デビッド・プラット

概略

David Platt, Platty [Best Goals]
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1966年6月10日(54歳)
出身地 チャダートン
身長 181cm
体重 78kg

 

David Platt

 

ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ)。

 

利き足は右。

 

1990年代に活躍したイングランド代表のミッドフィールダー。

 

母国でアストン・ヴィラやアーセナルでも活躍したが、イングランド人としては珍しくイタリアでも成功した。

 

イタリアではユヴェントスやサンプドリアでプレー。

 

 

獲得タイトル

クラブ

クルー
  • ミルクカップ : 1987

アストン・ヴィラ

  • フットボールリーグ1部準優勝:1989-90
  • フットボールリーグ2部準優勝:1987-88
ユヴェントス
  • UEFAカップ : 1992-93
サンプドリア
  • コッパ・イタリア : 1993-94
アーセナル
  • プレミアリーグ : 1997-98
  • FAカップ : 1997-98

個人

  • PFA年間最優秀選手賞: 1989-90
  • PFA年間ベストイレブン: 1989-90 1部

 

経歴

David Platt all England Goals
クラブ
クラブ 出場 (得点)
1982-1985 イングランドの旗 クルー 134 (56)
1988-1991 イングランドの旗 アストン・ヴィラ 121 (50)
1991-1992 イタリアの旗 バーリ 29 (11)
1992-1993 イタリアの旗 ユヴェントス 16 (3)
1993-1995 イタリアの旗 サンプドリア 55 (17)
1995-1998 イングランドの旗 アーセナル 88 (13)
1999-2001 イングランドの旗 ノッティンガム 5 (1)
1982-2001 通算 448 (151)
代表歴
1988 イングランドの旗 イングランド U-21 3 (0)
1989-1996 イングランドの旗 イングランド B 3 (0)
1989-1996 イングランドの旗 イングランド 62 (27)

 

クラブ

 

1982年に学校を卒業したプラットは、チャダートンでプレーしているところを目撃され、見習いとしてマンチェスター・ユナイテッドと契約した。

 

1984-85シーズンの開幕時にロン・アトキンソン監督からプロ契約のオファーを受けたが、マンチェスター・ユナイテッドのトップチームでプレーすることなく、1985年2月23日にフリーで移籍することになった。

 

その後、ダリオ・グラディはプラットと契約し、4部リーグのクルー・アレクサンドラに移籍した。

 

その後、ダリオ・グラディがクルー・アレクサンドラの4部リーグに移籍し、すぐにグレスティ・ロードのトップチームに定着したが、プラットは走力があり、自由に動けるMFとして活躍した。

 

その後の3年間で、4部リーグで156試合に出場し、56ゴールをマークした。

 

FAカップでは3試合に出場し、1ゴールを記録した。

 

リーグカップでは4試合に出場し、4ゴールをマークした。

 

1988年2月、プラットは、まだ4部リーグのクルーを離れ、20万ポンドでアストン・ヴィラに移籍し、そのシーズン、2部リーグで準優勝した新クラブの1部リーグへの即復帰に貢献した。

 

彼はヴィラで頻繁にゴールを決め、1980年代末の1部リーグでの再興に貢献し、1989-90年にはリーグタイトルを目前にしていた。

 

惜しくもリバプールに次いで準優勝となったが、プラットはPFAの年間最優秀選手賞に選ばれた。

 

翌1990-91年のシーズンも、プラットは活躍した。

 

アーセナルとの試合では、ナイジェル・スピンクが負傷した際に、彼がゴールに入り、5-0で敗れたことは有名である。

 

プラットのヴィラでの成功は、彼のゴールの記録にも表れている。

 

ヴィラパークでの3年以上の間に、リーグ戦121試合に出場し、50ゴールを挙げた。

 

FAカップでは4試合で2ゴール、リーグカップでは14試合で10ゴールを記録した。

 

しかし、ヴィラでの最後のシーズンは、リーグ戦で17位と不本意な成績に終わり、すでにイタリアへの移籍が噂されていた。

 

1991年7月21日、プラットはセリエAでプレーするためにイタリアに渡った。

 

550万ポンドでA.S.バーリと契約し、初年度は29試合に出場して11ゴールをマークした。

 

ほとんどのクラブが守備的な戦術を採用しているため、ゴールを奪うのが難しいイタリアリーグにおいて、特にミッドフィールダーとしては、これは素晴らしい成果だと考えられた。

 

しかし、1991-92年のセリエAシーズンは、残念ながらプラットとバーリにとって降格の憂き目に遭った。

 

バーリ在籍中の1992年1月、プラットはロベルト・マンチーニから電話を受け、サンプドリアへの移籍を迫られた。

 

アストン・ヴィラで1990年のPFA最優秀選手賞を受賞し、同年のワールドカップ決勝でボビー・ロブソン監督の光となったプラットが、セリエAのバーリに移籍記録を更新してイングランドを離れたときから、マンチーニは彼がキャプテンを務めていたサンプドリアでの戦力になることを見抜いていた。

 

1992年1月、プラットが初めてマンチーニから電話を受けたときは、驚きの連続だった。

 

「サンプドリアとは何度か対戦したことがあり、ロビーとも対戦したことがあった」とプラットは振り返る。

 

「しかし、私は彼を知らなかったし、彼はどこからか私の番号を探してきた。でも、僕は彼のことを知らなかったし、彼はどこかで僕の番号を知っていたんだ。彼は、君は会長といい関係を築いているだろうから、きっとうちへの移籍を後押ししてくれるだろうと言ったんだ」。

 

結局、プラットはユヴェントスを選んだ。

 

1992年6月、プラットは650万ポンドでユヴェントスと契約した。

 

国内の試合では、プラットは多くのスター選手を擁するユヴェントスのチームの中で、トップチームの座を維持するのに苦労した。

 

しかし、S.S.C.ナポリ戦で決定的なゴールを決め、4-3で勝利し、チームにリーグ優勝のチャンスをもたらした。

 

また、トリノのクラブがUEFAカップで優勝するのにも貢献した。

 

プラットは5試合に出場し、そのうち1試合は交代要員として参加した。

 

プラットは、パナシナイコスとのアウェイ戦で決定的なゴールを決め、ユベントスが2回戦で1-0の合計得点で勝利した。

 

準決勝のパリ・サンジェルマン戦では、2試合とも出場しました。

 

セリエAでは、16試合に出場して3ゴールを記録した。

 

マンチーニ監督は、彼がトリノに移籍しても粘った。

 

「2週間ごとに彼は電話をかけてきて、私に圧力をかけてきた。トリノではすぐにうまくいかなかったが、マンチーニが望んでいた移籍がついに実現した。ユヴェントスがサンプドリアと対戦したとき、ロビーが出場していたので、私は彼をマークし、彼の周りをウロウロして、彼が何か言ってくれないかと期待していました」とプラットは振り返る。

 

というのも、サンプドリアの会長はパルマからマルコ・オシオを獲得したいと考えていたのだが、ロビーに移籍リストを渡してしまい、彼が多くを語っていたからだ。

 

ユヴェントスで1シーズンを過ごした後、プラットはすぐに移籍した。

 

1993年7月14日、520万ポンドでサンプドリアと契約したのである。

 

プラットは、スウェーデン人監督のスヴェン・ゴラン・エリクソンのもとで、1994年にコッパ・イタリアを制覇した。

 

イタリアでのキャリアが終わる頃には、技術的にも経験豊富な選手となり、最高の選手と同等のドリブル、パス、フィニッシュの技術を持つようになっていた。

 

プラットは1995年7月14日まで、ちょうど2年間プレーした。

 

サンプドリアでリーグ戦55試合に出場し、17ゴールをマークした。

 

イタリアで4年間、3つのクラブに所属した後、1995年7月10日にイングランドに戻ったプラットは、アーセナルの新監督ブルース・リオッシュが475万ポンドで契約した。

 

リオッシュはプラットをアーセナルに連れてくるために、ポルトガルでの休暇を短縮した。

 

プラットはサンプドリアとの契約を2年間延長するというオファーを受けていたが、休暇中のサルデーニャ島でリオッシュと話をしてすぐに決心した。

 

「アーセナルが僕を本当に欲しがっていることは明らかだった」とプラットは語った。

 

「すぐに意気投合しました。彼は素晴らしいコミュニケーション能力を持っていて、戦術に関するエキサイティングなアイデアを持っていて、僕が彼のプランにどう適合するかについて明確な見解を持っていた」とプラットは語っている。

 

リオッシュは、「デビッドのような優秀な選手と契約できて嬉しい」と語った。

 

しかし、リオッシュは翌シーズンの開幕直前に取締役会との対立により解任され、フランス人のアルセーヌ・ヴェンゲルが後を継いだ。

 

ハイバリーでの最初のシーズンは、リーグ戦29試合に出場して6ゴールを挙げ、アーセナルのシャツを着ての初ゴールは、第2戦のエバートン戦で2-0の勝利を収めたときだった。

 

ヴェンゲル監督の最初のシーズンである1996-97年、プラットはアーセナルの中盤の中央で新加入のパトリック・ヴィエイラとコンビを組み、リーグ戦28試合に出場して4ゴールを挙げた。

 

秋の終わりにはアーセナルは首位に立っていたが、最終的には王者マンチェスター・ユナイテッドに7ポイント差の3位に甘んじることになった。

 

1997年の夏、ヴェンゲルはエマニュエル・プティとジル・グリマンディというフランス人選手を獲得し、中盤の選手層を厚くした。

 

プティとヴィエイラのコンビは、アーセナルの2冠達成に大きく貢献した。

 

このためプラットの出番は極端に少なくなり、シーズン中の先発出場はわずか11試合、交代出場は20試合にとどまった。

 

しかし、ハイバリーで行われたマンチェスター・ユナイテッド戦では、3-2で勝利し、見事なヘディングシュートを決めて、アーセナルのシーズンに大きく貢献した。

 

このシーズンを最後にプラットは選手を引退し、1年間コーチングを学んでから経営者に転身するつもりだった。

 

1997-98年のシーズン序盤、アーセナルはミドルズブラから150万ポンドでプラットの入札を受けたが、移籍は実現せず、プラットはハイバリーでシーズンを終えた。

 

1999年7月、デビッド・プラットはノッティンガム・フォレストの選手兼監督として3年契約を結び、1年前に決めた現役引退の意思を撤回したのである。

 

怪我のためほとんどプレーできないまま2001年現役を引退。

 

代表

 

プラットは、1989年11月のイタリアとの親善試合でボビー・ロブソンからイングランド代表の初キャップを与えられ、その後、ロブソンが22名のワールドカップ代表を選出した際にイングランド代表に選ばれた。

 

1990年ワールドカップ、イングランドはグループFでアイルランド、オランダと引き分けていた。

 

プラットは、アイルランド、オランダ戦では交代で出場したが、エジプト戦ではベンチに残った。

 

イングランドは、アイルランドと1-1で引き分け、オランダと0-0で引き分け(このとき、イングランドはスチュアート・ピアースとガリー・リネカーの2ゴールが認められた)、エジプトに1-0で勝利し、グループリーグを勝ち抜いた。

 

イングランドは1990年FIFAワールドカップの決勝トーナメントへの出場権を得て、ベルギーと引き分けた。

 

ベルギーは試合を支配し、エンゾ・サイフォが2度ポストを叩いた。

 

ジョン・バーンズのゴールはオフサイドのために誤って認められ、試合は0-0で終わった。

 

プラットは延長戦の交代要員として送り込まれた。

 

延長後半終了直前120分、ポール・ガスコインのフリーキックからの振向きざまにボレーシュートを決め、母国での初ゴールとなった。

 

このシュートにより自身の評価を高めた。

 

キャプテンのブライアン・ロブソンがオランダ戦で負傷したため、プラットは次の試合、準々決勝のカメルーン戦に出場した。

 

25分、スチュアート・ピアースからのクロスに合わせて、ヘディングでオープニングゴールを決めた。

 

カメルーンは2-1でリードしていたが、延長戦の末、3-2で敗れた。

 

プラットは、西ドイツとの準決勝に出場した。

 

試合は1-1で終了し、延長戦となった。

 

プラットは、延長戦でのヘディング・ゴールが認められなかった。

 

試合は引き分けとなり、PK戦に突入。

 

ドイツのGK、ボド・イルクナーがボールに手をかけたにもかかわらず、彼はイングランドの3つ目のPKを決めた。

 

しかし続く2本は決められず、イングランドは大会から姿を消した。

 

プラットは、3位決定戦でイタリアに2-1で敗れた際に、得点を決め、大会を最高の形で終えた。

 

ピーター・シルトンのミスからロベルト・バッジョがイタリアに先制点を与えていた。

 

81分、トニー・ドリゴのクロスにプラットが強烈なヘディングで合わせ、ワルテル・ゼンガをかわしてイタリアのネットの隅に突き刺さった。

 

プラットは、1990年代前半のイングランドで最も安定した活躍をした選手の一人であり、中盤から頻繁にゴールを決め、刺激的なリーダーとしての役割を果たした。

 

この時期の大半はキャプテンを務めたが、トニー・アダムスがキャプテンを務めたこともあった。

 

イングランドのオフィシャル・ヒストリーでは、彼は疲れを知らないランナーであり、整然としたパス役であり、静かに手本を示し、インスピレーションが希薄だった時代にインスピレーションを与えたとされている。

 

UEFAユーロ1992予選で、イングランドはアイルランド、トルコ、ポーランドと共にUEFAユーロ1992予選グループ7に抽選された。

 

プラットが予選で貢献したのは、アイルランドとのアウェイでの1-1の引き分けでの1ゴールだった。

 

これが決定的となり、イングランドは1点差でグループを勝ち抜き、他の3カ国を敗退させたのである。

 

プラットは、親善試合でもいくつかのゴールを決めた。

 

彼は中盤の深い位置から走り、ペナルティエリアに遅れて入ってパスを拾うことを好んだ。

 

これにより、ディフェンダーが彼を捕えることが難しくなった。

 

イングランドが優勝した1991年のイングランド・チャレンジカップでは、ソ連戦で2ゴール、アルゼンチン戦で1ゴールを決めた。

 

プラットはブラジル戦でもゴールを決め、大会前のフィンランド戦でも2ゴールを決めた。

 

1992年のユーロ大会で、イングランドはスウェーデン、フランス、デンマークとともにUEFAユーロ1992グループ1に入った。

 

開幕戦では、プラットがイングランド代表として試合に勝つためのチャンスを何度も逃した。

 

わずか12分後、ピーター・シュマイケルが至近距離から放ったシュートをセーブしたが、プラットはうまくつなぐことができなかった。

 

試合は0-0で終了した。

 

フランス戦では、プラットがダイビングヘッドでゴールを決めかけたが、ポストをかすめてしまった。

 

試合は0-0で終了した。

 

イングランドが準決勝に進出するためには、ホスト国であるスウェーデンを倒す必要があった。

 

4分、リネカーがクロスを上げ、プラットがボレーシュートを決めて先制した。

 

しかし、イングランドはリードを広げるチャンスを何度も失った。

 

プラットはトニー・デイリーにパスを出し、デイリーはオープンでリネカーにパスを出すチャンスを逃した。

 

イングランドは1-0のわずかなリードでハーフタイムを迎えた。

 

ハーフタイム後、スウェーデンはメンバーとフォーメーションを変えて後半を支配し、2得点を挙げて2-1で勝利。

 

イングランドは敗退した。

 

イングランドは、1994年FIFAワールドカップ予選で、ポーランド、トルコ、サンマリノ、オランダ、ノルウェーとともに抽選された。

 

予選はノルウェーのホームで始まった。

 

イングランドは試合を支配し、アラン・シアラーとイアン・ライトがフォームを見つけられずに苦しんでいる中、プラットがゴールの脅威を担った。

 

彼は1時間後にオープニングゴールを決めた。

 

その後、イングランドは試合を支配したが、不運にもケティル・レクダルの長距離シュートに屈してしまった。

 

プラットは中盤からのドライブを続け、ホームでのトルコ戦(4-0)とサンマリノ戦(6-0)に勝利した。

 

サンマリノ戦では、プラットは4ゴールを決め、PKを外した。

 

また、アウェイでのトルコ戦(2-0)では、プラットがゴールを決めた。

 

ジョン・バーンズがフリーキックからクロスを上げ、プラットがヘディングでゴールを決めたのだ。

 

イングランドは軌道に乗りつつあるように見えた。

 

オランダとの重要なホームゲームでは、プラットが2点目を決め、イングランドが2-0でオランダを下した。

 

オランダはホームでポーランドと引き分け、アウェーでノルウェーに敗れていたため、敗れれば出場権獲得の望みが絶たれるところだった。

 

しかし、デニス・ベルカンプがハーフタイム前に1点を返した。

 

イングランドは依然として試合をコントロールしていたが、後半4分にオランダがPKを決めて2-2の引き分けとなった。

 

1993年の春から夏にかけては、全般的にチームはフォームを見つけるのに苦労した。

 

イングランドはポーランドで1-1で引き分けたが、相手は何度も決定的なチャンスを逃した。

 

その数日後、イングランドはオスロでノルウェーに2-0で敗れた。

 

プラットはガスコインからのパスをミスコントロールし、GKエリック・トルストヴェットと1対1になるところだったが、これを決めていればイングランドがリードしていただろう。

 

その後、ノルウェーはイングランドを圧倒し、プラットにはチャンスがほとんどなかった。

 

夏、プラットはイングランドと共にアメリカに渡り、1993年のU.S.カップに参加したが、これはイングランドにアメリカの環境での重要な経験を積ませるためのものだった。

 

プラットは、2-0で敗れた「屈辱的な」アメリカ戦を怪我で欠場した。

 

第2戦のブラジル戦では、ベンチから出てファーストタッチでゴールを決め、イングランドにリードをもたらした。

 

試合は1-1で終了した。

 

最終戦のドイツ戦では、ポール・インスとの息の合ったパスワークから、プラットが空のゴールに叩き込んで同点に追いついた。

 

イングランドは2-1で敗れた。

 

次のシーズンに入ると、イングランドはポーランドとのホーム戦で3-0の勝利を収め、プラットも活躍した。

 

残り2試合でノルウェーがグループリーグを制し、イングランドとオランダが2位争いをしていた。

 

双方ともにチャンスがあり、CKからプラットがゴールに迫った。

 

1時間が経過した時点で、スコアは0-0。

 

アンディ・シントンがスルーパスを出し、プラットがゴールに向かって走り出した。

 

ロナルド・クーマンがエリアの外で彼にファウルをしたが、主審はクーマンを退場させなかった。

 

その数分後、オランダ人選手がフリーキックで得点を決め、イングランドは試合に敗れた。

 

イングランドはサンマリノでプラットの得点なしに7-1で勝利したが、チームはグループリーグ3位で敗退した。

 

テイラーは解雇された。

 

プラットは、イングランドが決めた29ゴールのうち7ゴールを決めていた。

 

グラハム・テイラーの後任であるテリー・ヴェナブルズは、プラットをチームに加え続けた。

 

プラットは1994年3月のデンマーク戦でヴェナブルズ時代のイングランド初ゴールを決め、ギリシャ戦やナイジェリア戦でもネットを揺らした。

 

しかし、イングランド代表で彼を追い落とすライバルが続々と現れた。

 

スティーブ・マクマナマンやダレン・アンダートンといった選手が台頭し、ヴェナブルズはユーロ1996の頃にはポール・インスとガスコインをセントラル・ミッドフィルダーとして起用することを決めていた。

 

プラットはベンチ入りを余儀なくされた。

 

しかし、ウォーミングアップのハンガリー戦で、プラットは自国での最後の27ゴール目を決めた。

 

これにより、イングランド代表史上2番目に多くの得点を記録したMFとなった。

 

プラットのゴール数は、その後、フランク・ランパードに抜かれている。

 

プラットは、ユーロ1996のほとんどの試合で交代要員として出場し、準々決勝のスペイン戦では、インスが出場停止だったため先発出場した。

 

準決勝のドイツ戦では先発出場し、120分間プレーした。

 

延長戦2分目、中盤右サイドのマクマナマンにスルーパスを送ると、彼はアンダートンにクロスを届けたが、ポストに当たってしまった。

 

これが入っていれば、ゴールデンゴール・ルールにより、イングランドの決勝進出が決まっていた。

 

試合は延長戦を終えて1-1で終了し、再びPK戦で勝敗が決した。

 

1990年と同様、プラットはドイツとのPK戦で得点したが、同じように敗者側で終わった。

 

プラットは、62回の出場と27回のゴールを記録した後、すぐに代表から引退した。

 

先発での出場は55回、交代での出場は7回であった。

 

エピソード

David Platt Aston Villa Legend

 

他国のプレーヤーに厳しいイタリア人が、プラットに関しては非常に好意的であった。

 

現役引退後、2010-11シーズンより、ロベルト・マンチーニ率いるマンチェスター・シティFCのコーチングスタッフとして入閣。

 

2012-13シーズンからはアシスタントコーチを務めたが、マンチーニ解任後の2013年5月14日に自身もエティハド・スタジアムを去った。

 

2015年5月27日、ISLに所属するFCプネー・シティの監督に就任することが発表された。

 

プレースタイル

David Platt – 31 goals in Serie A (Bari, Juventus, Sampdoria 1991-1995)

 

非常に得点力の高いMFだった。

 

走力とスタミナがありオフザボールの動きがよかった。

 

戦術理解度が高く、彼は疲れを知らないランナーであり、整然としたパス役であった。

 

プラットを指導した監督は必ず「頭が良い」「順応性に長けている」と口を揃えて言う。

 

イングランド人は、イタリアでは成功しないと言われていたがプラットはチームにフィットし、巧みな技術、優れた状況判断、的確なポジショニングでイタリアで成功する。

 

MFとは思えないようなFW並みの決定力も持ち合わせた。

タイトルとURLをコピーしました