でプレーを続け、リーグ通算452試合に出場し255得点を記録した。

 

ロフトハウスは、イングランドサッカーのトップディビジョンの得点者リストで7番目に位置している。

 

代表

 

ロフトハウスはイングランド代表として33試合に出場したが、1950年11月22日にデビューした彼は25歳でようやくチームに合流したのである。

 

デビュー戦となったハイバリーでのユーゴスラビア戦では、2-2の引き分けに終わったが、その際に両ゴールを決めたことで、早期招集を正当化することができた。

 

1952年5月25日、イングランドが3-2で勝利したオーストリア戦で2点目を決め、「ウィーンのライオン」と呼ばれるほどの活躍を見せ、非公式のヨーロッパ選手権と呼ばれた試合で3-2の勝利を収めた。

 

その際、顔面にエルボーを食らい、後ろからタックルされ、最後はGKに倒されたという。

 

また、1954年のワールドカップでも活躍しました。

 

ロフトハウスは、ベルギー戦で2得点し、試合は4-4で終了した。

 

負傷して次の試合に出場できなかったが、準々決勝のウルグアイ戦では、16分に18ヤードボックス内でボールを受けて同点に追いついた。

 

1958年11月26日のウェールズ戦で33歳にしてイングランド代表として最後の出場を果たし、1960年1月には足首を痛めて正式に引退した。

 

イングランド代表のチームメイトだったレン・シャックルトンは、「ビリー・ライトがボールを取って私にパスした。ビリー・ライトがボールを取って私にパスした。私はそれをスタン・マシューズに渡し、彼はウイングを駆け下りてナット・ロフトハウスにセンタリングし、彼がゴールした」。

 

簡単なことだとコメントした。

 

エピソード

Nat Lofthouse interview

引退後

 

ロフトハウスは、サッカー選手を引退した後、1961年7月10日にバーンデン・パークのアシスタント・トレーナーとなり、その後1967年に同クラブのチーフ・コーチに就任した。

 

1967年には同クラブのチーフ・コーチに就任し、1968年には一時的に同クラブのケアテイカー・マネージャーを務めた後、12月18日に同クラブのフルタイム・マネージャーに就任した。

 

ボルトンのチーフスカウトになる前は、バーンデンの管理マネージャーを務めていた。

 

1978年にはクラブのエグゼクティブ・マネージャーに就任した。

 

1985年、60歳になったロフハウスは、再びクラブの世話役となり、1986年には社長に就任した。

 

ロフトハウスは、現役引退後もさまざまな栄誉を受けた。

 

1989年12月2日には、ボルトンのフリーマンに任命された。

 

1994年1月1日にはOBEに任命され、1997年1月18日には、ボルトンが新しいリーボックスタジアムのイーストスタンドに彼の名前を付けることを決定した。

 

2013年8月24日には銅像が奉納された。

 

1993年4月7日、テレビのゲスト番組『This Is Your Life』に特別ゲストとして出演した。

 

その際、画面上のゲストにはトム・フィニー、ハリー・グレッグがいたが、ボビー・チャールトン、ガリー・リネカー、イアン・ラッシュなどは、他の仕事の都合でロフトハウスと一緒に出演できなかったため、ロフトハウスに敬意を表して画面に登場した。

 

80歳の誕生日を迎えたロフトハウスには、リーボックでのパーティーなどが行われた。

 

プロサッカー選手協会の最高責任者であり、元ボルトンの選手でもあるゴードン・テイラーが支援し、ロフトハウスにナイトの称号を与えることを目的としたキャンペーンが始まった。

 

死と遺産

 

ロフトハウスは2011年1月15日、ボルトンの老人ホームで85歳で死去した。

 

2011年1月24日、死後初のホームゲームとなったボルトン・ワンダラーズのチェルシー戦では、試合開始前に1分間の黙祷、万雷の拍手、ロフトハウスのモノクロ映像、ケビン・デイビスとジョン・テリーによる献花などが行われた。

 

ロフトハウスは2011年1月26日にボルトン教区教会で埋葬され、何千人もの人々が別れを告げに訪れた

 

。葬儀には500人以上の招待客や一般の人々が参列した。

 

ボルトンの会長であるフィル・ガートサイドとプロサッカー選手協会の最高責任者であるゴードン・テイラーが弔辞を述べた。

 

彼は少年時代からボルトンのファンであり、ワンダラーズの選手でもあった。

 

また、ボルトンの元キャプテン、ケビン・デイビスと当時の監督、オーウェン・コイルも棺の中に入っていました。

 

ロフトハウスの死後すぐに、彼を記念して銅像を建てることを求める声が高まった。

 

彼の死から1年後、ボルトン・ワンダラーズの会長であるフィル・ガートサイドは、銅像の建設計画を発表し、銅像はリーボック・スタジアムの外に設置されることになった。

 

像の資金は一般からの寄付とクラブからの援助で賄う計画だった。

 

2013年8月24日、ロフトハウスの88歳の誕生日の3日前に除幕式が行われた。

 

当初は3日後の誕生日に行われる予定だったが、ボルトンのホーム戦であるクイーンズ・パーク・レンジャーズ戦に合わせて日程が前倒しされた。

 

1998年4月、鉄道会社Virgin CrossCountryは、ボルトン駅で、ロフトハウスに敬意を表して機関車47807 Lion of Viennaを命名した。

 

プレースタイル

 

世界トップクラスのストライカーで英国型の典型的なストライカーだった。

 

ロフトハウスのプレースタイルは単純で、自分のことをよく「強打者」と表現していた。

 

その強靭な体格、ヘディング能力、大砲のようなシュートは、イングランドだけでなく世界中のディフェンスから恐れられていた。

 

偉大なトム・フィニーは、ロフトハウスについて、「スピード、大胆さ、両足のハードショット、優れたヘディング能力、そしてあらゆる物理的要因に耐えうる頑丈な体格」と評している。

タイトルとURLをコピーしました