クリフ・バスティン

概略

Cliff Bastin
国籍 イングランド
生年月日 1912年3月14日
出生地 エクセターデヴォン、イングランド
没年月日 1991 年 12 月 4 日(79 歳)
死亡場所 エクセターデヴォン、イングランド
身長・体重 173cm、70kg

 

Cliff Bastin

 

ポジションはフォワード(左ウイング、インサイドフォワード)、ミッドフィールダー(左サイドハーフ。

 

利き足は右。

 

愛称は「ボーイ・バスティン」。

 

1930年代チャップマン政権で無敵を誇ったアーセナル黄金期のスター選手の一人。

 

アーセナル歴代3位の得点記録を持つイングランド代表の伝説のウインガー。

 

 

獲得タイトル

クラブ

アーセナル

  • イングランド1 部1930–311932–331933–341934–351937–38
  • FAカップ1929-30、1935-36
  • FAチャリティーシールド1930年1931年1933年1934年1938年

個人

  • 英国フットボール殿堂入り
  • エクセターシティホール殿堂

 

経歴

クラブ
チーム 出場 (得点)
1928–1929年 エクセター・シティ 17 (6)
1929–1947 アーセナル 350 (150 )
合計 367 (184)
代表歴
1931–1938 イングランド 21 (12)

 

クラブ

 

エクセターで生まれたバスティンは、エクセター・シティでキャリアをスタートさせ、1928年に16歳でデビューを果たした。

 

エクセターでは17試合に出場して6ゴールしか挙げられなかったが、ワトフォードとの試合でアーセナルのマネージャー、ハーバート・チャップマンに見初められたのである。

 

チャップマンはワトフォードの選手を監視するために試合を観戦していたが、17歳のバスティンの能力に目をつけ、1928-29年のシーズン終了後に契約を結ぶことにした。

 

1929年10月5日のエバートン戦でデビューしたバスティンは、すぐにトップチームのレギュラーとなり、そのシーズンは21試合に出場した。

 

ジェームス、ヒューム、バスティンのトリオで最強攻撃ユニットを形成。

 

全ての年代の代表世代に若くして選ばれる。

 

その後、1937-38年までの間、毎シーズン35試合以上に出場し、ほぼ常連となった。

 

その若々しい容姿から「ボーイ・バスティン」というニックネームで呼ばれていたが、バスティンのプレーの特徴は、抜群の冷静さとゴール前での致命的なまでの正確さであり、アーセナルの常連ペナルティ・テイカーにもなった。

 

また、アーセナルのレギュラー・ペナルティ・メーカーとしても活躍した。

 

フォワードではなく、左ウイングでプレーしていたことを考えれば、バスティンの得点能力の高さはより際立っている。

 

当時のアーセナルの戦略は、ウイングがペナルティボックスに侵入することに大きく依存しており、プレーメーカーのアレックス・ジェームズからのパス供給も多くのゴールの源となっていた。

 

アーセナルでバスティンは、FAカップを1929-30年と1935-36年の2回、1部リーグのタイトルを1930-31年、1932-33年、1933-34年、1934-35年、1937-38年の5回獲得している。

 

19歳のときには、リーグ優勝、FAカップ優勝、そしてイングランド代表キャップを獲得しており、この3つを達成した史上最年少の選手となっていた。

 

1930年10月、スタンフォード・ブリッジで行われたチャリティ・シールドで、アーセナルがシェフィールド・ウェンズデーを2-1で破ったときにも出場している。

 

また、バスティンは1932-33年に33ゴール、1933-34年に15ゴールを挙げ、アーセナルの得点王に輝いた。

 

1934年3月にセンターフォワードのテッド・ドレイクが加入すると、バスティンはアーセナルの主要なウイングではなくなった。

 

ドレイクがゴールを量産し、アレックス・ジェームズが怪我と年齢のために出場できなくなると、バスティンはジェームズの代わりにインサイドフォワードに転向し、1935-36シーズンはアーセナルは6位に転落した。

 

アーセナルは6位に転落したが、バスティンは17ゴールをマークし、そのうち6ゴールは1936年のFAカップ決勝戦で1-0で勝利した。

 

ジャック・クレイストンをカバーするために右サイドハーフとしてプレーしていたバスティンは、最終的に左ウイングに戻り、1937-38年のタイトル獲得シーズンに17ゴールを挙げた。

 

第二次世界大戦勃発前の最後のシーズンとなった1938-39年には、右足の負傷によりほとんどの試合に出場できなかった。

 

バスティンの178ゴールという記録は、1939年から1997年にイアン・ライトに抜かれるまでの間、アーセナルの歴代最多得点者となった。

 

2005年にはティエリ・アンリがそれぞれの選手の記録を抜いたため、バスティンはアーセナルの歴代3位の得点王となった。

 

バスティンのアーセナルでのリーグ戦150ゴールという記録は、2006年1月14日にアンリに並ばれ、同年2月にはアンリに抜かれたため、もう少し長く続いた。

 

代表

 

バスティンは、イングランド代表として、ウェールズ戦でA代表デビューを果たした。

 

この試合は、1931年11月18日にアンフィールドで行われ、イングランドが3-1で勝利した。

 

また、1938年にベルリンで行われたドイツ戦では、試合前にナチスへの敬礼を命じられるという悪夢のような出来事もあった。

 

バスティンはより多くのキャップを獲得したかもしれないが、当時はエリック・ブルックとの競争にさらされていた。

 

バスティンが27歳のときに第二次世界大戦が勃発し、彼のキャリアのピークであるはずの時期が短くなってしまった。

 

バスティンは難聴が進んでいたため、軍の聴力検査に不合格となり、兵役が免除された。

 

そのため、戦時中はARPの監視員として、トム・ウィテカーとともにハイバリー・スタジアムの上に陣取っていた。

 

また、市民の士気を高めるために、戦時中のリーグ戦で試合を行った。

 

1941年、ファシストイタリアが放送したローマラジオのプロパガンダには、バスティンがクレタ島の戦いで捕虜となり、イタリアで拘留されているという奇妙な内容が含まれていた。

 

明らかにイタリア側は、バスティンが耳が聞こえず、兵役を免除されていることを知らなかったのだ。

 

バスティンは足を痛めていたため、戦時中の試合でのパフォーマンスに支障をきたし、最終的にはキャリアを棒に振ってしまったのである。

 

戦後、30代になっていたバスティンは、1947年1月に引退するまで、あと7回しか試合に出られず、無得点に終わった。

 

エピソード

 

引退後、バスティンは生まれ育ったエクセターに戻り、パブを経営した。

 

1991年に79歳で亡くなった。

 

エクセターのホームグラウンドであるセント・ジェームズ・パークのスタンドは彼の名を冠しており、2009年にはイングランド・フットボールの殿堂入りを果たした。

 

プレースタイル

 

フットボーラーとして稀な才能を持ち、それは見るからに明確でした。

 

仲間から尊敬され賞賛を得たその迅速なスピードは圧巻。

 

ゴール前での落ち着きに定評があり、PKのキッカーも任されていたそうです。

 

また、何よりも異例だったのは彼が中央のストライカーではなくウイングだったことでしょう。

 

当時はウイングといえばクロスを放り込むもの、という概念が当たり前だった英国サッカー界に旋風を巻き起こしたチャップマン流の”ウイングが中に入る形”を体現したのがこのバスティンで、右利きながら左サイドでプレイし、パスに合わせて中に入り込みサイドの選手が得点する、という形は当時は衝撃的だったそうです。

 

特にアレックス・ジェームズのパスから多く点を決めた、と伝えられている。

 

キャリアの終盤は、テッド・ドレイクが到着し、ジェームズがけがをしたこともあり、ウイングながらメインのクリエイターとしてプレイすることも多かったそうです。

 

とはいえ、チャンスを作りながらもシーズン20得点ペースで得点していたので、もしも20代後半での怪我がなければ、より長く活躍し、アンリと並ぶくらいの得点数を重ねていたかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました